Press Release

Oracle Cloud Infrastructure、OCI Dedicated RegionとCompute Cloud@Customerで分散クラウド・サービスを拡張

  • 「OCI Dedicated Region」は新たに小規模のインフラストラクチャ・フットプリントとより低価格で利用可能になり、より多くのお客様、より多くのお客様のデータセンターに包括的なパブリック・クラウドを提供
  • 「Compute Cloud@Customer」は、ラック規模のOCIコンピュートおよびストレージ・サービスをお客様サイトに提供
  • 野村総合研究所、Vodafoneなどのグローバル企業が、「OCI Dedicated Region」を活用し、データとサービスの管理性を維持しながらクリティカル・ワークロードを実行
テキサス州オースティン2022年6月23日
Hybrid Cloud

(本資料は米国2022年6月21日にオラクル・コーポレーションより発表されたプレスリリースの抄訳です)

オラクルは、は本日、「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」が提供する「OCI Dedicated Region」のより低いエントリ・ポイントおよび「Compute Cloud@Customer」サービスのプレビューを発表しました。これにより、100以上のOCIパブリック・クラウド・サービスをお客様のデータセンターに提供します。これらの新サービスを利用することで、お客様は多くのITモダナイゼーションの取り組みで鍵となるレイテンシ、データ・レジデンシ、データ主権に関する厳しい要件を満たすことができます。野村総合研究所やVodafoneなどのお客様は、お客様が選んだ場所でOCIのパブリック・クラウドのフル機能を利用するために「OCI Dedicated Region」を採用しています。

IDCのクラウドおよびエッジ・インフラストラクチャ・サービス担当リサーチ・バイスプレジデント、Dave McCarthy氏は次のように述べています。「分散クラウドは、クラウド・コンピューティングの次の進化であり、クラウド・リソースの展開方法において、より高い柔軟性と管理性を顧客に提供します。顧客は、もはや場所の選択、データ主権、データ・レジデンシ、またはレイテンシによって制限されることはありません。『OCI』の分散クラウド・サービスは、業界でどこよりも多くの機能を提供し、『OCI』がリモートで管理しながら、パブリック・クラウドのすべてのメリットを顧客のデータセンター内に直接配置することができます。」

 

新しいOCIサービスは企業や組織により高い柔軟性と管理性を提供

金融サービス、公共機関、医療、物流など、世界中のさまざまな業界のお客様が、これまで必要とされていた規模、データ主権、セキュリティ、管理性を損なわずにクラウド化に対応するためにOCIを採用しています。主な新サービスは次のとおりです。

  • より低いエントリ・ポイントの「OCI Dedicated Region」: 新しい「OCI Dedicated Region」では、必要なデータセンター・スペースと電力量が平均で60~75%小規模に、エントリ価格は一般的なお客様で年間約100万ドルと、これまでより大幅に低く設定されています。より多くのお客様がパブリック・クラウドのアジリティ、経済性、拡張性を自社データセンターで享受できます。「OCI Dedicated Region」は、OCIのパブリック・クラウドのすべてのメリットを備えた完全なクラウド・リージョンをお客様のデータセンターに提供します。商用および公共機関のお客様は、厳しいデータ・レジデンシ、管理性、セキュリティが求められるアプリケーションやデータのホスティング、あるいは低遅延接続やデータ集約処理が可能な特定の場所に留まるために、「OCI Dedicated Region」を導入しています。また、「Roving Edge Infrastructure」を使用することで、(オラクルの商用リージョンと同様に)「OCI Dedicated Region」をハイブリッド・アーキテクチャで拡張することもできます。
  • 「OCI Compute Cloud@Customer」プレビュー: オラクルは本日、「OCI Dedicated Region」よりも小規模な環境向けの、ラック規模のソリューションである「OCI Compute Cloud@Customer」のプレビューを紹介しています。「Compute Cloud@Customer」を利用することで、お客様は自社データセンター内のOCI互換のコンピュート、ストレージ、ネットワーキング上でアプリケーションを実行できるようになります。OCIのリージョンからサービスとして完全に管理され、コスト効率に優れたOCIの消費モデルを利用することでオペレーションの合理化とコスト削減を図ることができます。「OCI Dedicated Region」、「Exadata Cloud@Customer」と「Compute Cloud@Customer」では、企業や組織はOCIで管理されるものと同じハードウェアやソフトウェアを自社データセンターおよびOCIのリージョンで利用します。開発者とIT管理者は、同じAPIと管理ツールを使用して、サービスの実行場所に関係なく一貫したユーザー・エクスペリエンスを実現できます。組織は、さまざまな分散型クラウド環境において単一のソフトウェア・セットをより容易に開発、デプロイ、保護、管理できます。

Oracle Cloud Infrastructure担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのクレイ・マグマイク(Clay Magouyrk)は次のように述べています。「お客様から、プライバシー、セキュリティ、データ・レジデンシ、およびデータ主権に関して妥協のないクラウドを必要としていると伺います。現在のソリューションは、限られたクラウド機能の提供や、少数のパブリック・クラウド・ロケーションの提供など、これらのニーズのサブセットにしか対応していません。オラクルの分散クラウドに対するアプローチは、パブリック・クラウドからオンプレミス環境でのフルクラウド提供まで、さまざまな導入モデルの完全なポートフォリオによって、これらすべてのお客様の要件に対応しています。」

TelefónicaのテクノロジーおよびIT変革担当ディレクター、Fidel Jesús Fernández氏は述べています。「加入者数3億6,900万人のグローバル通信プロバイダーであるスペインのTelefónicaでは、オラクルとのパートナーシップのもと、ミッション・クリティカルな通信業務をサポートしています。『Compute Cloud@Customer』の発表により、当社の現在のITアーキテクチャをパブリック・クラウドとハイブリッド・クラウド・インフラに拡張し、本番環境と災害復旧環境の堅牢性と柔軟性を強化できるようになることを期待しています」と述べています。パブリック・クラウド、連携したハイブリッド・クラウド、非ネットワーク接続のクラウド・プラットフォームまで互換性があるため、一度開発すればどこでも導入でき、クラウドとオンプレミス間でワークロードを簡単に移行して、ビジネス・ニーズの変化に対応することができます。」

 

お客様が必要とする場所でサービスを提供するOCIの分散クラウド戦略

OCIのリージョンは、商用および政府パブリック・クラウドとして38のリージョンで展開されており、マルチクラウド・アーキテクチャ向けに他のクラウドとの相互接続が可能で、ハイブリッド・クラウド・サービスのコントロール・プレーンとして機能しています。また、OCIのリージョンは、専用のシングルテナント・クラウドとして、お客様のデータセンターにもデプロイすることが可能です。OCIのデプロイ・オプションは、場所の選択肢や必要なパフォーマンス、セキュリティ、コンプライアンス、オペレーション・モデルに応じて、100以上のすべてのOCIサービスの機能、またはサブセットのみを含めることもできます。OCIの分散クラウドは、これらのデプロイ・オプションの組み合わせから構成されています。

 

参考リンク

オラクルについて

オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.comをご覧ください。

商標

Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

Contact Info