申し訳ございません。検索条件に一致するものが見つかりませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。

ESGとAI: 61%の人が、企業のサステナビリティ活動において人が不得意とする領域でテクノロジーが貢献すると回答

当社のグローバル調査、「No Planet B: サステナビリティにおける意識とテクノロジー活用調査」によると、人々は社会が環境・社会・ガバナンス(ESG)の目標に向かって前進していないことに不満を抱いていることがわかりました。彼らは、ESGへの取り組みに関して、企業にその取り組みを強化してほしいと望んでいます。そして、企業が課題を抱えている領域において、テクノロジーが人の助けになり得ると考えています。

しかし、適切なオーナーシップと効果的なフレームワークがなければ、ESGの取り組みは途方もないものに感じられるかもしれません。その結果、多くのビジネスリーダーは、何から手をつければ良いの悩んでいます。

No Planet B: サステナビリティにおける意識とテクノロジー活用調査
「No Planet B: サステナビリティにおける意識とテクノロジー活用調査」を読む

サステナビリティの約束を超えて: ビジネスリーダーがESG目標に向けて取るべき6つのステップ

01ESGスイートの結成と確立

四半期ごとの会議に出席する、組織の各部門の最高レベルのリーダーで構成されるESGワーキング・グループを結成しましょう。

02従業員や顧客を巻き込む

従業員や顧客を巻き込み、ESGに関する本格的な会話を行いましょう。企業の変革へのコミットメントを裏付ける社内外のコミュニケーションを共有し、行動したことが分かるフォローアップのフィードバックを提供しましょう。

03現実的な目標の設定

まず、1年間の計画を立てます。具体的かつ測定可能、そして達成可能(最も重要)な目標を設定し、パフォーマンスを追跡するためのベンチマークを確立します。

04統合された、クリーンなデータソースを確立する

ESG目標に向けた行動を開始するために、すべてのシステムでESGデータを接続し、管理し、標準化するための投資を行いましょう。

05機械学習とAIを利、サステナビリティとESGの進捗状況の測定と追跡に活用する

最新のテクノロジーを活用して、エラーのないESGデータの収集、時間のかかる手動プロセスの削減、グローバル・サプライチェーンのデータ分析の複雑性の軽減、競争力を高める主要なサステナビリティ・インサイトの取得などを行いましょう。

06目標の透明性を高め、主要なマイルストーンを公開する

意図と結果のギャップを埋めるために、アカウンタビリティを確立しましょう。これにより、顧客、従業員、および投資家に対して、新しいアイデンティティとアプローチの方向性を示すこともできます。

Oracle CloudとAIで、ESGの目標達成に向けて取り組む

オラクルの次世代クラウド・インフラストラクチャと組み込みのAIテクノロジーにより、ESGの成功に向けた準備が整います。ESGの実践を計画し、管理するための課題や複雑さを克服する方法をご覧ください。

53%
の人が、サステナビリティ活動や社会問題に真剣に取り組まない企業を見放すと回答
85%
のビジネスリーダーが、サステナブルなビジネスに向けた取り組みのためにテクノロジーを活用する企業は成功すると回答
83%
のビジネスリーダーが、サステナビリティ領域への投資を増やしたいと回答
80%
のビジネス・リーダーが、ESGの進展のなさに不満を抱いていると回答
  • ビジネス・リーダーがESGに取り組む方法

    オラクルの最高サステナビリティ責任者であるJon Chorleyと、Harvard Professional DevelopmentのCIOアドバイザー兼講師でNo Planet B研究の共著者であるPamela Ruckerが、ビジネス・リーダーがESGの誓約と約束を行動に移すための具体的な6つのステップを紹介しています。

  • ESGとテクノロジー

    Pamela Ruckerが、企業が今日下すESGの決断が、企業の成長を左右する理由を語ります。

  • 本調査の主なハイライト

    AIと消費者が共に環境、社会、およびガバナンス(ESG)への取り組みで果たすべき役割とその取り組みを強化する方法についてご紹介します。

オラクルのおかげで、支出や環境への影響、負荷、輸送会社の管理、さらには物流業者とのやり取りを簡単に把握することができます。

データを最適化し、成果を上げる

ビジネスリーダーの91%は、ESGの取り組みを進展させる上で、次のような大きな課題に直面しています。

  • パートナーなどの第三者からESG指標を入手すること
  • 進捗状況を把握するための適切なデータの入手
  • ESG報告のための手作業による時間の浪費
  • グローバルなサプライチェーンの異種データの統合
AIによるサステナビリティ計画の支援を見る
AIによるサステナビリティ計画の支援を見る (30:00)

AIが地球を救う

ビジネスリーダーの90%が、以下の理由から、サステナビリティや社会問題に関する意思決定において、人よりもテクノロジーに委ねたいと回答しています。

  • 異なる種類のデータをミスなく収集できる
  • 合理的で偏りのない統計に基づいた意思決定ができる
  • 指標や過去のパフォーマンスから将来の成果を予測できる
  • 課題への新しい取り組み方を発見できる
  • 目標達成のために必要なステップを特定できる
主要企業10社では、どのようにD&Iをビジネスに組み込んでいるのでしょうか(PDF)
主要企業10社では、どのようにD&Iをビジネスに組み込んでいるのでしょうか(PDF)

多様性、公平性、包括性(DEI)プログラムを強化

アンケート回答者の66%が、DEI(多様性、公平性、包括性)にもっと真剣に取り組んでいるブランドで働くために、現在の会社を辞めると回答しています。その理由は以下になります。

  • 強固なDEIプログラムを導入・推進しない組織は、候補者数の減少、市場シェアの低下、収益性の低下を招く危険性がある
  • 78%の人が、環境・社会問題に対して行動を起こし、その進捗を明確に示すことができる組織のもとで働きたいと回答
  • 職場の多様性を支援するための法律や要求事項の制定が進んでいる
サステナブルな未来を創るためのお客様の取り組みを見る(1:20)

事業部門を超えたコラボレーション

ビジネスリーダーは、環境および社会的公正性プログラムの重要性と緊急性を理解しています。その93%が、サステナビリティと社会的指標を、以下のような従来のビジネス指標に組み込む必要があると考えています。

  • サプライチェーン管理
  • 製品開発
  • 物流・ロジスティクス
  • マーケティング
  • セールス
  • タレントマネジメントと採用

ESGの取り組みを推進するためのリソースの詳細

オラクルの完全なSaaSアプリケーションは、ESGレポート、コンプライアンス、財務、オペレーション、人事管理を支援します。

オラクルのソリューションがESG目標の達成にどのように役立つかを読む

ESGの取り組みの報告は容易ではありません。サステナブルな未来を計画するための、ESG計画・報告のベストプラクティスを学びましょう。

ESGの取り組みをインテリジェントなレポートで追跡するためのガイドを入手する

オラクルの最高サステナビリティ責任者であるJon Chorleyが、ESGの取り組みにおいてCFOがいかに重要な役割を果たすかについて説明します。

「変革のための会計」のポッドキャストを聞く (20:00)

オラクルのその他のサステナビリティの取り組みについて