オラクルのSAP向けITインフラ

オラクルのインフラ管理ソリューションの幅広いポートフォリオは、IT管理プロセスの合理化に効果的です。

顧客は、プロビジョニング、更新、パッチ適用などのタスクを管理するために自動化および標準化されたプロセスを利用して、異種SAPシステム環境を容易に操作できます。


包括的なインフラ管理


  • Oracle Enterprise Manager 12c は、ユーザーから報告されるインシデントと問題の解決時間を50%短縮します。可用性とパフォーマンスをすぐに監視でき、完全なITインフラ全体で堅牢な診断、構成管理、ライフサイクル管理も可能です。
  • Oracle Enterprise Manager は、物理サーバーと仮想サーバーの完全なライフサイクル管理に対応する、コスト効率の高い統合ソリューションです。Webベースのユーザー・インタフェースを介してプロビジョニング、パッチ適用、監視、管理、構成管理機能を実現することによって、Enterprise ManagerはOracle VM、Linux、UNIX、Windowsの各オペレーティング・システム環境の管理に伴う複雑さやコストを大幅に削減します。また、Oracle Sunハードウェアを使用する企業は、サーバー、ストレージ、ネットワークの各インフラ層に関する深いインサイトを得たうえで、数千単位のシステムでもスケーラブルに管理することができます。仮想化とクラウド・コンピューティングの採用を促すことによって、Oracle Enterprise Managerを利用する顧客はコストの削減、ITリソースの最適化、プロセスの合理化に貢献します。
  • Oracle Enterprise Manager Ops Center は、SolarisおよびSPARCテクノロジーにクラウドインフラ・ソリューションを確立しながら、Oracle LinuxおよびSolarisのインフラタスクの大幅な自動化が可能です。Oracle Enterprise Manager Cloud Controlには、Cloud Controlユーザー・インタフェース内でアプリケーション・ターゲットに呼応するホストレベルの対応および管理の機能があります。
  • オラクルとSAPがテストと認定を共同で実施してきたOracle Engineered Systems for SAPは、統合とテスト、構成がすべて事前に済んだエンジニアド・システムのファミリーとして利用できるようになりました。データセンターの運用が容易になり、高速で容易なSAPインフラ配備を通じてビジネスのイノベーションが加速します。

セキュリティおよびID管理


Oracle Identity Managementは、完全で統合された次世代のID管理プラットフォームで、画期的なスケーラビリティを提供します。また、法規制要件に迅速に対応することができ、オンプレミス型とクラウド型のどちらでホスティングされているかにかかわらず、重要なアプリケーションやデータを保護することが可能で、運用コストも削減できます。

  • Oracle Identity Governance and Compliance Management for SAP ERP

    Oracle Identity Governance とCompliance Management for SAPは、オラクルの提供するコネクタを介して接続し、SAP混在のシステム環境と非SAPベースのシステム環境で、ギャップの大きいテクノロジーとビジネス間の橋渡しをします。たとえば、Oracle Identity GovernanceとSAP GRCを組み合わせると、IT環境全体にわたるセキュリティ・ポリシーと法的要件アクセスに従ってユーザーIDとアクセスを管理する、信頼性とセキュリティの高いガバナンス、リスク、コンプライアンス(GRC)ソリューションが作り出されます。

ディレクトリ・サービス


Oracle delivers the industry’s only integrated directory solution optimized for cloud, mobile, and social ecosystems. With a complete set of directory capabilities, including identity virtualization, storage, and synchronization services, Oracle provides breakthrough performance for mission-critical enterprise- and carrier-grade environments.

Oracle Directory Server Enterprise Edition 11gは、SAP NetWeaverテクノロジー・プラットフォームに関してSAP認定を取得しています。SAP統合シナリオ、BC-LDAP-USR 630 Directory Serverに基づいて、 Oracle Directory Server Enterprise Edition 11g はSAPソリューションとの統合を実証されており、SAPシステムで正確かつ信頼性の高いIDデータを格納して管理する、可用性とスケーラビリティの高いセキュアなディレクトリ・サービスが実現します。正常に統合が完了したこの認定プロジェクトは現在、 SAP Partner Information Center のオンラインでリストされています。

    E-mail this page    Printer View Printer View