Oracle StorageTek T10000Dテープ・ドライブ

フットプリントを増やさずにバックアップとアーカイブのコストを削減

オラクルのStorageTek T10000Dエンタープライズ・テープ・ドライブは、大容量で卓越したパフォーマンスを発揮する一方、信頼性とデータ・セキュリティも備えており、ミッションクリティカルな24時間365日のデータセンター運用をサポートします。既存のStorageTekエンタープライズ・ライブラリとの互換性、そして旧世代のT10000テクノロジーとの読取り/書込み下位互換性により、投資の保護が実現します。

  • Oracle StorageTek SL8500 front right view

    8.5/21.25TB(ネイティブ/圧縮時)の容量。

  • Oracle StorageTek SL8500 front view

    最大252MB/秒のネイティブ・スループット(非圧縮時)。

  • Oracle StorageTek SL8500 front left view

    LTFSのサポート。

  • Oracle StorageTek SL8500 front left view

    T10000C、T10000Bとの読取り下位互換性。

StorageTek T10000D benefits
  • 8.5/21.25 TB (ネイティブ/圧縮時)の大容量により、カートリッジの要件を緩和
  • 最大252/800(ネイティブ/圧縮時)MB/秒のスループットが可能な優れたパフォーマンス
  • LTFS サポート
  • T10000C、T10000B、T10000Aとの読取り下位互換性
  • メディアの再利用と、オラクルのテープ・ライブラリやオラクルおよびサードパーティのデータ保護/アーカイブ・ソフトウェアとの互換性により、投資を保護
  • オラクルのStorageTek Direct Copy機能により、本番プロセスと並行したデータ移行が可能。任意のファイバチャネル・テープ・デバイスからStorageTek T10000Dにデータを直接コピーできるのでため、CPU負荷の高いデータ移行処理でホストのアプリケーションやディスク・キャッシュに負担をかけることはありません。
特長と利点をすべて表示

関連製品とソリューション


始めよう

お問い合わせ

エキスパートがお手伝いいたします

サポートについてのお問い合わせ

トピック別にサインアップ