ISV Hybrid Expansion Accelerator

顧客に現在販売しているオンプレミスの製品またはソリューションがあり、Oracle Cloudの顧客にも販売を拡大したいとお考えですか?オンプレミスの製品またはソリューションの顧客をOracle Cloud Infrastructureでホストしたいとお考えですか?また、自社の製品またはソリューションをOracle Cloud Infrastructureに実装または移行し、その成功を市場で宣伝するための支援が必要ですか?

上記のいずれかに質問に「はい」と答えられた場合、ISV Hybrid Expansion Acceleratorには必要なものが揃っています。3年の契約期間中、ISV Hybrid Expansion Acceleratorで次のことが可能です。


  • ✓ ベストプラクティスの方法を使用してオンプレミスの製品またはソリューションをOracle Cloud Infrastructureに迅速に実装または移行することに特化した技術支援リソースを利用する。

  • ✓ Oracle Cloud Marketplaceでソリューションを公開し市販するにあたり、クラウド・ビルド・トラックで専門知識を取得する。

  • ✓ 専門知識を取得し、追加のGo-To-Market支援リソースを活用して、見込み顧客だけでなくオラクル社内の営業チームにまで成功を宣伝し、市場でのプレゼンスを拡大する。

要件とは?

1. 新しいOPNの正員であり、クラウド・ビルド・トラックに登録済みであること。
ISV Acceleratorの一環として、最初の1年間のOPNメンバーシップおよびクラウド・ビルド・トラックの登録料はオラクルが負担します。

2. エンド・カスタマーへの販売(ホスティング)のために新しいオンプレミス製品またはソリューションをOCIに実装または移行すること。
Oracle Cloud Infrastructureに既存の製品のアップデートまたは新バージョンは対象外です。

3. OCIでの新しい製品またはソリューションの構築およびホストに3年間取り組み、合計契約額(TCV)が30万、60万、120万、または240万米ドル(平均年間経常収益は10万、20万、40万、または80万米ドル)であること。
ほとんどの技術支援リソースとGo-To-Market支援リソースの割り当てはTCVの契約レベルにともない増加します(以下のISV Hybrid Expansion Acceleratorの特典表を参照)。注:TCVの契約レベルは交渉可能ではなく、支援リソースは交換可能ではありません。

4. 初年度にOCIでの新しい製品またはソリューションの市販権を取得すること。
Oracle Cloud Marketplaceの公開リストを使用して、OCIで貴社の製品またはソリューションが利用可能であることを示し、見込みクラウド顧客に対する可視性を獲得してください。

5. 新しい製品またはソリューションに関連するすべての取引はオラクルと直接行われること。

6. 契約の残りの期間、初年度の確定した年間経常収益(ARR)の60%以上、2年目の確定したARRの80%以上を消費して、Go-to-Market支援リソースを引き続き利用すること。


支援リソースとは?

Oracle PartnerNetworkの会費およびクラウド・ビルド・トラックの料金の支払い

プロモーションコードを利用すると、ISV Hybrid Expansion Acceleratorに参加してから最初の12か月以内であれば、Oracle PartnerNetworkへの会員登録およびクラウド・ビルド・トラックの登録が無料になります(それぞれ1回のみ)。このプロモーションコードは新規登録または更新に使用できます(すでにOPN会員の場合)。

注:1

開発、テスト、デモンストレーションに使用できるOracle Cloud Universal Credits

ISV Hybrid Expansion Acceleratorへの参加により、パートナーは、テスト、デモンストレーション、開発、実稼働の目的で参加した初年度(12か月)に、OPN提供のOCIテナンシーで、55%の割引消費率で、注文に記載されたさまざまな額のOracle Cloud Universal Creditsを受け取ります。これらには、OPN提供のOCIテナンシーで最初に受け取るOracle Cloud Universal Creditsの3,000ドルに加えて、クラウド・ビルド・トラックの料金支払いが含まれます。また、初年度の顧客事例につながる製品開発とオンボーディング・サイクルを加速するためのインフラストラクチャとプラットフォーム・リソースも提供されます。

注:1, 2

Oracle University PaaS/OCI無制限Cloudラーニング・サブスクリプション

PaaS/OCI無制限Cloudラーニング・サブスクリプション(クラウド・ビルド・トラックの料金支払いを含む)では、Oracle Cloud PaaSのデジタル・ラーニング・ポートフォリオへの24時間年中無休のアクセス、およびISV Hybrid Expansion Acceleratorへの最初の1年間の参加用のOracle Cloud Infrastructure製品が提供されます。これにより、ISVパートナーのテクニカルチームは、ベストプラクティスの方法で自己ペースの認定を通じて、Oracle Cloudを採用するための重要な内部人材をすばやく育成できます。

注:1

ISVアプリケーションの移行&サービス提供支援

Oracle Cloud Infrastructureへの初期移行をサポートし、導入、知識の伝達、初期リファレンス開発を最適化して、ソリューションのオンボーディングにかかる時間と顧客の成功を加速させます。

注:1

ISV Success Manager

オラクル営業チャネル内でのOracleキャンペーンの推進、およびソリューションの移行とクラウドネイティブ開発の支援を目的とした、オラクルのセールス・スペシャリストからパートナーへの研修特典。

注:2, 3

プレス・リリース・サポート(IPの可用性、顧客成功事例)

Oracle Cloudを使用したISVのソリューションの相乗効果を強調するパートナー主導のプレスリリースをサポートします。選択したメディアチャネル(ソーシャルメディア、ニューズレターなど)を通じて、Oracle Cloudで実行されているISVのソリューションの特典を強調するオラクル承認のISVプレスリリースを拡大して宣伝します。

注:2, 3

社外案件創出キャンペーン

ISVのビジネス開発チーム向けに年次キャンペーンを実施し、オラクルの顧客や見込み客にISVのウェビナーなど、特定の企業プロファイルまたは垂直産業に焦点を合わせた活動への参加を促します。

注:2,3

顧客の成功事例

市場拡大と収益創出を促進するための高品質の顧客成功事例と成果物の開発を支援します。

注:2, 3

社内案件創出キャンペーン

ISVチームがISV認定ソリューションを興味のある社内のオラクルの営業チームチャネルに宣伝し、ISVが提供するウェビナーまたは参考資料への需要を促進するための年次キャンペーンです。

注:2, 3

Oracle ISV / Industry Advisory Boardの会員

ISVのOracle Cloud戦略をより深く理解するために、ISVチームの1名の役員会員は、Oracle ISVまたはIndustry Advisory Board(利用可能な場合)に参加する資格があります。

注:2, 3

ISV Acceleratorの詳細を知りたい場合、またはISV Hybrid Expansion Acceleratorについて誰かと相談したい場合は、Oracle Salesの担当者にお問い合わせください。営業担当者が誰かわからない場合も、心配はいりません。Oracle Salesで詳細についてリクエストを送信してください。

注:
1 契約期間の初年度に利用できます。
2 Oracle Universal PaaSおよびIaaSクレジットの使用方法は、クラウド注文書のISV Hybrid Expansion Accelerator Attachmentに記載されているとおりです。
3 初年度の確定した年間経常収益(ARR)の60%の消費、2年目の確定したARRの80%の消費、Powered by Oracle Cloudビルド専門知識の取得により、契約期間中の可用性は継続します。Powered by Oracle Cloudビルド専門知識の認定要件はこちらをご覧ください。