オラクルのSAP向けITインフラ

Oracleプラットフォーム(エンジニアド・システム、SPARCまたはx86サーバー、SolarisまたはLinuxオペレーティング・システム)とSAPモジュールのマッチングによって柔軟性と信頼性を発揮し、特定のSAPワークロードに最適なアーキテクチャを構築します。

オラクルのサーバーは、SAPソリューションを利用するビジネスのニーズを満たすために必要なスケーラビリティ、エネルギー効率、コスト効率を兼ね備えています。オラクルの総合的なサーバーファミリーから、特定の要件に最適なアーキテクチャをお選びください。


最高のパフォーマンスを、簡素な管理で


オラクルのサーバーは、画期的なパフォーマンス、シンプルな管理、高い可用性、コスト削減効果をSAP配備環境に提供するよう設計されています。業界をリードするこれらのシステムには組み込みの仮想化機能、クラウド管理とシステム管理が含まれており、Oracle Solaris、Oracle Linux、Oracle VM、Oracle Enterprise Manager Ops Centerの実行向けに最適化されています。x86システムから、高パフォーマンスのSPARCおよびエンタープライズ・クラス・サーバーまで、多様なプラットフォームを利用できます。

  • オラクルのSun x86システムも、経済性に優れたエンタープライズ・クラスの選択肢の1つです。Oracle SolarisまたはOracle Linuxのスケーラビリティと、省エネ型Intelプロセッサベースの強力なシステムとの組合せから生まれるミッションクリティカルなプラットフォームは、管理性と柔軟性、セキュリティ、信頼性を低コストでSAPアプリケーションに提供できます。
  • オラクルのSPARCサーバーは、規模にかかわらずSAP配備環境に理想的です。Oracle SPARC Enterprise MシリーズSPARC Tシリーズのサーバーは、Web層やクラウド・コンピューティング、データベース、大規模エンタープライズ・アプリケーション環境で適切な仮想化と統合を実現します。最大32 TBまでのメインメモリに対応するM5/M6シリーズのサーバーでも、チップ・マルチスレッディング(CMT)を搭載するSPARC Tシリーズのサーバーでも、SAPアプリケーションに必要なきわめて高いスループットとパフォーマンスが達成されます。

OracleサーバーとOracle Solarisの組合せから生まれるパフォーマンス上の利点は明らかです。実際、Oracleプラットフォームは業界標準の各種ベンチマークにおいてパフォーマンスと価格性能比の世界記録を更新し続けています。


SAP標準アプリケーション・ベンチマークを見ても、現在のITソリューションに適したハードウェア構成を確認できます。これは標準化された明確なベンチマーク手順であり、SAP Benchmark Council(SAP代表と、オラクルなど他のテクノロジー・ベンダーによって構成される)によって監視されます。オラクルはこのベンチマーク・プロセスにも積極的に取り組んでいます。品質保証を強化し、システム・ソフトウェア・コンポーネント、RDBMS、ビジネス・アプリケーションのスケーラビリティ、同時実行性、マルチユーザー動作をテストおよび検証する機会ととらえているからです。


その他の情報


Oracle's SPARC T5 and M5 ServersOracle's SPARC T5 and M5 Servers Set New World Records for SAP SD Benchmark

T7-2およびM7ベンチマークについて続きを読む(PDF)>

    E-mail this page    Printer View Printer View