Press Release

オラクル、2022 Gartner® Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Operational Use Casesにおけるすべてのユースケースで5年連続で最も高いスコアと評価

Gartner、オラクルを2022 Magic Quadrant™ for Cloud Database Management Systemsのリーダーの1社として位置づけ

テキサス州オースティン2023年1月16日

(本資料は2022年12月22日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)

オラクルは本日、最近公開された3つのクラウド・データベースのレポートにおいて、Gartner社から評価されたことを発表しました。オラクルは、2022 Gartner Magic Quadrant™ for Cloud Database Management Systemsにおいてリーダーの1社として位置づけられました。「Oracle Autonomous Transaction Processing(ATP)」は、5年連続で、2022 Gartner Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Operational Use Casesレポートにおいて全4ユースケースで最も高いスコアと評価されました。また、「Oracle Autonomous Data Warehouse(ADW)」は、2022 Gartner Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Analytical Use Casesレポートにおいて、すべてのユースケースで2位にランク付けされています。

17社のベンダーの中で、「Oracle ATP」は4つの運用処理ユースケースのすべてで最高位に位置づけられました。Gartner Critical Capabilities for Cloud DBMS for Operational Use Casesでは、以下の4つのユースケースでベンダーをランク付けしています。

  • OLTPトランザクション
  • 軽量トランザクション
  • 拡張トランザクション
  • ストリーム・イベント処理

Gartner Critical Capabilities for Cloud DBMS for Analytical Use Casesでは、以下の4つのユースケースでベンダーをランク付けしています。

  • 従来のデータウェアハウス
  • 論理データウェアハウス
  • データレイク
  • ストリーミング分析

オラクルのデータベース・サーバー・テクノロジー担当エグゼクティブ・バイスプレジデントであるアンドリュー・メンデルソン(Andrew Mendelsohn)は以下のように述べています。「『Oracle Database』の技術革新は、当社の強力な顧客成長戦略と、ハイパースケール・クラウド・プロバイダーにおける継続的なリーダーとしての地位を支える原動力となっています。オラクルは、すべての主要データベース・ワークロードとデータタイプに対応する性能、自動化、統合、そしてマルチクラウド環境へのサポートを提供し、データ・マネジメント・システムの可能性の限界を押し広げ続けていきます。これらのGartner社のレポートは、『Oracle Autonomous Database』があらゆる種類のワークロードにおいて最先端のクラウド・データベース・ソリューションであるという、業界有数のアナリストによる認識を裏付けるものとなるでしょう。」

業界初かつ唯一の自律型データベースである「Oracle Autonomous Database」は、Oracle Cloud Infrastructure (OCI)上でネイティブに実行でき、自動的にデータベースの高可用性を維持し、特定のワークロード用に構成および最適化し、必要に応じてリソースをスケーリングします。「Oracle Autonomous Database」は、オラクル唯一のコンバージド・データベース・エンジンをベースに、最新のあらゆるデータタイプ、ワークロード、および開発スタイルに対応する包括的な機能群を提供し、すべてのアプリケーションの開発および運用を大幅にシンプルにすることで、複雑さ、コストやリスクを低減します。OCIに加えて、「Oracle Autonomous Database」は、「Oracle Exadata Cloud@Customer」および「OCI Dedicated Region」を通じてお客様のデータセンターでも利用できるため、お客様はオンプレミスでデータベース・インフラストラクチャをモダナイズし、データ・レジデンシやレイテンシ要件に対応することが可能になります。

2022年版のGartner Cloud Database Management Systemsに関する3つのレポートの詳細はこちらから入手いただけます。

Contact Info

Gartnerの免責事項

Gartner, Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Operational Use Cases, Merv Adrian, Rick Greenwald, Henry Cook, Xingyu Gu (2022年12月14日)

Gartner, Magic Quadrant for Cloud Database Management Systems, Henry Cook, Merv Adrian, Rick Greenwald, Xingyu Gu(2022年12月13日)

Gartner, Critical Capabilities for Cloud Database Management Systems for Analytical Use Cases, Merv Adrian, Rick Greenwald, Henry Cook, Xingyu Gu(2022年12月15日)

Gartner は、Gartner リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。Gartner リサーチの発行物は、Gartner リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartner は、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

GartnerとMagic QuadrantはGartner Inc.または関連会社の米国およびその他の国における登録商標およびサービスマークであり、同社の許可に基づいて使用しています。All rights reserved.

オラクルについて

オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

商標

Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。