Java™ SE 7におけるJava 2Dの拡張機能

おもな機能

おもな機能

レンダリング・パイプラインの改善

最新のX11ベースのデスクトップ向けに、新しいXRenderベースのJava 2Dレンダリング・パイプラインがサポートされます。この結果、グラフィックのパフォーマンスが向上します。 このパイプラインはデフォルトでは無効ですが、コマンドライン・プロパティ-Dsun.java2d.xrender=trueを設定することで有効にできます。 古いX11構成では、XRenderをサポートできない場合があります。 詳細形式の-Dsun.java2d.xrender=Trueを使用すると、このパイプラインが実際に有効になったかどうかを示すメッセージを標準出力できます。

このフラグのリストは、System Properties for Java 2D Technologyページに記載されています。

OpenType/CFFフォントのサポート

このJDKでは、プラットフォームにインストールされているOpenType/CFFフォントの列挙と表示ができ、また、Font.createFont APIを介してそれらのフォントを認識できるようになりました。

TextLayoutでのチベット語スクリプトのサポート

Linuxフォントのサポート強化

SolarisおよびWindowsでは、JDKの論理フォントはfontconfig.propertiesファイルに静的に指定されています。 Linuxにはさまざまな実装があるので、特定のロケールをサポートする特定のフォントが存在する保証はありません。 Java SE 7では、libfontconfigを使用して、"認識されない"Linuxプラットフォームの論理フォントに使用するフォントを選択できます。