Java Swingアプリケーションの構築

アプリケーション・ファイルを編成するプロジェクト、実行可能なアプリケーション・クラス・ファイル、およびUIコントロールを配置できるフレーム・クラ スを迅速に作成できます。 さらに、Oracle JDeveloperのIDEを操作して、アプリケーションの開発、コンパイル、実行、デバッグ、最適化を実行します。

新規アプリケーションとプロジェクトの作成:Create Applicationダイアログを使用して、Java Swingアプリケーションの新しいアプリケーションとプロジェクトを作成します。

Javaアプリケーションの作成:Create Java Applicationダイアログを使用して、Java Swingアプリケーションのスケルトン・ファイルを作成します。

UIの開発:Javaビジュアル・エディタを使用して、Swingコンポーネントを使用したJavaアプリケー ションのユーザー・インタフェース(UI)の要素を簡単にまとめることができます。

コーディングの終了:開発を終了するには、ソース・ファイルの編集時のJavaコード・インサイトやイン ポート文支援などの機能を提供するJavaソース・エディタを使用します。

コンパイル:Oracle Java Compilerの高速かつ高度な機能を使用して、プロジェクトを構築します。オプションとしてJavacを使用して構築する場合もあります。

実行:システム・ナビゲータからアプリケーション・ファイルまたはプロジェクトを実行し、オプションで mainメソッドを指定します。

デバッグ:UIデバッガを使用して、デバッグ中のプログラムの実行を制御します。

 

新規アプリケーションとプロジェクトの作成

tell me more iconアプリケーションと プロジェクトの作成

アプリケーション制御ファイルは、組織構造の最上位レベルです。 アプリケーションの作成中に、操作しているオブジェクトの情報が格納されます。 Javaプログラムの開発中には、プロジェクトと環境設定が追跡されます。 [ 詳細はこちら]

  1. Create Applicationダイアログを開きます(「 File」→「 New」→「 General」 →「 Applications」→「 Application」)。
  2. アプリケーション名に MySwingApplicationを入力して、例に従います。
  3. Applica tion Template ドロップ ダウン・リストから「 Java Desktop Application 」を選 択し、「 OK 」をクリックします。

    tell me more iconアプリケーション・ テンプレート

    アプリケーション・テンプレートを使用すると、標準アプリケーション向けのプロジェクト構造を素早く作成できます。このプロジェクト構造に は、適切なテクノロジーの組合せが事前に指定されています。 テンプレートから作成された新しいアプリケーションがアプリケーション・ナビゲータに表示されます。関連するテクノロジー・スコープが設定され、プロジェ クト階層に分割されています。 選択したアプリケーション・テンプレートによって、初期のプロジェクト構造(アプリケーション内の名前つきプロジェクト・フォルダ)および追加されるライ ブラリが決定されます。 プロジェクト・テンプレートは、関連するテクノロジーを定義します。 既存のテンプレートを変更したり、新しいテンプレートを作成したりすることができます。 使用しているテクノロジーに合わせて選択できるように、Oracle JDeveloperで実行する処理をフィルタできます。 [ 詳細はこちら]


    tell me more iconIDE内

    Java Desktop Applicationテンプレートに基づくアプリ ケーションを作成する場合、Oracle JDeveloperは、 Client.jprというプロジェクト・ファイルを追加 します。したがって、アプリケーション・ナビゲータは、次のように表示されます。 [ 詳細はこちら]

 

Javaアプリケーションの作成

tell me more iconJavaアプリケー ションの作成

実行可能なアプリケーション・クラス・ファイルおよびUIコントロールを配置できるフレーム・クラス(オプション)を迅速に作成できます。 [ 詳細はこちら]

  1. アプリケーション・ナビゲータで、作成したプロジェクトを選択し、Create Java Applicationダイアログを開きます(「 File」 →「 New」→「 Client Tier」→「 Swing/AWT」→「 Java Application」)。

    tell me more iconJavaアプリケー ション・ファイル

    Create Java Applicationダイアログと後続のCreate Frameダイアログを使用する場合、Oracle JDeveloperは、スケルトン・アプリケーション・ファイル(デフォルト名は Application1.java)およ びフレーム・ファイル(デフォルト名は Frame1.java)をプロジェクトに追加します。 [ 詳細はこちら]

  2. クラスのデフォルトの名前とパッケージを受け入れます。
  3. Optional Attributesで、新しいフレームを作成するデフォ ルトを受け入れて、「 OK 」をクリックします。
  4. Create Frameダイアログで、クラスのデフォルトの名前とパッケージを受け入れます。
  5. Optional Attributesで、フレームのタイトルを入力し、この最 初のフレームのメニュー・バー、ステータス・バー、およびAboutボックスを作成するオプションを選択します。 「 OK 」をクリックします。

    tell me more iconIDE内

    Javaアプリケーションを作成する場合、すべてのノードが展開されるとアプリケーション・ナビゲータが次のように表示されます。 [ 詳細はこちら]

 

Javaビジュアル・エディタを使用した編集

tell me more iconJavaビジュア ル・エディタを使用した編集

Oracle JDeveloperのJavaビジュアル・エディタを使用すると、Swingコンポーネントを使用したJavaアプリケーションのユーザー・インタ フェース(UI)の要素を迅速かつ容易にまとめることができます。 コンポーネント・パレットからボタン、テキスト領域、リスト、ダイアログ、メニューなどのJavaBeansを使用したUIを構築します。 次に、コンポーネント・プロパティの値を設定し、イベント・ハンドラ・コードをコンポーネント・イベントに関連づけます。 [ 詳細はこちら]

  1. コンポーネント・パレットのSwingページの Componentsパネルで、 JButtonコンポーネント「 JButton」を選択して、ビジュアル・エディタのフ レームにドラッグ・アンド・ドロップします。
  2. クリックしてグラブ・バーを表示し、バーをドラッグして、コンポーネントのサイズを変更します。
  3. フレーム内のバーをクリックおよびドラッグして、コンポーネントの位置を変更します。
  4. プロパティ・インスペクタの「 Visual」タブを選択し、 textフィー ルドに Click hereと入力して、ボタンに表示されるデフォルトのテキストを変更します。

    tell me more iconプロパ ティ・インスペクタを使用した編集

    プロパティ・インスペクタを使用して、コンポーネント・プロパティを確認および設定し、メソッドをコンポーネント・イベントに関連づけま す。 プロパティ・インスペクタの変更は、Javaビジュアル・エディタおよびソース・コードに反映されます。 プロパティ・インスペクタは、Javaビジュアル・エディタのコンポーネント選択プロパティを表示します。 カテゴリ別にコンポーネントが編成されるので、ツールバーの Searchフィールドで簡単に配 置できます。 [ 詳細はこちら]

  5. ボタンを選択したまま、プロパティ・インスペクタの「 Events 」 タブを選択し、「 actionPerformed(...) 」参照ボタンをク リックして、Edit Propertyダイアログを開きます。 「 OK」をクリックして、イベント・ハンドラから呼び出される生成された メソッド・スタブの名前として jButton1_actionPerformedを受け入れます。
  6. saveSave allをクリックして作業内容を保存します。

    tell me more iconIDE 内

    actionPerformedイベントを挿入すると、メソッドが生成され、編集できるようにソース・エディタ が自動的にソース・ビューに切り替えられます。 [ 詳細 はこちら]

 

Javaソース・エディタを使用した編集

tell me more iconJava ソース・エディタを使用した編集

Javaソース・エディタで使用できる機能は、以下のとおりです。 [ 詳細はこちら]

  1. ボタンのアクション実行イベントを追加するため、ソース・エディタでサンプル・コードをOracle JDeveloper生成コードに追加します。
    code sample icon サ ンプル・コードを使用してください
  2. 独自のコードを(オプションで)追加するには、入力してJavaコード・インサイトをアクティブにします。

    tell me more iconJava ソース・エディタ機能の使用

    Javaコード・インサイト

    コード・インサイトをアクティブにするには、入力を始めてください。 たとえば、Java文の System.out.println("Hello world");を開始する場合に System.と入力すると、Javaソース・エディタが次のように表示され ます。 [ 詳細はこちら]

  3. クラスを参照する場合にインポート文を(オプションで)追加するには、ギザギザの線の下に表示される文の名前を選択します。
  4. コードの特定の問題について、コード・アシストによる修正案を(オプションで)表示するには、左余白の「 code assist iconCode Assistア イコンをクリックします。

    tell me more iconIDE 内

    コード・サンプルを追加した場合、Javaソース・エディタの下部のコードが次のように表示されます。 [ 詳細はこちら]

 

Javaアプリケーションのコンパイルと実行

tell me more iconJava アプリケーションのコンパイルと実行

任意の組合せ(アプリケーション全体、プロジェクト全体、または特定のJavaファイル)でアプリケーションの複数のノードをコンパイルできます。 「 Tools then choose P roject Properties then choose Compiler 」を選択して、デフォルトのコンパイラの指定を含むさまざまなコンパイラ 設定をカスタマイズできます。 [ 詳細はこちら]

  1. アプリケーション・ナビゲータでプロジェクトを右クリックし、「 Ma ke 」 を選択します。

    tell me more iconMake またはRebuildの選択

    Run 、コンテキスト・メニュー、またはツールバーから、 Ma ke あるいは Reb uild コ マンドを選択してコンパイルできます。 [ 詳細はこちら]

  2. プロジェクトの完了後、アプリケーション・ナビゲータでプロジェクトを右クリックして、「 Run 」 を選択します。
  3. Choose Default Run Targetダイアログで、デフォルトの実行ターゲットとしてmainメソッドを含む「 Application1.java 」 を選択します。 「 OK 」をクリックします。

    tell me more iconIDE 内

    デフォルトの実行ターゲットがProject Propertiesダイアログの Run/Debug/Profile設 定で指定されていないプロジェクトを実行すると、Choose Default Run Targetダイアログが表示されます。 [ 詳細はこちら]

 

Javaクラスの作成

tell me more iconJava クラスの作成

プロジェクト・ファイルの最初のセットを構築したあと、新しいクラスを作成してプロジェクトに追加できます。 [ 詳細はこちら]

  1. アプリケーション・ナビゲータで、「 Client 」プロジェクトを 選択し、Create Java Classダイアログを開きます(「 File」→「 New」→「 General」 →「 Java Class」)。
  2. クラス名とパッケージ名を入力します。サンプル・コードを使用している場合は、クラス名に Class1と入力しま す。
  3. サンプル・コードを使用する場合、「 Bro wse 」 をクリックしてクラス・ブラウザを使用し、 Extends フィールドに javax.swing.JDialogと 入力します。
  4. Optional Attributesで、「 Generate Default Constructor 」の選択を解 除して、 Generate Main Method が選択されていないことを 確認します。 「 OK 」をクリックします。
  5. エディタ・ウィンドウで、上部の「 Frame1.java 」タブに 続いて下部の「 Source 」タブをそれぞれ選択し、ソース・エディタの「 Frame1.java 」 ファイルを開きます。 次に、アプリケーションにこの新しいJavaクラス・ファイルを挿入するコードを追加します。
    code sample icon サ ンプル・コードを使用してください
  6. 変更の完了後、アプリケーション・ナビゲータで「 Client 」プ ロジェクトを右クリックして、「 Run 」を選択します。

    tell me more iconIDE 内

    Javaクラスを作成する場合、アプリケーション・ナビゲータは、次のように表示されます。 [ 詳細はこちら]

 

Java Swingアプリケーションのデバッグ

tell me more iconJava Swingアプリケーションのデバッグ

Oracle JDeveloperの標準的なJavaおよびPL/SQLデバッガ機能以外に、Oracle JDeveloperは、とくにAWTとSwingベースのクライアント・アプリケーションやアプレットのグラフィカル・ユーザー・インタフェース (GUI)をデバッグするサポートも提供します。 [ 詳 細はこちら]

  1. Debug  UI Debug Client.jpr 」を選択して、プロジェクトのデフォルト・ター ゲットを開始し、アプリケーションを実行します。
  2. アプリケーションの起動後、UI Treeウィンドウの Snapshotアイコン 「 」をクリックします。

    tell me more iconUI Debuggerウィンドウ

    3つのドッキング可能なウィンドウを通じて、Oracle JDeveloperで公開されるUIデバッガ機能を使用できます。 UI TreeウィンドウおよびUI Outlineウィンドウは、UIデバッガを起動すると自動的に表示されます。 イベントを最初に追跡する場合には、Eventsウィンドウが表示されます。 「 View then choose UI Debugger then choose Outline 」、「 Tree 」、 または「 Events 」を選択し、3つのすべてのウィンドウを切り替えられま す。 [ 詳細はこちら]

  3. UI Treeウィンドウの「 client.Frame1(0) 」 コンポーネントを右クリックし、コンテキスト・メニューから「 Trace Events 」 を選択して、Trace Eventsダイアログを開きます。
  4. リストから「 java.awt.event.MouseListener 」 を選択し、「 OK 」をクリックします。
  5. アプリケーションを前面に移動し、マウスをフレームに配置して、Eventsウィンドウの生成されたイベントを確認します。
  6. Terminateアイコン「 terminate icon」をクリック して、デバッグ・セッションを終了します。

    tell me more iconIDE内

    UIデバッガを起動すると、Logウィンドウが開いて、デバッギング・トレースが表示されます。 Smart Data、Data、およびWatchesページも表示されます。 [ 詳細はこちら]