該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした。

お探しのものを見つけるために、以下の項目を試してみてください。

  • キーワード検索のスペルを確認してください。
  • 入力したキーワードの同義語を使用してください。たとえば、「ソフトウェア」の代わりに「アプリケーション」を試してみてください。
  • 下記に示すよく使用される検索語句のいずれかを試してみてください。
  • 新しい検索を開始してください。
急上昇中の質問

オラクルとKPMGによるクラウド脅威レポート 2020

クラウドのリスクと脅威を軽減するための課題と機会の詳細。

クラウドリスクの管理とセキュリティ・コンプライアンスの維持

オラクルおよびKPMGクラウドの脅威レポートは、クラウド・ソリューションの実装と保守において組織が直面している主要なリスクと課題を特定します。組織のデータとコンプライアンスの維持を保護するには、文化とインフラストラクチャに対するセキュリティ第一のアプローチが必要であり、クラウド・セキュリティに必要な共通の責任を明確に理解する必要があります。

従来のデータセキュリティのアプローチによるクラウド対応のギャップ作成

IT専門家の75%はパブリッククラウドを自社のデータセンターよりも安全であると考えていますが、92%はクラウド・セキュリティ・プログラムの未熟さが対応ギャップを生み出していると感じています。ますます多くの企業が、クラウドのセキュリティ保護における責任の共有に関する独自の欠如を、頻繁な設定ミスやギャップの主な原因として認識しており、この誤解は、クラウドとCloud Serviceプロバイダーのセキュリティ保護において、チームの役割を完全に理解しているサイバーリーダーは上層部を含むわずか8%です。

機密データの流出と露出につながる誤設定

組織がCスイートにまたがるトップダウンのセキュリティ第一の文化を採用していない場合、結果として、データの損失、マルウェアの拡散、Cloud Serviceへの不信が生じます。59%の応答者が特権クラウド資格情報がフィッシングされたと報告し、75%が複数回以上Cloud Serviceからのデータ損失を経験しているため、企業はすべてのチームがミッションクリティカルなデータを保護するための所有権と責任について確認する必要があります。

クラウドセキュリティの脅威の詳細な調査

組織は、クラウドへの安全なジャーニーを可能にする上で多くの課題に直面しています。このレポートは幅広い情報を取り上げていますが、この画期的な調査結果をより詳細に調査する機会を引き続き提供し、ブリーフ、要約結果、およびOracle Cloudセキュリティブログでオンラインでの対話を継続的に行っています。

クラウドセキュリティ共有責任モデルの分かりやすい説明

OracleとKPMGは、ITおよびサイバーリーダーが直面している共通の課題に取り組むために協力しています。これには、クラウドセキュリティ共有責任モデルなど、クラウドの基本的な要素に対する理解の欠如が含まれます。

クラウドセキュリティの脅威の詳細な調査

組織は、クラウドへの安全なジャーニーを可能にする上で多くの課題に直面しています。このレポートは幅広い情報を取り上げていますが、この画期的な調査結果をより詳細に調査する機会を引き続き提供し、ブリーフ、要約結果、およびOracle Cloudセキュリティブログ(下記)でオンラインでの対話を継続的に行っています。

2020年の予定レポート

2020年の予定レポート

2020年クラウド脅威レポートシリーズのために開発されている5つのレポートの詳細をご覧ください。

クラウド中心のCISO

クラウド中心のCISO

CISOの優先順位と課題の詳細については、OracleおよびKPMGクラウドの脅威レポートをご覧ください。

クラウド脅威レポートのブログ

クラウド脅威レポートのブログ

クラウド脅威レポートから主要なトピックと考慮事項に関する業界リーダーからの最新情報をお読みください