環境ボランティア活動

オラクル・ボランティアは、一年を通して地球のために呼びかけています。海や水路からプラスチックを取り除くために海岸を清掃し、埋立地から衣類を取り除いて、もとの自然界を取り戻そうと尽力しています。しかし、こうした活動は、地球を守るための活動のほんの一部に過ぎません。以下で詳細をご確認ください。

「オラクル・ボランティアの「There's No Planet B」という集会に参加しましたが、これは、日常生活で取るべき環境に優しい行動を共有し、私たちが実践できる方法を新たに学ぶことができる非常に良い機会でした。」

Ronaldo Santos、オラクル・ブラジル、テクニカル・アカウント・マネージャー

アース・デーの結束

私たちは毎年アース・デーに合わせて、3月1日から4月30日まで環境に焦点を当てた世界的な取組みを行っています。2022年のアース・デーは米国のNational Volunteer Weekとも重なり、オラクル・ボランティアもとりわけ忙しくなりました。世界が再び動き出す中、オラクル・ボランティアも世界中で結束し、地球の回復に尽力しています。ビーチの清掃、植樹や粘土団子を蒔く、デジタル・ストレージを整理してカーボン・フットプリントを削減するなど、多くの活動を行いました。

環境のための集会

ラテン・アメリカ全土で、オラクル・ボランティアが「There's No Planet B」という数週間にわたって開催された集会に参加しました。彼らは最大限の栄養を摂りながら食糧廃棄物を最小限に抑えること、地球に優しいオリジナルのシャンプーとリンスの作り方、埋立地から物資を移すこと、そして地球を常に軽快に歩くことについて学びました。オラクルが関与している組織には、Bandera AzulEcológicaGastromotivaおよびVegetarianos Hoyなどがあります。

海洋や水路の保護

プラスチックなどのごみをひとかけらずつ拾っていけば、いずれは海からごみがなくなるでしょう。オラクル・ボランティアは、一年を通して都市や近隣地域、公園だけでなく、地元のビーチや新しくできた水路の清掃も積極的に行っています。オラクルが関与している組織には、Keep Austin BeautifulKeep Britain TidyKeep Massachusetts BeautifulOcean Conservancy、and SEGO Initiativeなどがあります。

地域の生態系の復活

オラクル・ボランティアは、崩れてしまった生態系を取り戻し、自然な状態に回復するための実践的な取組みに世界中で参加しています。たとえば、粘土団子を作って蒔いたり、侵襲的な外来種を除去したりするほか、トレイルの復元、コミュニティ・ガーデンの創設なども行っています。当社が関与している組織には、BhumiLos Angeles Community Garden CouncilSayTreesThe Trail Foundationなどがあります。

埋立地から廃棄物を移設する

固形廃棄物の発生率が世界中で上昇しています。これは、起こるべき状況に逆行しています。オラクル・ボランティアは、認識を高め、衣類、書籍、電子機器のような再利用できる中古品を収集して寄付することで、この問題に取り組んでいます。責任を持って行動すれば、埋立地や焼却炉で処理される膨大な量の廃棄物を減らすことができます。当社が関与している組織には、BRED Diocesano de Guadalajara A.C.Instituto Gerando FalcõesInstituto PROAJapan Refashion associationなどがあります。

Photo credits: 1. Mark Von Holden/Getty Images for Oracle. All other images copyright Oracle.