業務内容に応じた分析アプリケーション

可能性をフルに実現

最新のプロジェクトの状況はいかがですか。この質問に答えようとすると、コスト低減や利益率向上のために何を変えればよいか、最近の市場開発でビジネスに影響を及ぼしそうなものは何かなど、必然的にさらに質問が浮かんできます。

役割や職責に応じた包括的なビジネス分析で、これらすべての質問に対する答えと、さらに多くの情報を得ることができます。どのような情報をどのような形式で閲覧するかをお選びいただけます。答えを引き出し、優先順位を付けて、安定したビジネス運営を手に入れてください。

 
最新情報をフォロー:
人事
Human Resources

従業員の生産性の評価、監視、向上が可能です。生産性が最も高い従業員と最も低い従業員を特定できるだけでなく、重要な人材を育成して維持し、独自の取組みを評価することもできます。

販売
Sales

アップセルやクロスセルの機会に関するアラートの受信、販売予測精度の向上、得意顧客や最も収益性の高い製品の識別が可能なため、取引を成立させ、ノルマを達成するのがはるかに容易になります。

プロジェクト管理
Project Management

常にスタッフを叱りつけて管理する必要はありません。プロジェクトの各ステージに、自動化されたアラートだけでなく、メトリック、コラボレーション・ダッシュボードおよびレポートを用意することで、スタッフと予算を適切に管理できます。

調達
Procurement

経費の使い道をより詳細に把握することは、経費の削減方法を知ることでもあります。世界の各支社の口座における直接経費と間接経費を把握し、コスト削減の機会を見つけることができます。

財務
Finance

会社全体の経費と収益を把握できます。最新の情報で、コンプライアンスを示し、利益性を計測して、株主の利益を保護することができます。

マーケティング
Marketing

マーケティングの効果による利益を算出するのは非常に難しいことです。成果を目に見える形にするためには、キャンペーンの効果をリアルタイムで追跡し、見込み顧客へと発展させる要因を調査して、個々のキャンペーン結果をターゲット指標と比較する必要があります。

顧客サービス
Customer Service

顧客とのすべてのやり取りで、顧客も自社も得をする方法をお教えしましょう。コールセンターのボトルネックを特定するツールを導入すれば、解決までの時間を短縮でき、顧客も1回の電話で目的を達成することができます。

サプライチェーン
Supply Chain

世界中のサプライチェーンで大量の部品が行き来している中、在庫レベルを決定し、製品のフルフィルメント・ニーズを予測して、起こり得る受注残の問題を特定するのは、これまでになく難しくなっています。運用全体を大局的に把握できる必要があります。

    E-mail this page    Printer View Printer View