該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問
Press Release

タツノ、カーボンニュートラル社会へ対応する事業変革の基盤としてオラクルのSaaSを採用

ガソリン計量機など物販中心のビジネスから新たなサービス事業を支える基幹システムに「Oracle Fusion Cloud Applications」を採用

Tokyo, Japan—2021/08/05

日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、執行役 社長:三澤 智光)は本日、株式会社タツノ(本社:東京都港区、代表取締役社長:龍野 廣道、以下:タツノ)が、既存ビジネスのサービス化とカーボンニュートラル社会に対応した事業変革を支える基幹システムに、オラクルがSaaSとして提供する「Oracle Fusion Cloud Applications」製品群を採用したことを発表します。同社が採用した「Oracle Fusion Cloud Applications」製品群は、販売・見積、サブスクリプション、生産、会計、経営管理です。

タツノは、ガソリン計量機などの製品に加え、給油施設の建設工事、メンテナンス、環境保全まで一貫して手掛け、シェア6割*を超える国内ビジネスに加え、海外70以上の国と地域で事業を展開しています。物販中心だった既存事業の維持・拡大を目的にサブスクリプション型のサービスを強化する一方、カーボンニュートラルな社会の実現に向けて、新たな収益源となる燃料電池車用の水素ディスペンサーの開発や供給施設の普及など事業を強化しています。
*タツノ調べ

同社が30年近く使い続けている基幹システムは、経営、業務、ITの3つの視点でそれぞれ課題が顕在化していました。経営視点では、新しいビジネスモデルにおける多様な課金体系を含む受注情報が全社横断的に可視化できないことで、投資判断など迅速な経営意思決定が困難でした。業務においては、分散されたシステムに起因するマニュアル作業や提案時の各部署への確認など管理部門や営業における非効率な業務が増大していました。IT視点では、システムの保守切れや運用・保守費用の負担が問題になっていました。それらを解決するソリューションとしてオラクルのSaaS、PaaS、IaaSを採用しました。

今回、企業活動の全業務プロセスを網羅しているオラクルのSaaSを採用することで、製品ライフサイクル情報、既存契約やサブスクリプション・サービスの会計から顧客・契約管理まで経営情報がリアルタイムに可視化できます。全社の最適化を図り、過剰在庫の解消や製品補充タイミングの適正化に加え、収益率の向上や資金繰りの改善を支援します。また、営業は計量器、商品、消火器、設置工事、保守サービスなどモノとサービスに関する情報が一元的に管理できることで、在庫やリソースをシステム上で把握し、迅速な見積作成・提案が可能となり、機会損失の軽減につながります。現行の業務をシームレスにつなぐことで、営業や生産管理部門のオペレーションが効率化され、顧客の満足度向上にも寄与します。全社システムをオラクルのSaaSで統合し、常に最先端のテクノロジーが反映されたクラウド上のアプリケーションを利用することで、セキュリティや拡張性を確保しながら、運用・保守コストの低減も実現します。

同社が採用したオラクルのクラウド・サービスは「Oracle Fusion Cloud ERP」、「Oracle Fusion Cloud EPM」、「Oracle Fusion Cloud SCM」、オラクルのカスタマー・エクスペリエンス製品群の「Oracle Subscription Management」と「Oracle Configure, Price, Quote (CPQ)」を含む「Oracle Sales」、「Oracle Service」に加え、「Oracle Cloud Infrastructure」の製品群を含みます。

本発表に向けたお客様からのコメント:
「タツノは、約110年に渡り事業を継続する中で、ガソリン計量機の製造・販売を中心としたビジネスからサービス・ステーション工事や環境・土壌調査や予防保全のサービスの展開へと事業を拡大してきました。こうした複雑な商材を扱うビジネスを効率的に推進し、機会損失をなくし、データドリブンな経営を行うことで国内ビジネスをさらに強化し、海外ビジネスの成長を加速していきたいと考えていました。オラクルのSaaSを採用することで、販売から生産、会計までの全社業務を統一されたデータ・モデルで管理することで、リアルタイムに経営情報を可視化し、経営資源の最適化が図れます。ペーパーレス化やリモートワークへの対応も可能にし、事業継続性を維持しながら大きく変化する市場に対しても迅速かつ柔軟に拡張できる仕組みとして最大限活用していきます。」

株式会社タツノ 代表取締役社長 龍野 廣道 氏

参考リンク
株式会社タツノ
Oracle Fusion Cloud ERP
Oracle Fusion Cloud EPM
Oracle Fusion Cloud SCM
Oracle Sales
Oracle Service
Oracle Cloud Infrastructure

日本オラクルについて
私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。2000年に東証一部上場(証券コード:4716)。URL www.oracle.com/jp

オラクルについて
オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、www.oracle.com をご覧ください。

* Oracle、Java及びMySQLは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。文中の社名、商品名等は各社の商標または登録商標である場合があります。本文書は情報提供を唯一の目的とするものであり、いかなる契約にも組み込むことはできません。

Contact Info