Press Release

オラクル、Java 19をリリース

新しいリリースでは、7つのJDK Enhancement Proposalsを提供し、開発者の生産性の向上、Java言語の改善、プラットフォームのパフォーマンス、安定性、セキュリティを強化

10月17日~20日に米国ラスベガスで開催されるJavaOne 2022でJava 19の主要機能を紹介

テキサス州オースティン2022年9月21日
Oracle Releases Java 19

(本資料は米国2022年9月20日にオラクル・コーポレーションより発表された プレスリリース の抄訳です)
オラクルは本日、世界ナンバーワンのプログラミング言語および開発プラットフォームの最新バージョンであるJava 19の提供を発表しました。Java 19(Oracle JDK 19)は、プラットフォームの機能強化を含む、パフォーマンス、安定性およびセキュリティ面での数千もの改良により、開発者の生産性をさらに向上させ、ビジネス全体のイノベーションを促進します。オラクルは、10月17日~20日まで米国ラスベガスで開催されるJavaOne 2022でJava 19の最新機能を紹介する予定です。

オラクルのJava Platform開発担当シニア・バイスプレジデント兼OpenJDK Governing Boardの議長であるジョージ・サーブは次のように述べています。「開発者コミュニティとの継続的なコラボレーションは、Javaにとって不可欠です。オラクルは、Javaの管理者として、開発者と企業が革新的なアプリケーションとサービスを作成するのに役立つ最新のツールを提供することに、一貫して取り組んでいます。Java 19の強力な新機能は、グローバルなJavaコミュニティの多大な努力の証しです。」

最新のJava Development Kit(JDK)では、7つのJDK Enhancement Proposals(JEPs)によるアップデートと改良が行われています。これらのアップデートのほとんどは、以前のリリースで実装された機能を改善する、フォローアップ・プレビュー機能として提供される予定です。

JDK 19は、OpenJDKプロジェクトAmberによる言語の向上(Record Patterns and Pattern Matching for Switch)、OpenJDKプロジェクトPanamaによる非Javaコードとの相互運用(Foreign Function and Memory API)およびベクトル命令の活用(Vector API)のためのライブラリの拡張、Javaで高スループットの並行処理アプリケーションを作成・維持するための負担を劇的に軽減するProject Loom(Virtual Thread and Structured Concurrency)の最初のプレビューを提供します。

IDCのソフトウェア開発担当リサーチ・バイスプレジデントのArnal Dayaratna氏は次のように述べます。「Java開発者は、クラウドやオンプレミス、ハイブリッド環境にデプロイするための高機能アプリケーションを効率的に構築するためのツールを一層、求めています。Java 19の機能強化は、これらの要求に応えるものであり、Javaエコシステムが、開発者と企業の現在および将来のニーズを満たす上で、いかに有利な立場にあるかを示しています。」

オラクルは、予測可能なリリース・スケジュールに則り、6カ月ごとに新しいJava機能のリリースを提供しています。この定期的なリリースにより、イノベーションが継続的に提供されるとともに、プラットフォームのパフォーマンス、安定性、およびセキュリティが継続的に改善されます。これにより、あらゆる規模の組織や業界において、Javaの普及が促進されます。

Java 19で提供される最も重要なアップデートは、以下の通りです。

言語のアップデートと改善

  • JEP 405: レコード・パターン(プレビュー): レコード・パターンとタイプ・パターンをネストさせ、強力で宣言的、かつ構成可能なデータ・ナビゲーションと処理を実行します。これにより、パターン・マッチングが拡張され、より高度で構成可能なデータのクエリが可能になります。
  • JEP 427: switchのパターン・マッチング(第3プレビュー): 複数のパターンに対して式をテストできるようにすることで、switch式および文のパターン・マッチングを有効にします。これにより、複雑なデータ指向のクエリを簡潔かつ安全に表現できるようになります。

ライブラリ・ツール

  • JEP 424: 外部関数・メモリAPI(プレビュー): Javaプログラムが、Javaランタイム外のコードやデータとより簡単に相互運用できるようにします。APIは、外部関数(JVM: Java Virtual Machine外のコード)を効率的に呼び出し、外部メモリ(JVMによって管理されていないメモリ)にセキュアにアクセスすることで、Javaプログラムによるネイティブ・ライブラリの呼び出しやネイティブ・データの処理を純粋なJava開発モデルで実現します。その結果、使いやすさ、パフォーマンス、柔軟性、安全性が向上します。
  • JEP 426: ベクトルAPI(第4インキュベーター): サポートするCPUアーキテクチャにおいて、実行時に確実にベクトル命令にコンパイルされるベクトル計算を表現することで、同等のスカラー計算と比較して優れたパフォーマンスを実現します。

移植

  • JEP 422: Linux/RISC-V への移植: JDKのメインライン・リポジトリにこの移植を統合することで、Linux/RISC-Vの実装をより容易にするための基盤を作ります。

Project Loomのプレビュー/インキュベーターの機能

  • JEP 425: 仮想スレッド(プレビュー): Javaプラットフォームに軽量な仮想スレッドを導入することで、高スループットの並列処理アプリケーションの作成、保守、監視にかかる負担を劇的に軽減します。仮想スレッドを使用することで、開発者は既存のJDKツールやテクニックを使って、並行処理アプリケーションのトラブルシューティング、デバッグ、プロファイリングを容易に行うことができます。
  • JEP 428: 構造化された並行性(インキュベーター): マルチスレッドのプログラミングを簡略化し、異なるスレッドで実行される複数のタスクを1つの作業単位として扱うことで、エラー処理やキャンセル処理を効率化し、信頼性を向上させ、可観測性を高めます。

クラウドでJavaのイノベーションを推進

今回のJava 19のリリースは、オラクルのエンジニアと世界中のJava開発者コミュニティのメンバーが、OpenJDK ProjectとJava Community Process (JCP)を通じて、広範囲にわたるコラボレーションを行った結果です。新しい機能強化に加えて、Java 19はJava Management Serviceによってサポートされています。これは、Oracle Cloud Infrastructure (OCI)のネイティブ・サービスで、組織がオンプレミスまたは任意のクラウド上でJavaランタイムとアプリケーションを管理できる単一画面を提供します。

Java のお客様をサポート

Oracle Java SE Subscription は従量制のサービスで、お客様にクラス最高のサポート、GraalVM Enterpriseの利用、Java Management Serviceへのアクセス、およびビジネスの速度に合わせた柔軟なアップグレードを提供します。これにより、ITに関わる組織は複雑性を管理し、コストを抑制し、セキュリティ・リスクを軽減することができます。さらに、OCIではJava SEとGraalVM Enterpriseが無償で提供されており、開発者はOracle Cloud上でより速く、より優れた、圧倒的なコスト・パフォーマンスで動作するアプリケーションを構築し、デプロイすることができます。

オラクルは、100万件目のJava認定資格を発行できたことを誇りに思っています。これは、世界の開発者コミュニティにおけるJavaの人気を裏付けるものでしょう。Java認定資格は、高いスキルを持つJavaの専門家を求めている企業に対して、開発者がJavaの専門家としてアピールし、プロフィールを充実させるために役立ちます。

参考リンク

Contact Info

オラクルについて

オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、 www.oracle.com をご覧ください。

商標

Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。