新規アプリケーションとプロジェクトの作成

tell me more icon新規アプリケーショ ンとプロジェクトの作成

Oracle JDeveloperアプリケーションは、組織構造の最上位レベルです。 アプリケーションの開発中に、操作しているオブジェクトの情報がここに格納されます。 同時に、プロジェクトとすべての環境設定が追跡されます。 [ 詳細はこちら]

  1. Create Applicationダイアログを開きます(「 File」→「 New」→「 General」 →「 Applications」→「 Application」)。
  2. このキュー・カードの例に合わせるため、アプリケーション名として JSFApplicationと入力します。
  3. Applica tion Template リストボックスから「 No Template [All Technologies] 」を選択し、「 OK 」をクリックします。
  4. プロジェクト名はデフォルトのままにして、「 OK 」をクリックしま す。

    tell me more iconアプリケーション・テンプレート

    アプリケーション・テンプレートを使用すると、標準アプリケーション向けのプロジェクト構造を素早く作成できます。このプロジェクト構造に は、適切なテクノロジーの組合せが事前に指定されています。 テンプレートから作成された新規アプリケーションがアプリケーション・ナビゲータに表示される際、各プロジェクトには関連するテクノロジー・スコープが設 定され、プロジェクト階層に分割されます。 [ 詳細は こちら]


    tell me more iconIDE内

    新しいアプリケーションを作成すると、Application Overviewウィンドウがデフォルトでエディタ・ウィンドウ領域に開きます。 このウィンドウには、Oracle JDeveloper内で作成されるすべてのオブジェクトがオブジェクト・タイプごとに配置されて表示されます。 新しいオブジェクトを作成したり、まだ作成していない新しいタイプのオブジェクトを参照したり、オブジェクトのコンテキスト・メニューからアクションを起 動したりできます。 [ 詳細はこちら]

 

JSFページの作成

tell me more iconJSFページの作成

例に合わせるため、各キュー・カードの指示にしたがって、値を入力するかオプションを選択します。 そうすることで、記載されているとおりにキュー・カードの手順を実行できます。 [ 詳細はこちら]

  1. アプリケーション・ナビゲータで先ほど作成したプロジェクトを選択し、Create JSF Pageウィザードを起動します(「 File」 →「 New」→「 Web Tier」→「 JSF」→「 JSF Page」)。
  2. Create JSF Pageダイアログで、ファイル名として Start.jspを入力します。
  3. Page Implementation 」を展開して、 D o Not Automatically Expose UI Components in a Managed Bean チェックボックスが選択されていることを確認します。 「 OK 」 をクリックします。

    tell me more iconコンポーネント・バ インディング

    ウィザードを使用してJSFページを作成する際には、UIコンポーネントをプログラムで操作できるようにするために、ページ上のコンポーネ ントをマネージドBean内に公開するかどうかを指定できます。 指定可能なオプションは、Create JSF Pageウィザードの Page Implementationセクションに一覧表示されます。 この例では、ページ作成時に自動コンポーネント・バインディングを 使用しないように選択します。 [ 詳細はこちら]


    tell me more iconIDE内

    JSFページの作成ステップが完了すると、アプリケーション・ナビゲータは次のように表示されます。 [ 詳細はこちら]

 

UIの設計

tell me more iconUIの設計

ユーザー・インタフェースを作成するには、JSF UIコンポーネントをJSFページに追加します。 この例では、統合ツール(すなわち、コンポーネント・パレット、JSP/HTMLビジュアル・エディタ、プロパティ・インスペクタ)を組み合わせて使用す ることで、ユーザー・インタフェースを設計します。 これらのいずれかのツールでページを変更すると、変更した内容がほかのツールにも反映されます。 [ 詳細はこちら]

  1. まだ開いていない場合は、アプリケーション・ナビゲータ内で「 JSF page iconStart.jspを ダブルクリックして、ビジュアル・エディタ内にページを開きます。
  2. コンポーネント・パレットで、ドロップダウン・リストから「 JSF 」 を選択し、「 HTML 」パネルを展開します。

    tell me more iconタグ・ライブラリと コンポーネント

    ページを作成した時点で、JSFコンポーネントを提供する次の2つのJSFライブラリがページ内に含まれました。 [ 詳細はこちら]

  3. input text iconInput Textをクリックし、ビジュアル・エディタ内のページにドラッグして、入力テキスト・ フィールドを追加します。
  4. command button iconコマンド・ボタンをクリックし、追加した入力フィールドの横にドラッグ・アンド・ドロップします。 プロパティ・インスペクタの Commonセクションで、「 Value 」フィールドをクリックし、デフォルトのテキストを Click hereに変更します。 [Enter]を押します。

    tell me more icon標準JSFコンポー ネント・タグ属性

    Oracle JDeveloper内で標準のJSFコンポーネントを使用している際は、プロパティ・インスペクタ内でコンポーネント・タグ属性を表示および設定できま す。 大部分の標準JSFコンポーネント・タグ属性には、JSF Expression Language(EL)を使用して、値式( #{ expression} ) を指定できます。 たとえば、 #{personData.username}となります。 [ 詳細はこちら]

  5. コンポーネント・パレットで、ドロップダウン・リストから「 HTML 」 を選択し、「 Common 」パネルを展開します。 「 Line Break 」をクリックし、ページ上のコマンド・ボタンの横にドラッグ・アン ド・ドロップします。
  6. 構造ウィンドウで「 br 」を右クリックし、「 Insert after br then choose JSF HTML 」 を選択します。 Insert JSF HTML Itemダイアログで、「 output text iconOutput Textを選択し、「 OK 」 をクリックします。 これで、入力テキスト・フィールドの下に出力テキスト・フィールドが追加されます。
  7. 出力テキスト・コンポーネントのプロパティ・インスペクタの Commonセクショ ンで、「 Value 」フィールドをクリックします。 テキスト outputText1を削除し、ページの出力テキスト・フィールドを空のままにします。
  8. saveall iconSave Allをクリックして作業内容を保存します。

    tell me more iconIDE内

    UIの設計ステップが完了すると、 Start.jspページのビジュアル・エ ディタには、ユーザーがデータを入力するための入力フィールドと、アクションを起動するためのボタンが追加されます。 デフォルトの出力テキスト値を削除したため、出力テキスト・フィールドはページ上で不可視化されています。 [ 詳細はこちら]

 

コードを使用した動作の変更

tell me more iconコードを使用した動 作の変更

ここでは、メソッドを作成し、 Start.jspページ上のコマンド・ボタン・コンポーネントに関連づけます。 このメソッドはユーザーがテキスト・フィールドに入力した値を取得して、入力フィールドの下の出力テキスト・フィールドに表示します。 [ 詳細はこちら]

  1. エディタ・ウィンドウで、ウィンドウ上部にある「 JSF page iconStart.jspを クリックし、ページが現在フォーカスされていることを確認します。
  2. メイン・メニューで、「 Desi gn then choose Page Properties 」を選択します。 Page Propertiesダイアログで、「 Component Binding 」タブを選択し、「 Auto Bind 」 チェックボックスをオンにします。

    tell me more icon自動コンポーネン ト・バインディング

    ページの自動コンポーネント・バインディングを有効にするには、次のいずれかの方法を使用します。 [ 詳細はこちら]

  3. Managed Bean ドロップダウン・リストの横の「 N ew 」をクリックします。 Create Managed Beanダイアログで、Bean名として backing_startを、クラス名として StartInfoを 入力します。 パッケージ名として project1.backingを入力します。 Generate Class If It Does Not Exist チェックボック スがオンになっていることを確認してから、「 OK 」をクリックします。 「 OK 」をクリックして、Page Propertiesダイアログを閉じます。

    tell me more iconJSFマネージド Bean

    JSFを使用すると、ユーザー・インタフェース内のコンポーネントを任意のJavaBeanに直接バインドできますが、JSFマネージド Beanを使用する方法が最適です。 [ 詳細はこちら]

  4. ビジュアル・エディタ内で、コマンド・ボタンをダブル・クリックして、Bind Action Propertyダイアログを開きます。 ダイアログで、 Managed Bean ドロップダウン・リストに backing_startが表示されていることを確認します。 Me thod ドロップダウン・ボックスには commandButton1_actionと 入力されています。 「 OK 」をクリックします。
  5. 必要であれば、エディタ・ウィンドウの上端にある「 javanode iconStartInfo.javaタ ブを選択します。
  6. Javaソース・エディタ内で、入力テキスト・フィールドに入力された値を取得し、出力テキスト・フィールドに表示するコードを入力します。
    code sample icon サンプル・コードを使用してください
  7. saveall iconSave Allをクリックして作業内容を保存します。
  8. アプリケーション・ナビゲータで、「 JSF page iconStart.jspを 右クリックし、「 Run 」を選択してJSFアプリケーションを実 行します。

    tell me more iconJSFページの実行 とテスト

    Oracle JDeveloperは、統合されたOracle Containers for Java EE(OC4J)と呼ばれるJava EEランタイム・サービスを備えています。このランタイム・サービスを使用すると、Oracle JDeveloper IDEから、アプリケーションとそのプロジェクトをJava EEコンテナ内のJava EEアプリケーションとして実行およびテストできます。 デフォルトでは、Oracle JDeveloperにバンドルされたスタンドアロンOC4Jのインスタンスを参照する、DefaultServerという名前のサーバー・インスタンス が自動的に構成されます。 特別な接続設定は必要ありません。 アプリケーション・プロジェクト全体または個々のJSFページを実行できます。 [ 詳細はこちら]


    tell me more iconIDE内

    このステップが完了すると、アプリケーション・ナビゲータは次のように表示されます。 [ 詳細はこちら]