Oracle
  C++ Call Interface

Oracle C++ Call Interface(OCCI)は、Oracleデータベースにアクセスするための高パフォーマンスで包括的なAPIです。OCCIは標準のC++およびオブジェクト指向パラダイムに基づいており、Oracleデータベース・アプリケーションの開発の生産性と品質が向上するように設計されています。

OCCIは、クライアント・サーバー・アプリケーション、中間層アプリケーション、および複雑なオブジェクト・モデリング・アプリケーションで使用されています。

機能のまとめ

SQLとPL/SQLのサポート  
OCCIは、DDL文、DML文、SELECT文、トランザクション制御、パラメータを使ったPL/SQLストアド・サブプログラムの実行、REFカーソルおよびメタデータ・アクセスにより、SQLアクセスを完全にサポートしています。すべてのOracleデータ型(Number、Date、Timestamp、Intervalなど)とLOB型(BFile、BLOB、CLOB)が、使いやすいクラスでサポートされています。

オブジェクト・アクセス  
OCCIは、オブジェクト型、継承、リレーションシップ、コレクションなどのOracleオブジェクト・リレーショナル機能にアクセスするための、使いやすいインタフェースです。OCCIでは、オブジェクトがC++クラス・インスタンスとして表示されるため、アプリケーションとデータベースがシームレスに統合されます。クライアント・オブジェクト・キャッシュを利用したナビゲーション・アクセス・メソッドにより、データベースの完全な透過性を実現します。

スケーラビリティ機能  
中間層のWebアプリケーションの場合、OCCIの接続プーリング、ステートレス接続プーリング、および文のキャッシュ機能によって、接続とリソースの最適な使用が可能です。

アドバンスト・キューイング(AQ)  
OCCI AQは、Oracle Streamsのメッセージング機能にアクセスするための、高レベルなクラスベースのインタフェースです。アプリケーションで各種メッセージのエンキュー/デキューの実行、メッセージの非同期的な使用、データベースのイベント通知でパブリッシュ・サブスクライブ・モデルを使用などが可能です。

Oracle Instant Client  
Instant Client機能を使用すると、Oracleクライアントの完全インストールが不要となりディスク容量を節約できるため、OCCIベースのアプリケーションを非常に簡単かつ迅速にデプロイできます。必要なのは、OCCIアプリケーションの実行に必要なOracle動的ライブラリがすべて含まれる、サイズの小さなアーカイブをインストールすることだけです。

関連テクノロジー

その他開発者向けリソース