Press Release

NECと日本オラクル、基幹システムのクラウド移行の加速に向けて協業を強化

企業や公共機関のDXを共同で推進

東京2021年10月28日
Construction

日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO: 森田 隆之、以下 NEC)と日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤 智光、以下 日本オラクル)は、クラウド領域での協業を強化します。企業や公共機関のデジタルトランスフォーメーション(DX)に不可欠である基幹システムのクラウドへの移行と最適化を実現する取り組みを加速し、サービスの拡充を図ります。(写真 左:日本オラクル 取締役 執行役 社長 三澤智光 右:NEC 執行役員常務 吉崎敏文)

昨今、DXへの鍵となる基幹システムのクラウド移行や、またそのデータを活用したデータドリブン経営へのニーズなどの需要が増しており、安全にクラウド移行し、高度なセキュリティと可用性を担保した上で、管理・運用・利活用を促進することが求められています。

Oracle PartnerNetwork(OPN)パートナーであるNECは、日本のお客様のニーズや課題に応えるため、日本オラクルと30年以上にわたりオラクルの製品・サービスを提供してきました。NECは、オラクル・コーポレーション開発部門との技術連携やサポート体制の構築など戦略的パートナーシップにより、お客様のビジネスの源泉となるデータを安全・安心に管理し、効果的に活用できる環境に貢献しています。

今後両社は、さらなる協業強化により、「Oracle Cloud」におけるシステム構築・マネージドサービス・保守サポートの全ステージにおいて、さまざまなニーズに対応したサービスを共同で開発・提供し、企業や公共機関のデータドリブン経営を支援します。

両社協業での取り組み

1. 基幹システムのデータ基盤を「Oracle Cloud」へ移行・運用するサービスの提供

NECとオラクル・コーポレーション開発部門および日本オラクルが持つノウハウをベースに、基幹システムで使用される「Oracle Database」を「Oracle Cloud」へ安全に移行するサービス(アセスメントサービス、データベース移行サービス)を共同で開発しました。NECは、「Oracle Cloud」の移行ツールを活用し、移行の設計にかかる時間の半減、移行作業時間の3割減を可能とする(注1)、安全・安心なデータベースのクラウド移行を支援します。今後、両社で「NECマルチクラウド運用サービス」を拡充し、基幹システム向けのデータベース運用サービスの提供を行います。

2. 高度なデータセキュリティと可用性を実現するアーキテクチャの構築とサービス提供

NEC の Security by Designの知見と、データセントリックなセキュリティに強みを持つ「Oracle Cloud」のセキュリティ機能とを融合し、クラウドデータベースの設計から運用まで強固なセキュリティを提供します。さらに、日本のクラウド環境に合わせた「Oracle Cloud Maximum Availability Architecture」(注2)を共同検証し、ハイブリッドおよびマルチリージョンでの高可用リファレンス・アーキテクチャーを日本で初めて構築しました。今後、本アーキテクチャを反映したサービスを提供していきます。

3. サービスを支える人材・体制強化

NECは、「Oracle Cloud」の有資格者を今後2年で500名規模に拡大します。その一部は、既に知見を持つ専門人材が中心となり、Oracle Cloud CoE (Center of Excellence)として、データベースのクラウド移行から、クラウドにおけるシステム構築・運用まで、一貫したサービス提供を行います。また、20 年以上にわたり基幹システムのサポートで実績がある「Joint Support Center(注3)」を日本で唯一クラウド領域へ拡大し、「Oracle Cloud」の保守対応力を強化します。

なお本件に対する、両社のコメントは以下のとおりです。

NECは、お客様に寄り添いながら共に将来を検討し、NECの技術とソリューション提供力を駆使してお客様のDXを加速させます。お客様の状況に応じて、プライベート・パブリッククラウド、場合によってはオンプレミス環境を最適な形で提供していきます。
NECは、30年以上にわたりオラクル社と共に、お客様の基幹システムを支えてきました。これまで進めてきた協業関係をクラウド領域へ拡大し、また、基幹システムを支えるNECの知見を活かし、Oracle Cloud CoEによる移行サービスや運用サービスなどをご提供することで、日本のお客様の基幹システムの安全・安心なクラウド移行を実現できると確信しております。

NEC 執行役員常務 吉崎 敏文

日本オラクルは、30年以上に渡るNECとの協業関係をさらに強化し、日本の社会基盤のクラウド移行を共に支援できることを嬉しく思います。基幹システムに不可欠とされる高度なセキュリティと可用性を備えるOracle CloudとNECの企業や公共機関におけるクラウド・プロジェクトの知見を融合することで、日本のお客様のデジタルトランスフォーメーションが加速されることを期待しています。両社の協業をクラウド領域に拡大することで、ミッションクリティカルなデータ基盤を的確にクラウド移行し、安心・安全な運用・管理を実現する体制を共に提供していきます。

日本オラクル株式会社 取締役 執行役 社長 三澤 智光

 

(注1)オラクルとNECの共同検証の結果です。お客様の環境により効果は異なる場合があります。

(注2)Oracle Cloud Maximum Availability Architecture(Oracle Cloud MAA)は、クラウド環境における、オラクルの実証済みの高可用性テクノロジー、エンド・ツー・エンドの検証、専門家の推奨事項、およびカスタマー・エクスペリエンスを基盤とする、オラクルのベスト・プラクティス・ブループリントです。

(注3)Joint Support Centerは、Oracle CloudのNECのサポート担当技術者が日本オラクルに常駐し、協働調査実施します。障害時の調査方針を検討し、原因特定、問題事象の早期解決を実現します。

日本オラクルについて

私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp

オラクルについて

オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

Contact Info

  • NEC

  • コーポレートコミュニケーション本部 広報室 高木
  • press@news.jp.nec.com
  • 080-8817-6218