Critical Patch Update - October 2007

オラクル社では四半期ごとに提供する「Critical Patch Updates」を基盤にした新しいセキュリティ・パッチ を提供しています。
「Critical Patch Updates」に関する一般的なFAQ

詳細につきましては、「 説明とよくある質問・回答」をご参照ください。

影響を受けるサポート対象製品及びコンポーネント

本 Critical Patch Update で示されるセキュリティの脆弱性は、下記のカテゴリーに記載された製品へ影響を及ぼします。

■カテゴリー1:
ライフタイム・サポート・ポリシー(Oracle Lifetime Support policy)における Premier Support または Extended Support対象の製品とバージョン

  • Oracle Database 10g Release 2, versions 10.2.0.2, 10.2.0.3
  • Oracle Database 10g Release 1, version 10.1.0.5
  • Oracle9i Database Release 2, versions 9.2.0.8, 9.2.0.8DV
  • Oracle Application Server 10g Release 3 (10.1.3), versions 10.1.3.0.0, 10.1.3.1.0,10.1.3.2.0, 10.1.3.3.0
  • Oracle Application Server 10g Release 2 (10.1.2), versions 10.1.2.0.1 - 10.1.2.0.2, 10.1.2.1.0, 10.1.2.2.0
  • Oracle Application Server 10g (9.0.4), version 9.0.4.3
  • Oracle10g Collaboration Suite Release 1, version 10.1.2
  • Oracle E-Business Suite Release 12, versions 12.0.0 - 12.0.3
  • Oracle E-Business Suite Release 11i, versions 11.5.8 - 11.5.10 CU2
  • Oracle Enterprise Manager Database Control 10g Release 2, versions 10.2.0.2, 10.2.0.3
  • Oracle Enterprise Manager Database Control 10g Release 1, version 10.1.0.5
  • Oracle Enterprise Manager Grid Control 10g Release 1, versions 10.1.0.5, 10.1.0.6
  • Oracle PeopleSoft Enterprise PeopleTools versions 8.22, 8.47, 8.48, 8.49
  • Oracle PeopleSoft Enterprise Human Capital Management versions 8.9, 9.0 (Absence Management Module)

■カテゴリー2:
カテゴリー1のリストに記載された製品に同梱される製品とコンポーネントには、本 Critical Patch Update に含まれる修正による影響を受けるものはありません。

■カテゴリー3:
単体のインストールではサポート期間が終了した製品でも、カテゴリー1のリストに記載された製品との組み合わせでサポート対象となる製品

  • Oracle9i Database Release 1, versions 9.0.1.5 FIPS+
  • Oracle9i Application Server Release 1, version 1.0.2.2

カテゴリー3製品向けのパッチは、これらの製品がカテゴリー1の製品の一部としてインストールされた場合にのみ適用いただけます。また、それらのパッチは、サポートされた構成と環境でのみ検証されております。なお、パッチの有効性とリリース状況については、それぞれの製品に関する文書を参照してください。

■カテゴリー4:
特定のプラットフォームにおいてのみサポートされる製品
本 Critical Patch Update に含まれる修正による影響を受けるものはありません。


対象プラットフォーム
 全てのプラットフォーム

対応方法
 各製品の影響に関しては、「説明とよくある質問・回答」の「 Risk Matrix」をご参照下さい。

●対応パッチの適用
本件は、弊社カスタマーサポートセンターより提供されている対応パッチによる問題の解決が可能です。
詳細につきましては、以下の「対応パッチの入手方法」をご参照ください。

対応パッチの入手方法
 ●日本オラクルとメンテナンスサポート契約のあるお客様
弊社カスタマーサポートセンターのCSI番号をお持ちの方は、「 Critical Patch Update パッチリリース状況」 のページにて、ご使用いただいている製品、バージョンに適合したものをご選択ください。
(こちらのページにアクセスする際に必要となるログインユーザーおよびパスワードは通常、弊社カスタマーサポートセンターのサイトにログインいただくものと同じです。)

●日本オラクルとメンテナンスサポート契約をお持ちでないお客様
パッチの提供はメンテナンスサポート契約のあるお客様に限らせていただいております。
メンテナンスサポート契約に関するお問い合わせは、ご購入先もしくは当社ディストリビューションセンターにお問い合わせいただきますようお願いいたします。

当社販売代理店
当社ディストリビューションセンタ

●日本オラクルインフォメーションシステムズ株式会社とメンテナンスサポート契約のあるお客様
PeopleSoft, JD Edwards関連製品についてのお問い合わせは、日本オラクルインフォ メーションシステムズ株式会社(旧ピープルソフト株式会社)の サポートサービス までお願い致します。

セキュリティ情報に戻る