該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Press Release

オラクル、MySQL HeatWaveサービス向けのMySQL Autopilotを発表

機械学習を利用した9つの自動化機能を提供し、「MySQL Heatwave Service」のパフォーマンスと拡張性をさらに向上

「MySQL HeatWave」は業界標準のTPC-Hベンチマークにおいて、Snowflakeの35倍、Amazon Redshift with AQUAの13倍優れた価格性能を提供

Tetris.co、Red3i、ファンコミュニケーションズの3社はAmazon AuroraからMySQL HeatWaveに移行し、半分以下のコストで最大10倍のパフォーマンス向上を報告

テキサス州オースティン—2021/08/11
MySQL-Autopilot-jp

(本資料は米国2021年8月10日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)

オラクルは本日、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」で提供される「MySQL Database Service」向けインメモリ・クエリー・アクセラレーション・エンジンである「MySQL HeatWave」の新規コンポーネント、「MySQL Autopilot」の提供開始を発表しました。「MySQL Autopilot」は、高度な機械学習技術を使用して「HeatWave」を自動化することで、使いやすさを改善し、パフォーマンスと拡張性をさらに向上させます。データベース・サービス向けにこれほど高性能な自動化機能を提供しているクラウド・ベンダーはほかにありません。「MySQL Autopilot」は、「MySQL HeatWave」をご利用のお客様には追加料金なしでご利用いただけます。

「MySQL Autopilot」は、プロビジョニング、データの読み込み、クエリー実行、障害処理など、規模に応じた高いクエリー性能の実現において、最も重要かつ困難な多くの側面を自動化します。データ・サンプリング、データ統計情報の収集、クエリーに高度な技術を使用し、「Oracle AutoML」を用いて機械学習モデルを構築して、メモリ使用量、ネットワーク負荷、実行時間をモデリングします。これらの機械学習モデルは、「MySQL Autopilot」によってコア機能の実行に使用されます。「MySQL Autopilot」は、より多くのクエリーの実行によって「HeatWave」クエリー・オプティマイザーがより最適な実行計画を用意し、結果として、時間の経過とともにシステム・パフォーマンスが継続的に向上します。これは、Amazon Aurora、Amazon Redshift、Snowflake、他のMySQLベースのデータベース・サービスでは利用できない機能です。

「MySQL Autopilot」の主な機能は次のとおりです。

  • 自動プロビジョニング:ワークロードの実行に必要な「HeatWave」ノードの数を、分析処理の対象となるテーブル・データの適応サンプリングによって予測します。つまり、クラスタの最適サイズをお客様が手作業で予測する必要がなくなります。この機能を提供するデータベース・サービスは、ほかにありません。
  • 自動並列ロード:「HeatWave」にロードされる各テーブルの最適な並列度を予測することで、ロード時間とメモリ使用を最適化できます。この機能を提供するクラウド・ベンダーは、ほかにありません。
  • 自動データ配置:クエリーのパフォーマンスが最適になるように、メモリ内でのテーブルをパーティショニング行う際に利用する最適な列予測します。また、新しい列レコメンデーションによってクエリー・パフォーマンスがどの程度向上するかも予測します。列を手動で選択する場合、オペレーターのミスによって選択が最適にならない場合があります。この機能は、このような最適ではない選択によって生じるノード間のデータ移動を最小限に抑えます。この機能を提供するデータベース・サービスは、ほかにありません。
  • 自動エンコーディング:「HeatWave」に読み込まれるカラムの最適な格納方式を、クエリーを考慮して決定することができます。この最適な方式により、最高のクエリー性能が得られ、クラスタのサイズを最小にしてコストを抑えることができます。
  • 自動クエリー計画改善:クエリー実行からの各種統計情報を学習し、以後のクエリーの実行計画を改善することができます。これにより、より多くのクエリーが実行されていくと、システムのパフォーマンスが向上します。この機能を提供するデータベース・サービスは、ほかにありません。
  • 自動クエリー時間予測:クエリーの実行時間を実行前に予測することができます。クエリーの所要時間の予測が得られるため、お客様は、クエリー時間が長すぎないか、別のクエリーを代わりに実行すべきかを判断することができます。
  • 自動変更伝播:「MySQL Database」内の変更を「HeatWave Scale-out Data Management」のレイヤーに伝播する最適なタイミングをインテリジェントに決定します。これにより、変更が最適な頻度で伝播されます。この機能を提供するクラウド・ベンダーは、ほかにありません。
  • 自動スケジューリング:キュー内の実行時間が短いクエリーを特定し、インテリジェントな方法で実行時間が長いクエリーに優先させることで、全体的な待ち時間を短縮します。他のほとんどのデータベースでスケジューリングに使用されるメカニズムは、ファーストイン・ファーストアウト(FIFO)です。
  • 自動エラー・リカバリ:ソフトウェアまたはハードウェア障害によって1つ以上の「HeatWave」ノードが応答しない場合に、新規ノードをプロビジョニングして必要データを再ロードします。

オラクルのチーフ・コーポレート・アーキテクトであるエドワード・スクリーベン(Edward Screven)は次のように述べています。「オラクルの『MySQL Database Service with HeatWave』は、OLTPとOLAPの両方を効率的にサポートする唯一のMySQLデータベースです。ユーザーは、MySQLデータベースに対する混合ワークロードやリアルタイム・アナリティクスを、他の分析データベースまたはMySQLベースのデータベースとの比較で半分未満のコストと10~1,000倍のパフォーマンスで実行できます。『MySQL HeatWave』は、『OCI』で最も成長著しいクラウドサービスの1つであり、MySQLワークロードを『HeatWave』に移行するお客様が増えています。今日オラクルは、多数のイノベーションを発表しました。これは、長年にわたるオラクルの高度な研究開発の成果です。これらのイノベーションの組み合わせは、自動化、パフォーマンス、コストを大幅に改善し、『HeatWave』とそのほかのデータベース・クラウド・サービスの間の距離をさらに広げます。」

本日の発表の一部として、オラクルは「MySQL Scale-out Data Management」も公開しています。これは、「HeatWave」へのデータの再読み込みの性能を最大で100倍向上させることができます。今回の機能拡張で、「HeatWave」でサポートするクラスタ・サイズは従来の24ノードから64ノードに、データ処理容量は従来の12TBから最大で32 TBに増強されました。これらの新しい機能強化は、主要競合他社に対する「HeatWave」の価格性能メリットをさらに高めます。

HeatWaveは、他のすべての競合データベースおよびアナリティクス・クラウド・サービスと比較して、アナリティクスや混合ワークロードのより優れた性能をより低コストで提供することができます。テストにより得られた結果は以下のとおりです。

  • AQUAを有効にしたAmazon Redshiftと比較して、13倍の価格性能(2分の1のコストで6.5倍高速)(TPC-H 10TB)
  • Snowflakeと比較して、35倍の価格性能(5分の1のコストで7倍高速)(TPC-H 10TB)
  • Google Big Queryと比較して、36倍の価格性能(4分の1のコストで9倍高速)(TPC-H 30TB)
  • Azure Synapseと比較して、15倍の価格性能(5分の1のコストで3倍高速)(TPC-H 30TB)
  • 混合ワークロードでのAmazon Auroraと比較して、42倍の価格性能(18分の1のレイテンシ、42パーセントのコストで110倍高速なスループット)(CH-benCHmark 100G)

オラクルは、ベンチマーキング・コードを公開しており、お客様は、こちらにアクセスしてベンチマークを自身で実行できます。オラクルは、業界標準のTPC-DSベンチマークを、「HeatWave」を使って加速させることができるようになったことも発表しました。

これまでAmazonから「OCI」上の「MySQL HeatWave」に移行したお客様は、大幅なコスト削減と、クラウド・ワークロードの大幅な性能向上を体験しています。

Red3iは、米国の先進的なビジネス・インテリジェンスおよびデジタル・マーケティング企業です。同社の共同創設者兼CTOであるアミット・パルシカー(Amit Palshikar)氏は次のように述べています。「6TBのデータベースと、社内のデジタル・マーケティングとメディア管理のアプリケーションをAWS Auroraから『OCI』上の『MySQL HeatWave』に移行しました。これにより、コストが60パーセント低減し、複雑なクエリーのパフォーマンスが1,000倍以上向上しました。ワークロード全体では、85パーセントの向上です。さらに、アプリケーションの変更は必要ありませんでした。自動リカバリによってダウンタイムは最小限に抑えられています。増え続けるニーズに対応するために、数千コアの規模に拡張することもできます。」

Tetris.coは、顧客の大規模なデジタル広告投資を管理するブラジルのマーケティング・テクノロジー企業です。同社の共同創設者兼CTOであるパブロ・レモス(Pablo Lemos)氏は次のように述べています。「『MySQL HeatWave』は、AWS AuroraとRedshiftを組み合わせて使用した場合と比較して、当社のクラウド・データベースのコストを50%削減しました。データを移動することがなくなり、驚くほど高速なリアルタイムのインサイトを苦もなく獲得しています。より重要なことは、拡張性によって当社の拡張計画が実現可能になったことです。これにより、コストに影響されることなく、より多くのデータの収集と新しいお客様の獲得をできます。夢が現実になったようです。」

株式会社ファンコミュニケーションズは、時価総額約310億円の日本のマーケティングおよび広告アフィリエイトサービス企業です。同社のデベロッパー 鈴木秦美氏は次のように述べています。「『MySQL HeatWave』にAWS Auroraから移行することで、性能が10倍向上し、コストも大幅に削減することができました。しかも、そのためにアプリケーションを変更する必要はありませんでした。」

Tamara社は、サウジアラビアのBuy-Now-Pay-Laterプラットフォームのリーディング企業です。同社のエンジニアリング・ディレクターであるChien Hoang氏は、次のように述べています。「当社では最近、本番用のワークロードを別のクラウド・ソリューションから『MySQL HeatWave』に移行しました。その結果、コストが3分の1に削減され、多くのクエリーが大幅に高速化されました。この高速化を考えると、他のクラウド・ソリューションでは合理的な時間で実行できないより複雑なクエリーを書けるようになり、アプリケーションを強化できるものと期待しています。」

「MySQL HeatWave」は、オラクルのレイクハウスにも組み込まれています。「OCI Data Catalog」は、「MySQL Database Service」からのデータだけでなく、「Oracle Autonomous Database」と「OCI Object Storage」からのデータも含まれる、レイクハウス向けの単一のカタログです。レイクハウスのユーザーはカタログでMySQLデータを特定し、必要に応じて移動したり、分析したりできます。これ以外にも、「Oracle Analytics Cloud」サービスや「OCI Data Integration」サービスなど、いくつかの「OCI」サービスが「MySQL HeatWave」と統合されています。

最新の「MySQL HeatWave」の新機能は、全30の「Oracle Cloud」リージョンで提供される「OCI」上で利用可能です。

オラクルについて

オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.comをご覧ください。

商標

Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

Contact Info