Javaクラスを使用したWebサービスの作成

Webサービスは、オープン標準を使用してインターネット上にビジネス機能を公開するためのメッセージング・プロトコルとプログラミング標準から成ります。 Webサービスとは、レスポンスを返すためにインターネットを介してプログラムがアクセスする、再利用可能な個別ソフトウェア・コンポーネントです。 Oracle JDeveloperのIDEを利用すると、Javaクラスを使用してWebサービスをすぐに作成できます。 作成後にはWebサービスをテストできます。それには、Oracle JDeveloperの統合サーバー上でWebサービスを実行し、Webサービスに対して生成されたプロキシを実行します。

新規アプリケーションの作成:Create Applicationウィザードを使用して、汎用アプリケーションを作成します。

Javaクラスの作成:Webサービスのオペレーションとして公開できるメソッドを含むJavaクラスを作成します。

Webサービスの作成:Create Java Web Serviceウィザードを使用して、Javaクラスを公開し、Webサービス・オペレーションとしてメソッドを公開します。

HTTP AnalyzerによるWebサービスのテスト:JDeveloperの統合サーバー・インスタンスでWebサービスを実行し、HTTP Analyzerウィンドウでサービスをテストします。

Webサービスへのプロキシの作成:Create Web Service Proxyウィザードを使用して、Webサービスへのプロキシを生成します。

プロキシを呼び出すためのコードの追加:Javaソース・エディタで、生成したJavaクライアントのmainメソッドにコードを追加してから、Javaクライアントを実行します。

 

新規アプリケーションとプロジェクトの作成

tell me more icon新規アプリケーションとプロジェクトの作成

JDeveloperアプリケーションは、組織構造の最上位レベルです。 アプリケーションの作成中に、作業しているオブジェクトの情報が格納されます。 開発中には、プロジェクトと環境設定が追跡されます。 [ 詳細はこちら]





  1. Create Applicationウィザードを開きます(「 File」→「 New」→「 General」→「 Applications」)。
  2. 例に従って、アプリケーション名 ServiceFromClassを入力します。
  3. Applica tion Template リストにある「 Generic Application 」を選択してから、「 Finish 」をクリックします。

    tell me more iconアプリケーション・テンプレート

    アプリケーション・テンプレートを使用すると、適切なテクノロジーの組合せが事前に指定されているため、標準アプリケーションのプロジェクト構造を素早く作成できます。 テンプレートから作成された新規アプリケーションは、プロジェクト階層に分割されてApplication Navigatorに表示されます。各プロジェクトには関連するテクノロジー・スコープが設定されています。 [ 詳細はこちら]




    tell me more iconIDE内

    新しいアプリケーションを作成すると、Application Overviewウィンドウがデフォルトでエディタ・ウィンドウ領域に開きます。 このウィンドウには、JDeveloper内で作成したすべてのオブジェクトがオブジェクト・タイプごとに配置されて表示されます。 新しいオブジェクトを作成したり、まだ作成していない新しいタイプのオブジェクトを参照したり、オブジェクトのコンテキスト・メニューからアクションを起動したりできます。 [ 詳細はこちら]



 

Javaクラスの作成

tell me more iconJavaクラスの作成

初期アプリケーションと初期プロジェクトを構築したあとに、新しいクラスを作成してプロジェクトに追加できます。 [ 詳細はこちら]





  1. Application Navigatorで、作成したプロジェクトを選択し、Create Java Classダイアログを開きます(「 File」→「 New」→「 General」→「 Simple Files」→「 Java Class」)。
  2. クラス名として CreditRating、パッケージ名として ratingserviceを入力します。 Optional Attributesで「 P ublic 」と「 Generate Default Constructor 」が選択されていることを確認します。 「 OK 」をクリックします。

    tell me more iconJavaクラス名とパッケージ

    ここで紹介する例に合わせるため、このステップおよびキュー・カード全体を通じて指示どおりの値を入力してください。 そうすることで、記載されているとおりにキュー・カードの手順を実行できます。 [ 詳細はこちら]



  3. Javaソース・エディタで、Webサービスのオペレーションとして公開するメソッドを追加します。
    code sample icon サンプル・コードを使用してください

    tell me more iconJavaソース・エディタ機能の使用

    エディタの挿入または置換モードは、キーボードの[Insert]キーで制御されます。 デフォルトは挿入モードです。 [Insert]を押して、挿入モードと置換モードを切り替えます。 [ 詳細はこちら]



  4. save all icon Save All をクリックして作業内容を保存します。

    tell me more iconIDE内

    Javaクラスの作成ステップが完了すると、Application Navigatorの表示は次のようになります。 [ 詳細はこちら]



 

Webサービスの作成

tell me more iconWebサービスの作成

Webサービスを素早く作成し、Javaクラスのメソッドをサービスのオペレーションとして公開できます。 [ 詳細はこちら]





  1. Application Navigatorで、「 java node icon CreditRating.java ノードを右クリックしてから、「 Cr eate Web Service 」を選択してCreate Java Web Serviceウィザードを起動します。 初期画面が表示されたら、「 Next 」をクリックします。
  2. ウィザードのステップ2、Select Deployment Platformでは、「 Java EE 1.5, with support for JAX-WS Annotations 」を選択します。 「 Next 」をクリックします。

    tell me more icon配置プラットフォームの選択

    ウィザードを使用してプロジェクトの最初のJava Webサービスを作成する際は、Select Deployment PlatformページでJava EEバージョンを選択する必要があります。Select Deployment Platformの表示は次のようになります。 [ 詳細はこちら]



  3. ステップ3、Generation Optionsでは、「 ratingservice.CreditRating」が選択されているか、あるいは Componen t to Publish ボックスに表示されていることを確認します。

    tell me more iconJavaクラスの公開

    Application NavigatorのJavaクラス・ファイルにあるコンテキスト・メニューからウィザードを起動すると、 Component To Publishフィールドには完全修飾クラス名がJDeveloperによって自動移入されます。 [ 詳細はこちら]



  4. Webサービス名として RatingService、ポート名として RatingServiceSoapHttpPortを入力します。 「 Next 」をクリックします。
  5. ステップ4、Methodsでは、 processRatingメソッドが選択されていることを確認します。 「 Next 」をクリックします。

    tell me more iconWebサービス・オペレーションとしてのメソッドの公開

    Application NavigatorのJavaクラス・ファイルにあるコンテキスト・メニューからCreate Java Web Serviceウィザードを起動すると、Webサービスのオペレーションとして公開できるJavaクラスのすべてのメソッドがJDeveloperによって自動選択されます。 [ 詳細はこちら]



  6. ステップ5、Message Formatでは、「 SOAP 1. 2 Binding 」を選択し、 SOAP Message Fo rmat ドロップダウン・リストから「 Document/Literal 」を選択します。 「 Finish 」をクリックします。
  7. save all icon Save All をクリックして作業内容を保存します。

    tell me more iconIDE内

    ウィザードを使用したWebサービス作成ステップが完了すると、Web Services Logウィンドウにメッセージが表示されます。 [ 詳細はこちら]



 

HTTP AnalyzerによるWebサービスのテスト

tell me more iconHTTP AnalyzerによるWebサービスのテスト

JDeveloperの統合サーバー・インスタンスを使用して、Webサービスを素早くテストできます。 テストを開始するには、Application NavigatorのWebサービスを右クリックし、コンテキスト・メニューから「 Test Web Service 」を選択します。 [ 詳細はこちら]





  1. Application Navigatorで、「 webservice icon CreditRating.java ノードを右クリックしてから、「 Test Web Service 」を選択します。

    tell me more icon統合 WLSでのWebサービスのテスト

    Webサービスの作成後には、期待する結果を得ることができるように、通常ではWebサービスをテストします。 JDeveloperのIDEでは、テストを目的として、統合WLSサーバー・インスタンスにWebサービスを配置できます。 [ 詳細はこちら]



  2. HTTP Analyzerウィンドウでは、パラメータ・フィールドに 123456789を入力します。 「 the send request icon Send Request をクリックします。 Responseペインには 1が表示されます。

    tell me more iconHTTP Analyzer

    HTTP Analyzerでは、HTTPリクエストとレスポンス・パケットを調査および監視できます。 「 Test Web Service 」を選択すると、編集ウィンドウの下にHTTP AnalyzerとHTTP Analyzer Instancesの小さい監視ウィンドウが表示され、JDeveloperによってDefaultServerサーバー・インスタンスにサービスが配置されます。 しばらくすると、メインHTTP AnalyzerウィンドウにRequestペインとResponseペインが並んで表示されます。 [ 詳細はこちら]



  3. アプリケーションやデフォルト・サーバー・インスタンスを終了しないでください。また、メインHTTP Analyzerウィンドウを閉じないでください。 あとでWebサービス・プロキシに対してクライアントをテストする際に、Webサービスが実行されている必要があります。 アナライザ・ウィンドウのWSDL URLを書き留めておきます。

    tell me more iconIDE内

    JDeveloper統合サーバー・インスタンスでのWebサービスをテストするステップが完了すると、IDEのメインHTTP Analyzerウィンドウの表示は次のようになります。 [ 詳細はこちら]



 

Webサービス・プロキシの作成

tell me more iconWebサービス・プロキシの作成

JDeveloperを使用すると、Create Web Service Proxyウィザードでサービスへのプロキシを作成して、アプリケーションでWebサービスを簡単に使用できます。 Webサービス・プロキシを使用すると、クライアント・アプリケーションからWebサービスにアクセスできます。 [ 詳細はこちら]





  1. Create Generic Projectウィザードを開き(「 File」→「 New」→「 General」→「 Projects」→「 Generic Project」)、新しいジェネリック・プロジェクトを作成します。 プロジェクト名として RatingProxyを入力してから、「 Finish 」をクリックします。
  2. Application Navigatorでは、先ほど作成したプロジェクトを選択し、Create Web Service Proxyウィザードを起動します(「 File」→「 New」→「 Business Tier」→「 Web Services」→「 Web Service Proxy」)。 ウィザードの初期画面で、「 Next 」をクリックします。

    tell me more iconWebサービス・プロキシ

    JDeveloperによって、Webサービスとの通信方法を定義する記述言語であるWebサービス記述言語(WSDL)からWebサービス・プロキシ・クラスが作成されます。 [ 詳細はこちら]



  3. ステップ2、Select Client Styleでは、「 JAX-WS Style 」を選択します。 「 Next 」をクリックします。
  4. ステップ3、Select Web Service Descriptionでは、 WSD L Document URL フィールドに前のキュー・カードのアナライザ・ウィンドウから書き留めておいたWSDL URLを入力します。 「 Copy WSDL Into Project 」が選択されていることを確認します。 「 Next 」をクリックします。

    tell me more iconWebサービス記述の選択

    Webサービス記述言語(WSDL)を参照するには、URLを使用する方法と、既存のWebサービス記述ドキュメント・ファイルを使用する方法の2つがあります。 [ 詳細はこちら]



  5. ステップ4、Specify Default Mapping Optionsでは、パッケージ名として ratingproxy.proxy、ルート・パッケージ名として ratingproxy.proxy.typesを入力します。 「 Next 」をクリックします。
  6. ステップ5、Port Endpointsでは、「 Run against a service deployed to Integrated WLS 」を選択します。 「 Finish 」をクリックして、ウィザードを終了します。
  7. save all icon Save All をクリックして作業内容を保存します。

    tell me more iconIDE内

    Webサービス記述からWebサービス・プロキシを作成するステップが完了すると、Javaソース・エディタにJavaクライアント・ファイルが表示されます。Application Navigatorの表示は次のようになります。 [ 詳細はこちら]



 

Webサービス・プロキシを呼び出すためのJavaクライアントの作成

tell me more iconWebサービス・プロキシを呼び出すためのJavaクライアントの作成

前のキュー・カードでは、Webサービス記述からWebサービス・プロキシを作成するステップが完了したあとで、ほかのWebサービス・プロキシ・ファイルとともにJavaクライアント・ファイルがJDeveloperによって生成されました。 [ 詳細はこちら]





  1. まだ開いていない場合は、Application Navigatorで「 java node icon RatingServiceSoap12HttpPortClient.java をダブルクリックし、Javaソース・エディタで開きます。
  2. エディタでは、必要なメソッドを呼び出すために、mainメソッドにコードを追加します。

    tell me more iconJavaクライアント

    前のカードでWebサービス・プロキシを生成するためにウィザードを使用した際には、プロキシに接続できるJavaクライアントである RatingServiceSoap12HttpPortClient.javaファイルもJDeveloperによって自動生成されました。 [ 詳細はこちら]




    code sample icon サンプル・コードを使用してください
  3. the save all icon Save All をクリックして作業内容を保存します。
  4. Application Navigatorで、「 java node icon RatingServiceSoap12HttpPortClient.java ノードを右クリックしてから、「 R un 」を選択します。

    tell me more iconJavaクライアントの実行

    Webサービス・プロキシへのJavaクライアントをテストする前に、クライアント・リクエストを処理するためにWebサービスが稼動している必要があります。 [ 詳細はこちら]




    tell me more iconIDE内

    Javaクライアントを実行すると、 RatingProxy.jprログ・ウィンドウにはレスポンス値 1が表示されます。 [ 詳細はこちら]



 













Copyright © 1997, 2008, Oracle. All rights reserved.