Press Release

オラクル、Oracle Cloud Infrastructure向けの新しいAIサービスを発表

開発者やデータ・サイエンティスト向けの新しいサービスにより、AIのエンタープライズ・シナリオへの適用が簡単に

テキサス州オースティン2021年11月22日
OCI AI Services

(本資料は2021年11月3日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)

オラクルは本日、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)AI」 サービスを発表しました。このサービスは、データ・サイエンスの専門知識がなくても、開発者がアプリケーションにAIサービスを簡単に活用できるようにする一連のサービスです。新しい「OCI AI」サービスでは、開発者は、ビジネス向けのデータに対して事前トレーニングされたすぐに利用可能なモデルを活用するか、組織が所有するデータに基づいてサービスをカスタム・トレーニングするかを選択可能です。6つの新しいサービスにより、言語からコンピュータ・ビジョン、および時系列予測まで各種の複雑なタスクにおいて開発者を支援します。

今日の企業は、イノベーションを加速し、ビジネス状況を評価して、新しいカスタマー・エクスペリエンスを提供するために、AIを必要としています。しかし、データ・サイエンスの専門家の不足、関連するビジネスデータでモデルをトレーニングすることの難しさ、プラットフォームを本番環境で動作させることやデータサイロを解消することなど、さまざまな実装上の問題に頻繁に直面しています。一貫性があり、応答性が高く、ビジネス・アプリケーションや運用環境で動作し、実用的な結果をもたらすことができるAIが必要な際には、企業は貴重な時間とリソースを無駄に費やすことになります。

Oracle Cloud Platform担当の最高技術責任者のグレッグ・パブリク(Greg Pavlik)は次のように述べています。「現実的な結果を得るには、AIが持っている能力とAIの実装の間のギャップを埋めることが不可欠です。オラクルは、エンタープライズ・アプリケーションやエンタープライズ・データにおいて業界をリードする専門知識を有し、次世代のクラウド・インフラストラクチャ、AIサービスとソリューションの構築に対する強い使命感を持っており、AIの価値を実現するのに最適な立場にいると言えます。」

オラクルのAIサービスは、包括的なクラウド・アプリケーション群を提供するビジネス・アプリケーション・ベンダーのリーダーとしてのオラクルの経験に基づいて事前にトレーニングされているため、幅広いユース・ケースで企業に価値を提供することができます。フル・マネージドの新しいAIサービスには次のものが含まれます。

  • OCI Language: 文書、顧客フィードバックのやり取り、サポート・チケットおよびソーシャル・メディアに記載されている非構造化テキストを理解するために、大規模なテキスト分析を実行します。「OCI Language」には、事前にトレーニングされたモデルが組み込まれているため、機械学習の専門知識がなくても、開発者はセンチメント分析、キーフレーズの抽出、テキスト分類、固有表現抽出などをアプリケーションに適用できます。
  • OCI Speech: 数千人ものネイティブ言語スピーカと非ネイティブ言語スピーカを対象にトレーニングされたモデルによる自動音声認識を提供し、リアルタイムでの音声認識を実現します。「OCI Speech」により、開発者は、人間の発する言葉を含むファイルベースのオーディオ・データを高精度なテキスト・トランスクリプションに簡単に変換でき、ワークフロー内のクローズド・キャプションの提供、コンテンツのインデックス作成、オーディオおよびビデオ・コンテンツの分析の強化に利用できます。
  • OCI Vision: 画像認識およびドキュメント分析タスク用に事前トレーニングされたコンピュータ・ビジョン・モデルを提供します。また、ユーザーは、シーンの監視、欠陥の検出、独自のデータによるドキュメント処理など、他の業界や顧客固有のユース・ケースにモデルを拡張することもできます。「OCI Vision」を使用すると、製造における視覚的な異常を検出したり、ビジネス・ワークフローを自動化するためにフォームからテキストを抽出したり、画像内の品目にタグ付けして製品の数または出荷件数を数えることができます。
  • OCI Anomaly Detection: ビジネス固有の異常検出モデルで、危機的な不規則性を早期にフラグ付けできるため、解決までの時間を短くし、業務停止を減らすことができます。「OCI Anomaly Detection」では、数種類のプログラミング言語に対応したREST APIとSDKが提供されているため、開発者は異常検出モデルをビジネス・アプリケーションに簡単に組み込むことができます。原子炉の健全性監視のような高度な安全性要件を満たすことができる、世界中で使用されている特許取得済みのMSET2アルゴリズムをベースに構築されており、不正検出、機器の故障の予測、複数のデバイスからのデータの受信による障害予測にも使用できます。
  • OCI Forecasting: 機械学習と統計アルゴリズムによる時系列予測を提供します。データ・サイエンスの専門知識は必要ありません。「OCI Forecasting」の利用により、開発者は、製品需要、収益、リソース要件などの重要なビジネス・メトリックのための正確な予測を迅速に作成できます。これらの予測はすべて、開発者が適切なビジネス上の意思決定を行えるように、信頼区間と説明可能性を有しています。
  • OCI Data Labeling: AIモデルをトレーニングするためのラベル付きデータセットを構築できるようにユーザーを支援します。ユーザーは、ユーザー・インタフェースや公開APIを使用して、データの組み立て、データセットの作成と閲覧、データ・レコードへのラベル適用を行うことができます。ラベル付きデータセットをエクスポートし、「OCI Vision」や「OCI Data Science」などのオラクルのAIおよびデータ・サイエンス・サービス群でのモデル開発に使用することで、モデル構築に一貫性を持たせることができます。

新しい「OCI AI」サービスは、「Oracle Digital Assistant」、機械学習モデルの構築・管理・展開に使用される「OCI Data Science」や「Oracle Database Machine Learning」などを含む、人工知能、機械学習、データ・サイエンス製品群である「Oracle AI」の中核として位置づけられています。世界中の組織が、業務の自動化、イノベーションの推進、よりスマートで確実な意思決定を行うために、「Oracle AI」を利用しています。

お客様およびパートナー企業のコメント

Children's Medical Research Institute(CMRI)は、オーストラリアの主要な医学・生物学研究機関であり、登録慈善団体でもあります。CMRIのシニア・データ・サイエンティスト兼生体情報専門医のPablo Galaviz氏は次のように述べています。「治療法の違いによる腫瘍への影響を明らかにすることは、小児がんを克服するための重要な研究の一つです。『OCI Data Science』に加えて、『OCI Vision』と『OCI Data Labeling』サービスを活用して、これらの治療法が細胞に与える影響を明らかにしていきたいと考えています。まず、『OCI Data Labeling』を使用して顕微鏡画像にラベルを付け、『OCI Vision』の機能を活用して、さまざまなタイプの細胞を検出するプロセスを自動化できます。このように、オラクルのプラットフォームを利用することで、研究目的を効率的に達成することができます。」

SS Global LLCは、物流ソリューションとサービスの幅広いポートフォリオを提供する革新的な運送会社です。SS GlobalのCEO、Sunil Sharma氏は次のように述べています。「運送業界のお客様は、車両、貨物、運転手や、交通量などの環境条件からデータを収集しています。リアルタイムで異常を特定できるかどうかは、望ましいサービス・レベルを達成するうえで鍵となるため、導入するに相応しい異常検出ソリューションを探していました。当社が『OCI Anomaly Detection』サービスを選定した理由は、多変量な複合データセットの異常を特定できること、オラクルがこのAIサービスに多大な投資をしていることです。」

Bosch Service Solutionsは、複雑なビジネス・プロセスとサービスを提供するビジネス・プロセス・アウトソーシングをリードするグローバル・サプライヤです。Bosch Service Solutionsブラジル支社のヘッド・オブ・オペレーション、Kiria Fernandes氏は次のように述べています。「Bosch Service Solutionsは、コンタクト・センター・サービスのプロバイダとして、『OCI AI』サービスの『Oracle Digital Assistant』と『OCI Speech』を組み合わせて、BoschのチャットボットであるBETOとお客様が自然に会話できるようにしました。『OCI AI』サービスにより、お客様は音声コマンドを使用してポルトガル語で当社とコミュニケーションを取り、望ましい活動と結果を促進し、会話型AIによるユーザー・エクスペリエンスを充実させ、相互のやり取りを簡素化し、生産性を向上させることができました。」

NVIDIAは、コンピューティングとAIを加速している先駆者です。NVIDIAのシニア・バイス・プレジデント兼コンピューティング高速化担当ジェネラル・マネージャのIan Buck氏は次のように述べています。「ノートブックのセッション、ジョブ、およびモデル・デプロイメントのために高パフォーマンスのGPUをフル・マネージドで提供し、『Oracle AI』サービスとNVIDIAは、顧客が求めているメリットとエクスペリエンスを実現しています。『OCI AI』サービスと『OCI Data Science』をNVIDIA RAPIDSと組み合わせることで、データ・サイエンティストや開発者は、NVIDIA GPUでエンドツーエンドの機械学習とデータ・サイエンスのパイプラインを、CPUでやるよりもはるかに高速化することができます。」

オラクルについて

オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.comをご覧ください。

商標

Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

Contact Info