Press Release

ファンケル、カスタマー・リレーション強化の中核を担うデータ分析基盤をOracle Cloud Infrastructureで刷新

データウェアハウス基盤のクラウド化により性能、安定性、柔軟性を向上し、お客様の「ファン化」を促進するためのより多様かつ高度なデータ利活用を支援

東京2022年6月7日
FANCL

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤 智光)は本日、株式会社ファンケル(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員 CEO:島田 和幸、以下 ファンケル)が、カスタマー・リレーション強化や顧客満足度向上実現に向け、店頭、オンラインなどのあらゆる販売チャネルにおける購買データや行動情報などを統合し、顧客データ利活用を促進するデータウェアハウス基盤を「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」で刷新したことを発表します。

ファンケルでは、無添加化粧品やサプリメントなど、美と健康の領域を中心に幅広い事業を展開しています。同社は2014年から、「FIT(FANCL Information Technology)」プロジェクトで経営戦略をITで支える基盤の整備を進めています。2021年4月から開始した第3期中期経営計画である「『前進2023』~逆境を超えて未来へ~」においては、マルチチャネル化を進化させたファンケルならではのOMO(Online Merges with Offline:オンラインとオフラインの融合)の取り組みを推進し、個々のお客様に最適なアプローチを実現するIT基幹システムを実現する「FIT3」への取り組みを掲げています。具体的には、お客様をもっと深く理解し、「ファン化」につなげていくため、購買情報だけでなく購買に至るまでの行動情報や、ファンケルからのアプローチへの反応、どのような情報を提供したお客様がロイヤルカスタマーになったかなど、「お客様を“理解するためのデータ”」を収集し、分析できるシステムへの刷新を図っています。ファンケルは、この「FIT3」の中核を担うデータウェアハウス基盤を「OCI」で刷新しています。

ファンケルは、店頭、通信販売、オンライン販売、電話窓口といったチャネルを通じて取得した顧客データや、製品の販売データの管理、分析、可視化、会計レポートなどの各種レポート作成などに利用されるデータウェアハウス基盤を従来、「Oracle Exadata」、「Oracle Business Intelligence」上で構築し、オンプレミス環境で運用していました。このデータウェアハウス基盤には、600テーブル、8TBを超える大量のデータが蓄積されており、CRMやマーケティング・オートメーション(MA)ツールと連携され、従業員や販売店店長など約350名のアクティブ・ユーザーが日々利用していたことからミッションクリティカルなシステムとして位置付けられていました。ファンケルは、このデータウェアハウス基盤の刷新において、従来の「Oracle Exadata」と同等以上の性能や安定性に加え、柔軟なリソースの増強、移行の容易性を要件として、複数のクラウド・サービスを比較検討しました。その結果、既存アプリケーションや周辺システムとの親和性、短期移行の実現性、BI製品の操作性の維持、ライセンス管理や保守の簡素化を考慮し、「OCI」を選定しました。

ファンケルは、2021年2月に「OCI」採用を決定し、「Oracle Exadata」を「OCI」上で提供される「Oracle Exadata Database Service」へ、「Oracle Business Intelligence」を「OCI」上に構築した「Oracle Analytics Server」へ移行開始しました。同社は、日本オラクルのコンサルティング・サービス部門の支援のもと、アセスメント、クラウド環境構築、データの段階的な移行を行い、2021年9月にデータウェアハウス基盤のクラウド移行を完了し、稼働を開始しています。

「OCI」への移行は実質1日にも満たないシステム停止時間で行われ、業務への影響が一切ないスムーズなクラウド移行を実現しています。これまで別のハードウェア上で稼働していた「Oracle Exadata」と「Oracle Business Intelligence」を「OCI」上の「Oracle Exadata Database Service」、「Oracle Analytics Server」に移行することで、データウェアハウス基盤全体の性能が向上し、BIツールを利用するユーザーの体感処理速度が向上しています。また、運用面においても、夜間のバッチ処理が約2時間短縮され、営業開始時間までに終了しないという課題を解消しています。ファンケルでは、「OCI」のコンソールの操作性も高く評価しています。「OCI」コンソールから容易に、瞬時にデータベースの拡張やコンピュート・リソースの伸縮が行なえるため、繁忙期の基幹システムからのデータの取り込み増加にも柔軟に対処し、継続的なデータ量の増加にも柔軟な対応が可能になります。

今後、ファンケルではCX(カスタマーエクスペリエンス)のさらなる向上や販売チャネルの拡大、業務部門の働き方改革推進などの戦略的なツールとしてこのデータウェアハウス基盤を活用していきます。また、「OCI」で提供されるAIやAutoMLを活用し、データウェアハウス基盤をさらに進化させていく計画です。

本発表に向けたお客様からのコメント:
「より多様なデータを高度かつタイムリーに分析可能な柔軟性や性能に優れたデータウェアハウス基盤へ刷新することができ、ファンケルならではのOMO推進を強力に支援できます。このシステムはCRMやMAツールに常時接続されているため、クラウド化によるユーザー体験の劣化や移行の際のダウンタイムをなるべく最小限にすることが求められていましたが、『Oracle Exadata Database Service』への移行は、アプリケーションにも手を加えず、短期間で容易に移行を行うことができました。要件としていた性能や安定性も向上したため、処理の高速化や業務の効率化にもつながっています。OMOの取り組みをさらに加速していくために、機械学習によるデータ分析などを活用し、この環境を今後さらに進化させていきます。」
株式会社ファンケル グループIT本部 情報システム部 コーポレートシステムグループ 課長 池森 正記 氏

 

参考リンク

日本オラクルについて

私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。東証スタンダード市場上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp

オラクルについて

オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

商標

Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

Contact Info