該当する結果がありません

一致する検索結果がありませんでした

最先端のアナリティクス

データの準備・加工、可視化、および機械学習によるインサイト獲得をビジネス・チームの主導で行えるようにして、ビジネス上の意思決定を強化しましょう。

Business Analyticsの評価

あなたの組織では、データ・アナリティクスの活用や将来への準備体制が他社と比べてどの程度進んでいるかご存知ですか?2分ほどで完了するこのアセスメントを行って、他社との比較によるベンチマーク・スコアを確認しましょう。

機械学習によるアナリティクス・レポート

あなたの会社やライバル企業が現在AIを使用していなくても、いずれは使用する時が来るでしょう。MIT Technology Review Insightsレポートを読んで、新しいAI機能の活用方法を確認しましょう。

Oracle Analytics Cloudが必要な理由

アナリティクスに対するニーズはあらゆる組織に存在します。つまり、どのような組織でも、データを収集、可視化、分析する必要性があるのです。しかし、それは言葉で言うほど簡単ではありません。テクノロジーが進化し、データやデータ・ソースの数が飛躍的に増え続ける今日、多忙なビジネスの中で分析環境を準備する時間を確保するのは、なかなか難しいのではないでしょうか。新しいデータ・ソースにアクセスし、価値ある情報と不要な情報を選別できるようにすることは、簡単ではありません。ビジネスを進化させるための時間と手段がなく、ビジネスの成長に応じて柔軟に拡張できるテクノロジーもなければ、将来的に期待できるのは良くても現状維持です。イノベーションの達成は難しいでしょう。

あらゆるユーザーに役立つ包括的なアナリティクス

優れたアナリティクスを使用すれば、ビジネス課題の解決策を効果的に導き出すことができます。現行のビジネス戦略の基本的な構成要素としてアナリティクスを組み入れることで、何がどのような理由で起こったのかを組織内のあらゆるユーザーが把握し、それらのデータを活用して次に起こることを予測できるようになるのです。

アナリティクスの導入にあたっては、ビジネスの状況を考慮するとともに、幅広いユーザー・ニーズに合わせてソリューションを構築する必要があります。たとえば、マーケティング・チームでは、アナリティクスを使用してキャンペーンの結果やROIを測定し、それらのデータを活用して、顧客へのオファーをタイミング良く提供する必要があるでしょう。また、今後反応を示す購買者を予測することも必要かもしれません。人事チームでは、従業員や有能な人材に関するインサイトを獲得し、それらのデータを活用して、求人活動を最適化したり、トップ・パフォーマーを維持したり、組織全体の離職率を予測したりする必要があるでしょう。ITスタッフにも独自のニーズがあります。ユーザーがデータの詳細を自分で確認できるようにするためのレポートやダッシュボードを提供したり、データのガバナンスやセキュリティを確保する必要性があるはずです。最大限の効果を達成するには、包括的なアナリティクス・ソリューションによって、エンタープライズ・レポート機能や高度な分析機能に、動的なセルフサービスの探索機能を組み合わせる必要があります。管理者の視点から言うと、これはガバナンスと柔軟性を意味します。あらゆる種類のデータ・ソースにアクセスし、データを準備・加工して分析できる機能を、すべてのユーザーに提供することが重要なのです。

新しいチャンスとデータ・インサイトの獲得

アナリティクス・テクノロジーの進歩により、企業にはデータ活用の新たな機会が生まれています。最新のアナリティクスは、予測性、自己学習性、適応性に優れていて、隠れたデータ・パターンの発掘に役立ちます。また、直感性にも優れていて、高度な可視化機能により、膨大な数のデータ行やデータ列が示す事実を瞬時に把握できます。最新のアナリティクスはモバイルに対応しているので、使いやすさも向上しています。必要なデータを必要なときに確認でき、使い方のトレーニングもほとんど不要です。

Oracle Analytics Cloudは、様々なユーザー・ニーズに対応し、必要な情報にアクセスするための各種ソリューションを備えた、包括的でセキュアなプラットフォームを提供します。お客様は、ユーザー数に関わらず、必要に応じてシステムをスケーリングすることができ、様々なデータ・ソースやデータ・タイプ(構造化データや非構造化データ)から、分かりやすいインサイトを獲得できます。クラウド、オンプレミス、またはその両方で柔軟に分析を実行でき、アクセスできるデータの制限もありません。

統合的なアナリティクス・プラットフォームが可能にする新しいワークスタイル

近年、従業員の働き方は多様化し、新しいワークスタイルが広がりつつあります。アナリティクスの導入・構築では、ITチームが中心的役割を果たす統合的なアナリティクス・プラットフォームを前提として整備する必要があります。これにより、テクノロジーに精通した今日の従業員のニーズに対応し、彼らがすばやく業務を遂行できる環境を構築できます。スピーディで分かりやすいユーザー環境を提供するとともに、高品質のデータとセキュリティを確保することが重要です。ビジネス主導とIT主導のイニシアティブを組み合わせることが、イノベーション達成の鍵となります。

データの可視化

データに隠れた事実やメッセージは、ライバル企業よりも早く見つけることが重要です。アナリティクスを使用すれば、ビジネスの状況を直感的なイメージで把握することができます。消費者データ、企業データ、およびビッグデータをマッシュ・アップすることで、データのバリューをすばやく把握し、データの背後にあるストーリーをユーザー間で共有することが可能になります。しかも、それらはすべて数分のうちに完了できます。このシンプルさを実現するには、データの可視化が鍵となります。この可視化機能は、オラクルのすべてのアナリティクス・ソリューションに組み込まれており、モバイルとデスクトップ、企業全体と各部門、オンプレミスとクラウドのいずれを問わず、どこからでも利用できます。アナリティクスの生産性を高めるための一貫したエクスペリエンスを提供できるのは、オラクルだけです。

外出先からモバイルで利用できるアナリティクス

モバイル・アナリティクスは決して新しいものではありません。オラクルは"アシスタント"によって、モバイル・デバイスに新たなレベルの生産性を提供します。オラクルのモバイル・アナリティクス・ソリューションでは、音声認識やモバイル・オーサリングを利用できるだけでなく、ユーザーのデジタル・フットプリントを認識して、今後のミーティングに関連するインサイトを通知することができます。コンテンツは常にモバイルに配信されるので、ビジネスの状況に応じて必要な分析機能を利用できます。共有やコラボレーションの機能も備わっているので、チーム・メンバーと最新情報を共有できます。

これらはすべて、包括的なアナリティクス・プラットフォームによって実現します。あらゆるデータ・ソース、データベース、アプリケーション(クラウドとオンプレミス)にアクセスできるので、ビジネスの状況を包括的に把握するための、信頼できるデータ・インサイトを獲得できます。

Oracle Analytics Cloudの詳細.

Oracle Analytics Cloudの特徴

迅速なインサイト

セルフサービスのアナリティクスにより、インサイトをすばやく獲得し、ビジネスの俊敏性を改善できます。ユーザーはITチームの助けを借りることなく、あらゆるデータにアクセスし、データを準備・加工し、可視化・分析して、それらのデータについてコラボレートすることができます。データの特性から最適なチャートを複数リコメンドしてくれる機能を利用して簡単に可視化したり、他のユーザーとコラボレートしながらインサイトを最適化することができます。

  • ビジネス・ユーザー向けのデータの準備・加工機能
  • セルフサービスのビジュアル・アナリティクスを可能にするデータの可視化機能
  • 分析の共有やトレースを可能にするコラボレーション機能
faster-insights

効果的な意思決定

プラットフォーム全体に機械学習を組み込んだアナリティクスにより、高度なインサイトを獲得できます。機械学習が常にバックグラウンドで機能し、取り込んだデータから学習を行っているので、活用していくほどに高度で正確な分析が可能になります。隠れたパターンを見つけ出し、傾向を予測することで、効果的で偏りのないデータを獲得できます。

  • 強力な予測分析機能
  • データの特性を診断分析し、ユーザーに診断結果を説明する機能
  • データ加工のリコメンドとエンリッチメント
improved-decisions

次世代のアナリティクス

包括的なソリューションによって、あらゆる分析ニーズに対応できます。組織内のあらゆるユーザーに対応したアナリティクスにより、必要なデータを、必要なときに、必要なユーザーへ提供することができます。セキュリティとガバナンス機能も備えているので、インサイトを簡単に共有し、他のユーザーとコラボレートできます。また、クラウドのメリットを活用して、システムを必要に応じてスケーリングすることもできます。

  • What-If分析に対応したビジネス・シナリオ・モデリング
  • 音声対応のアクセスとリアルタイム・アラートに対応したモバイル機能
  • スケジューリングと一括生成に対応したエンタープライズ・レポート機能
next-gen-analytics

Oracle Analytics Cloudの無料トライアル

ガイド

Oracle Analytics Cloudのトライアル版にサインアップする方法を分かりやすく説明したガイドです。

ガイドを読む

ビデオ

こちらの短いビデオを見て、Oracle Analytics Cloudのトライアル版を今すぐ試す方法をご確認ください。

ビデオを見る

トライアル版へのアクセス

リンク先に直接移動して、Oracle Analytics Cloudのトライアル版にサインアップできます。

Oracle Analytics Cloudを無料で試す

組み込みの機械学習機能

アナリティクス・ソリューション

データの可視化とエンタープライズ・レポート

業種を選択してください
Data Visualization and Enterprise Reporting

データの可視化とエンタープライズ・レポート

チャートやグラフは単に見やすいだけでなく、ユーザーがビジネスの状況をストーリーのように把握できるよう考慮されています。ユーザーは、全体像を示すインサイトから詳細な問合せまで、頭に浮かんだ質問を(自然言語処理によって)そのまま問い合わせて、詳細な回答を分かりやすい見た目で獲得することができます。

組み込みの機械学習機能により、最適なグラフィカルがリコメンドされ、ワンクリックの予測型インサイトが提供されます。ビジネス・メトリックはオラクルの高度なセキュリティやガバナンス機能と統合されているので、直感的かつ詳細なレポートが提供されます。

データの準備・加工

データの準備・加工
Data Preparation

データの準備・加工

データがほぼ無限に増大している状況のなか、効果的で詳細な分析を行うには、データを簡単に準備・加工するための手段が必要です。機械学習によって強化されたデータのエンリッチメント機能を利用すれば、ユーザーは未加工データを使いやすい形式へと自分で簡単に変換することができます。コーディングの必要も一切ないので簡単です。レコメンデーション機能が、データの準備・加工、クレンジング、標準化をガイドします。

ビジネス・シナリオのモデリング

ビジネス・シナリオのモデリング
Business Scenario Modeling

ビジネス・シナリオのモデリング

データに対してWhat-If分析を実行して、頭に浮かんだアイデアを試してみたいと思ったことがありませんか?業界をリードするオラクルの多次元分析エンジンを利用すれば、それが可能です。分析エンジンに機械学習が組み込まれているので、様々なシナリオの結果を高度に予測し、考えうる結果に備えることができます。

モバイル

モバイル
Mobile

モバイル

プロファイルに基づいてパーソナライズされた、コンテキスト対応型のスマート・フィードを設定することで、モバイル・デバイスを自分の秘書に変えることができます。ユーザーは自然言語を使って質問し、詳細な情報へとドリルダウンすることができます。情報は常に更新されるので、外出中に重要な更新情報を見逃すこともありません。

ご存知でしたか?

Oracle Analytics Cloudは、

実際に製品を導入した

ユーザーが評価を行う

G2 Crowd Gridにおいて

セルフサービスBI部門で

Leader

の称号を得ています。

インフォグラフィックを見る(PDF)
G2 Crowd
Oracle Business Analyticsブログ

クラウド・アナリティクスや機械学習を活用したスマートな意思決定

In the Spotlight

MIT Technology Review Insights
Machine Learning Analytics: Key to Digital Transformation

このMIT Technology Reviewレポートでは、データを競争力に変える高度なテクノロジーの仕組みが説明されています。

Business Analytics Assessment
ビジネス・アナリティクスの評価

あなたの組織では、データ・アナリティクスの活用や将来への準備体制が他社と比べてどの程度進んでいるかご存知ですか?

G2 Crowd Assessment
インフォグラフィック: G2 Crownのグリッドとレビュアーのコメント

G2 Crowdのレビュアーたちは、Oracle Analytics Cloudをセルフサービス・ビジネス・インテリジェンスのリーディング・ソリューションとして認識しています。