Press Release

ジニアス・ソノリティ、Oracle Cloud InfrastructureのMySQLデータベースでデータドリブンなゲーム・サービス運営を実現

ユーザーのゲーム・プレイやサービス利用データに基づくゲーム体験向上に向け、「Oracle MySQL HeatWave Database Service」で高速なリアルタイム分析基盤を構築

東京2022年3月30日
Genius Sonority

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤 智光)は本日、コンシューマ向けゲーム機やスマートデバイス用ゲームの企画・開発・販売を行うジニアス・ソノリティ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:山名 学)が、同社が提供するゲーム・サービスのデータ分析基盤として「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」上で提供される高性能インメモリ・クエリ・アクセラレータ「Oracle MySQL HeatWave Database Service」を導入したことを発表します。ジニアス・ソノリティでは、ユーザーのゲーム・プレイやサービス利用状況などゲーム内データの高速かつリアルタイムな分析を実現し、データに基づくゲーム体験向上に取り組んでいきます。

ジニアス・ソノリティでは、ゲーム・サービスの運用基盤として、「OCI」上で提供されるMySQLのマネージド・データベース・サービスを利用しています。同社では新たに、ゲーム内データ分析基盤も「OCI」上で提供される「Oracle MySQL HeatWave Database Service」を導入しました。提供しているゲームをより幅広いお客様に楽しんで頂くために、ゲームの難易度の調整、アイテムの利用傾向、各種イベントの参加率などのゲーム内データのリアルタイム分析が求められていました。これまでは、分析対象のデータが分散されており、まずリアルタイム分析処理のためのデータ統合をする必要がありました。また、別のデータストア間のデータの移動には、分析用の特別なスクリプトの作成、処理の開発も必要となるため、この実現は極めて困難なものとなっていました。

そこで同社では、「Oracle MySQL HeatWave Database Service」で検証を行い、高い性能、拡張性、運用利便性を追加コスト不要で実現できることを確認しました。また、特別なスクリプト作成や処理が必要なく、MySQLのSQLでそのままリアルタイムにデータ分析が可能な点も評価し、「Oracle MySQL HeatWave Database Service」導入を決定しました。「Oracle MySQL HeatWave Database Service」は、お客様が利用するMySQLデータベースから直接OLTPおよびOLAPワークロードを実行可能で、複雑で時間とコストのかかるデータ移行や、他の分析用データベースとの統合が不要です。新しい「MySQL Autopilot」により、高度な機械学習技術を用いてHeatWaveの運用を自動化し、使い勝手、パフォーマンス、スケーラビリティをさらに向上しています。

「Oracle MySQL HeatWave Database Service」導入後は、これまで実現できなかったユーザーのゲーム・プレイ、イベント参加、アイテム利用などのゲーム内データやサービス利用状況を毎時で分析できるようになりました。ジニアス・ソノリティでは、これらのリアルタイムで得られるデータを活用し、新たなイベントやキャンペーンなどの施策立案やゲームの難易度の調整など、さらに幅広いユーザーが楽しめるゲーム体験提供やサービス向上に取り組み、データドリブンなゲーム・サービス運営を行っていきます。

今後は、カスタマーサポートへの適用や今後開発するゲームのデータ分析など、「Oracle MySQL HeatWave Database Service」のさらなる活用を検討しています。

本発表に向けたお客様からのコメント:
「Oracle MySQL HeatWave Database Service」の検証の際には、分析処理時間を2、3時間と想定していましたが、実際は複雑な分析クエリを2、3分で終了してしまい、非常に驚いています。想定より最大90倍高い性能により、これらの分析処理を毎時行うことが可能となっており、様々な分析データをさらなるサービス向上に役立てることができます。新たな分析基盤を活用し、今後もさらに幅広いお客様に楽しんでいただけるゲーム・サービスを提供していきます。

ジニアス・ソノリティ株式会社 取締役 最高技術責任者 川本 昌之氏

参考リンク

日本オラクルについて

私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp

オラクルについて

オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

商標

Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

Contact Info