オラクルのSAP向けITインフラ

Oracle Solaris Clusterは、Oracle Solarisの高可用性と障害回復の機能を拡張し、SAP配備の際にもっとも高いUNIXの可用性を実現します。

Oracle's SPARC T5 and M5 ServersOracle Solaris Cluster 3.3、Cluster 4.x、Oracle ClusterwareはSAP NetWeaverとの統合を前提にSAP認定済み

SAP認定について続きを読む >
(「Company Name」に「Oracle」と入力してオラクルの認定を検索)

Oracle Solaris Clusterは、SAPなどのビジネスクリティカルなアプリケーションを想定して設計されており、従来のOracle Solarisエンタープライズ配備環境でも、Oracle Solarisベースのプライベート、パブリック、またはハイブリッドの各クラウドでも、アプリケーションとサービスのリカバリを可能にします。Oracle Solaris Clusterは、Oracle Sunのサーバー、ストレージシステム、サーバーを使用して徹底的なテストも実施済みであり、多層の仮想構成でミッションクリティカルなアプリケーションとデータベースを保護します。OracleデータベースとSAPアプリケーションが組み込みでサポートされるので、ソリューション独自の障害検出とリカバリによって、コンポーネント障害による停止が最小限に抑えられます。


エンタープライズ・アプリケーション向けの高度な可用性


Oracle Solarisと緊密に組み合わされているため、Oracle Solaris Clusterはシステム障害を瞬時に、また一貫して検出します。通知とアプリケーションのフェイルオーバーが高速化するため、サービスリカバリ時間が全体的に短くなり、アプリケーションの停止が大幅に短縮されます。Oracle Solaris ClusterにはオラクルとSAPのアプリケーションおよびデータベースのサポートがあらかじめ組み込まれているため、開発やスクリプト作成のタスクが回避され、従来のシステムでも仮想環境でも即時の配備が容易になります。Oracle Solaris Clusterエージェント・ツールキットは、最小限の試みでカスタム・アプリケーションをサポートします。Oracle Solaris Clusterには、マルチサイト、マルチクラスタの障害回復サービスも用意され、自動のアプリケーション・フェイルオーバーと、アプリケーション、ストレージ、ホストベースのレプリケーション・ソリューションとの連携が可能になります。


関連製品


  • Oracle Clusterware:オラクルのクラスタ・ソフトウェアは移植性を備えているため、独立したサーバーを単一システムとして機能させることができます。Oracle Real Application Clusters(RAC)と完全に統合される独立のサーバープール・インフラとして、Oracle Clusterwareはどんな種類のアプリケーションでもフェイルオーバー・クラスタで保護します。
  • Oracle Grid Infrastructure:Oracle Clusterware 11g Release 2は、Oracle Automatic Storage Management(ASM)との組合せでOracle Grid Infrastructureを作成します。これは、プライベート・クラウドベースのアプリケーション管理に新しい水準をもたらす、プライベート・クラウド・インフラ・ソフトウェアです。
  • SAP Control:オラクルが、SAPの高可用性リソースを容易に管理できるように作成したOracle ClusterwareのツールがSAP Control(SAPCTL)です。SAPCTLは、使いやすいユーザー・インタフェースとスクリプト、そしてOracle ClusterwareとSAPの高可用性コンポーネントの依存性を備えています。SAPCTLでは、SAP Enqueue Service for ABAP and Java、SAP Replication Service for ABAP and Java、SAP Enqueue Service for ABAP and/or Javaによって使用される追加の仮想IPアドレスを容易に管理できるようにして、Oracleコマンドライン・ツールの機能を統合します。またSAPCTLは、サポートされているSAPインスタンスについて、関連するSAP Start Serviceも監視します。SAP Start Serviceプロセスは、SAPインスタンスがクラスタノードで起動されるとき、またはクラスタの他のノードに割り当てられるとき、SAPCTLによって自動的に起動されます。システムブート時、sapinitによってすべてのSAP Startプロセスを起動する必要はありません。このタスクは、Oracle Clusterwareの起動後にSAPCTLによって実行されるからです。
  • Oracle RAC:Oracle RACを使用すると、単一のデータベースをサーバーのクラスタ全体にわたって透過的に展開できるため、ハードウェア障害や計画停電に対する耐障害性が確保されます。Oracle Database 11gのオプションとして提供されるOracle RACは、オラクルのプライベート・クラウド・アーキテクチャの主要コンポーネントです。Oracle RACは、SAPアプリケーションによってサポートされています。
    E-mail this page    Printer View Printer View