Oracle Maintenance Wizard

アップグレードをいつでもすばやく簡単に
Maintenance Wizardを使用すれば、機能強化が加えられた最新のオラクル製品やテクノロジーへすばやく効果的に移行できます。この強力なアップグレード支援ツールは、メンテナンスとアップグレードのプロセス全体を通して作業手順をガイドすることで、アップグレードの所要時間を短縮し、アップグレードに伴う問題を回避します。

作業を最後までガイドし、順番を間違えるミスが発生するのを防止するために、タスクはステップごとに順を追って表示されます。また、必須となる重要なパッチは漏れのないようにあらかじめ定義されています。メンテナンスとアップグレードの各ステップは追跡の対象となります。具体的には、タスクの完了に要した時間が記録され、完了ステータスが監視され、プロジェクト・レポートが生成されます。さらに、Maintenance Wizardはマルチユーザー・ツールであるため、カテゴリ、製品ファミリー、タスク・レベルの組合せに基づいて、システム管理者が複数のユーザーに担当タスクを割り当てることができます。

アップグレード中に問題が発生した場合に備えて、Maintenance Wizardには問題解決を支援する機能がいくつか組み込まれています。専用のトラブル・シューティング・ページ、役立つログ・ファイル、ユーザー向けノートパッドが用意されているほか、.zipファイルを自動的に生成してサポートに送信することもできます。

利点

Oracle E-Business SuiteとOracleテクノロジーをご利用中のお客様が使用できる機能の例のごく一部をご紹介します。Maintenance Wizardを使用すると次のことが実行できます。

  • カスタマイズして作成/メンテナンス : 特定のプロジェクト要件に合わせてカスタマイズしてカテゴリや製品ファミリー、タスク、ステップなどを作成しメンテナンス
  • 異なるユーザー・タイプとしてログイン : 専用の職責と権限ごとにログイン可能
  • 複数のノードをメンテナンス : 異なるプラットフォームをまたがってメンテナンス
  • 複数のプロジェクトを同時にメンテナンス : 開発メンテナンス、本番アップグレード、テスト・パッチ適用など
  • レポート作成 : 進捗状況、タイミング統計、職責の割当てなどを示すレポートを実行
  • トラブルシューティング機能の使用 : 実行されたステップの自動ロギングや、ユーザーが各ステップにコメントを追加する機能など
お問い合わせ
Oracle Supportに関するお問い合わせはこちら
    E-mail this page    Printer View Printer View