Oracle Enterprise Performance
Managementプラットフォーム

最新情報をフォロー:

Oracle Enterprise Performance Management(EPM)プラットフォームは、パフォーマンス管理プロセスを統合し、目標と結果の隔たりを埋めるよう支援します。

オラクルの統合型EPMプラットフォームを使用すると、ビジネス目標を結果に結びつけることで成功への障壁が除かれるため、ビジネスのポテンシャルが解放されます。目標の統一、精度の高い予測、正確な決算、より責任ある対応がとれる企業といった要素は、現在の市場で成功するために不可欠ですが、この世界トップクラスのEPMプラットフォームで、そうした望みの結果を手にすることができます。さらに、業務部門だけでなく、財務やITの管理者のニーズにも対応できるため、より一貫した意思決定が可能になります。


Tessenderlo Chemie、戦略立案から実行までをOracle Hyperionでおこなう

Tessenderlo video: Tessenderlo Chemie Uses Oracle Hyperion from Strategy to Execution

ビデオを見る(2:55)

財務面に関しては、Oracle EPMプラットフォームは計画やレポート作成の迅速な処理が可能です。情報を一元管理できるため、内部と外部両方の関係者に正確かつ十分な情報が提供されます。また、新製品の発売や新サービスの開始、組織再編の実施、吸収や合併などの変化を管理することも可能です。組織全体をわかりやすく把握できるため、管理者は求められていることを理解し、情報を把握したうえで意思決定がおこなえます。

IT面では、ビジネスの成長と拡大に合わせた拡張と性能の向上が可能です。重要なビジネス情報が確実に保護されるため、機密情報が権限のない人物の目に触れることも、外部に漏えいすることもありません。さらに、これまでに投資したERPシステムなどのIT資産と統合できるため、運用の費用対効果が高くなります。柔軟な導入オプションが用意され、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドのいずれであっても、組織のIT戦略に合致させることが可能です。

Oracle EPMプラットフォームについて詳しく知る

    E-mail this page    Printer View Printer View