Oracle Business Analytics

Oracle Analytics
オラクルのアナリティクスがデータの力をストーリーに吹き込む

 

Explore Oracle Analytics

アナリティクスとは?

どの組織にもアナリティクスのニーズはあります。つまり、どの組織にも収集して分析し、解明する必要のあるデータが存在するのです。ところが、その作業は口で言うほど簡単ではありません。テクノロジーが進化し、データ量もデータ・ソースも急激に増加する中で、アナリティクスの手法を再考し、ペースの速いビジネス環境に合わせて変えていけるような時間はほとんど、あるいは全くありません。新たなデータ・ソースにアクセスすること、そして価値のあるデータとノイズの選別を可能にすることは至難の業です。進化のための時間や手段、あるいはビジネスとともに成長できるだけの柔軟性を備えたテクノロジーがなければ、現状を維持するのが精一杯です。イノベーションは棚上げにせざるを得ません。

万人向けのアナリティクス

優れたアナリティクスは、ビジネス上の課題の解決策を見いだす手がかりとなります。継続的なビジネス戦略の基本的な要素としてアナリティクスが組み込まれていれば、組織内の誰もが、何が起こったのか、なぜ起こったのかを理解し、そのデータを利用して次に何が起こるかを予測できるようになります。

ビジネスの内容を問わず、アナリティクスの手法はビジネスに沿ったものとなり、ユーザーの多様なニーズに適合します。たとえば、マーケティング担当者はアナリティクスによりキャンペーンの成果とROIを評価し、そのデータを利用して適切なオファーを適切なタイミングで確実に顧客に提示するだけでなく、買い手の次の反応を予測することもできます。人事部門では、従業員と候補となる人材についてのインサイトを取得した上で、そのデータを基に採用活動を最適化し、優秀な人材を引き留め、さらには会社全体での離職状況を予測します。ITスタッフは優先順位が異なり、ユーザーが自分でデータを掘り下げることのできるレポートやダッシュボードを提供すると同時に、データのガバナンスとセキュリティを維持します。本当の意味で効果を上げるには、動的なセルフサービス検出にエンタープライズ・レポーティングと高度なアナリティクスの機能を組み合わせた包括的なアナリティクス・ソリューションが必要です。運用管理の観点からすると、ガバナンスと柔軟性、あらゆる種類のデータ・ソースへのアクセスに加えて、すべてのユーザーを対象としたデータ準備機能と分析機能が必要であると言い換えることができます。

新たな機会の発掘

アナリティクス・テクノロジーの進歩に伴い、データから利益を得る機会が新たに生まれています。先進のアナリティクスは、隠れたデータのパターンを発見するのに役立つ予測機能、自己学習能力、適応性を有しています。また、直感的で、驚くほどの視覚化機能が組み込まれており、ユーザーは何百万ものデータ行やデータ列を一瞬のうちに理解できます。先進のアナリティクスはモバイル性と操作性に優れています。さらに、ユーザーを適切なデータに適切なタイミングで結びつけるので、研修はほとんど、あるいは全く必要ありません。

Oracle Analyticsは、ユーザーの多様なニーズに配慮し、ユーザーを必要な情報に結びつけるソリューションを備えた、包括的で安全なプラットフォームを提供します。部署のユーザー数が2人であれ2,000人であれ、必要に応じてスケールアップまたはスケールダウンし、幅広いデータ・ソースやデータ・タイプ(構造化データと非構造化データ)から意味のあるインサイトを導出することができます。アナリティクスをクラウド上またはオンプレミスで、あるいはその両方で実行できる柔軟性を備えているため、対応不可能なデータはありません。

新しい働き方

従業員は変化しています。そして、その変化とともに新しい働き方が生まれています。技術に詳しい今日の従業員の要求に応えて、システムを速やかに立ち上げ、稼働させなければなりません。ユーザーにスピードとシンプルさを提供しながら、最高水準のデータ品質とセキュリティを維持することも求められます。ITが重要な役割を果たす一元的なアナリティクス・プラットフォームは、アナリティクス戦略に不可欠な要素となるはずです。ビジネス主導の取組みとIT主導の取組みの両方を組み合わせることがイノベーションへの近道です。

データの視覚化

データが発するシグナルには競合他社より早く気づきたいものです。アナリティクスを使用すれば、ビジネスの状況を高画質の画像のように捉えることができます。個人データや企業データ、ビッグデータをマッシュアップし、データの価値を理解してデータのストーリーを同僚と共有するのも簡単です。しかも、こうした作業がわずか数分でおこなえるのです。このシンプルさの鍵を握るのがデータの視覚化で、この機能はモバイルからデスクトップ、部署単位、エンタープライズ単位まで、オンプレミスかクラウドかを問わず、オラクルのすべてのアナリティクス・ソリューションに組み込まれています。アナリティクス業務の生産性を高めるエクスペリエンスを一貫して提供するのはオラクルだけです。

モバイル機器で移動中にもアナリティクスを

モバイル・アナリティクスは何も珍しいことではありません。オラクルは、位置認識が可能なアシスタントにより、モバイル機器に新たなレベルの生産性をもたらします。オラクルのモバイル・アナリティクス・ソリューションは音声認識とモバイル・オーサリングをサポートするだけでなく、デジタル・フットプリントを参照して予定されている会議に関連したインサイトをユーザーに通知します。コンテンツを絶え間なく電話に送ることで、ビジネスの進捗に応じた意味のあるアナリティクスをユーザーに提供します。共有とコラボレーションの機能が用意されているため、チーム・メンバー全員が確実に同じページにアクセスできます。

一元的なアナリティクス・プラットフォームがすべての作業の出発点となります。あらゆるデータ・ソース、データベース、アプリケーション(クラウドまたはオンプレミス)に接続できるので、データ・インサイトがビジネスの総合的な理解に基づいているという安心感が得られます。

詳細は、Oracle Analytics CloudOracle Data VisualizationOracle Business Intelligence Cloud ServiceOracle Day by Dayを参照してください。オラクルの包括的なソリューションの一覧は、オラクルのアナリティクス製品でご覧いただけます。

 

分析のカスタマイズ

クラウド・プラットフォームは柔軟かつ俊敏である必要があります。そして、分析システムをユーザーが制御できるようにするオプションの提供も必要です。オラクルでは、お客様の条件に基づいてクラウドに移行できます。クラウド・プラットフォームを完全に社内で管理するか、オラクルに依頼するかは、お客様が選択できます。

お客様が適切と判断するように組織の分析クラウド・プラットフォームを管理します。サービスの監視、アップグレード、CPUおよびメモリーを制御します。お客様の状況に応じて、コンピューティングおよびストレージを調整します。サーバーおよびセキュリティ構成にアクセスし、管理タスクを管理します。

オラクルの専門家に管理的な業務を任せ、お客様は、より戦略的な業務への取組みやリソースに重点を置きます。オラクルが、アップグレード、パッチ適用、ネットワーキング、セキュリティなどすべてを処理し、事業革新や他社との競争に重点を置けるようお客様を解放します。

 


Oracle Analyticsのお客様



始めよう

お問い合わせ

エキスパートがお手伝いいたします

サポートについてのお問い合わせ

トピック別にサインアップ