Press Release

Honda、調達変革にオラクルのクラウドERPを採用し、経営資源を最適化

約4,000社のサプライヤーと従業員約25,000人が利用する国内の間接材調達基盤に「Oracle Cloud Procurement」を選択

 

東京2021年11月11日
procurement

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤智光)は、本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、取締役代表執行役社長:三部敏宏、以下 Honda)が国内における間接材の調達コストの最適化と業務効率向上を目的として、「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning (ERP)」の調達管理システム「Oracle Fusion Cloud Procurement」を採用したことを発表します。

Hondaは、すべての人に「生活の可能性が拡がる喜び」を提供するという2030年ビジョンの実現に向け、経営基盤となる「既存事業の盤石化」を図りつつ、「新領域へのチャレンジ」に取り組んでいます。こうした企業活動を加速するため、グループ内のコスト最適化と業務効率向上に向けた間接材調達業務の変革を進めてきました。

これまで、Hondaおよび国内の主要なグループ会社にはそれぞれ調達部門が存在し、異なるプロセスとシステムで業務を行っていました。しかし、グループ全体の経営資源の有効活用に向け、間接材の調達プロセスを標準化し、システムを1つに統合する選択をしました。そこで、調達戦略の立案に必要なデータを一元的に蓄積・分析でき、外部環境の変化と最新のベストプラクティスに柔軟に対応しながら追加コストが最小限に抑えられる調達基盤として「Oracle Cloud Procurement」を採用しました。

システム導入にあたって抽出した新たな要件の大部分が「Oracle Cloud Procurement」の標準プロセスに適合しました。現在はそれらに基づき、購入依頼から見積依頼、価格決定、発注、支払までの調達業務の標準化を進めています。今後は、取引先の選定理由や過去の取引実績をシステム内に蓄積し、予実管理や最適な取引先選定に向けたデータドリブンな分析を強化します。また、「Oracle Fusion Cloud Applications」の「Oracle Guided Learning」を活用することで、約4,000社のサプライヤーと従業員約25,000名に、新たなプロセスに関するガイドを提示します。

本田技研工業株式会社 部門間プロジェクト 統括プロジェクトマネージャー 服部信幸氏は次のように述べています。「我々は、間接材業務の効率化やコスト最適化にとどまらず、より付加価値の高い業務にフォーカスできる環境を目指して『Oracle Cloud Procurement』の導入を決定しました。そのため、グループ内のデータを組み合わせた包括的な支出分析などはもちろんですが、リモートワークやペーパーレスにも対応できるSaaSである点も評価しています。今回の導入を機に、間接材調達の全体最適化に向けた取り組みを強化していきます。」

日本オラクル株式会社 取締役 執行役 社長 三澤智光は次のように述べています。「自動車業界は、次世代の自動車、再生可能エネルギーの活用など新しい技術開発に迅速なスピードで取り組んでいます。オラクルの『Oracle Cloud ERP』を導入することで、90日ごとに最新の調達機能が提供され、業務の自動化、運用コスト抑制などのメリットを享受できます。グループの持続的な成長を支える国内の間接材調達基盤として『Oracle Cloud Procurement』が最大限活用されることを期待しています。」

参考リンク

日本オラクルについて

私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp

オラクルについて

オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

商標

Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

Contact Info