管理


Oracle NoSQL Databaseでは管理サービスが提供されます。このサービスには、Webコンソールかコマンドライン・インタフェースからアクセスできます。 このサービスでは、ストレージ・ノードの構成、起動、停止、監視などの中核機能がサポートされています。

ONDB Web Console

Administration Serviceは、それ自体が高可用性を備えています。 何らかの理由でインスタンスに障害が発生した場合は、インスタンスを別のノードに移動して、データベース側で実行中の操作に影響が出ないようにすることができます。

構成変更のしやすさに加えて、Administration Serviceではパフォーマンス統計情報の収集や管理、重要なシステム・イベントのロギングによって、オンライン監視や、パフォーマンス・チューニングに対する入力を実現しています。