tell me more icon新規アプリケーションとプロジェクトの作成

Oracle JDeveloperアプリケーションは、組織構造の最上位レベルです。 アプリケーションの開発中に、操作しているオブジェクトの情報がここに格納されます。 同時に、プロジェクトとすべての環境設定が追跡記録されます。

新規アプリケーションの作成を開始するには、Create Applicationダイアログを開きます。 Create Applicationダイアログを開くには、アプリケーション・ナビゲータで「 New Application 」をクリックします。

アプリケーション・ナビゲータ、New Applicationアイコン

アプリケーションが開いている場合、ドロップダウン・リストから「 New Application 」を選択します。

New Applicationドロップダウン・オプション

Oracle JDeveloperアプリケーションを使用すると、作成するアプリケーションのタイプ(WebアプリケーションやJavaアプリケーションなど)に応じて、ビルトイン・テンプレートに基づく環境の事前定義済みタイプを指定できます。 選択したテンプレートによって、初期のプロジェクト構造が決定されます。これは、アプリケーション・ワークスペース内の名前付きプロジェクト・フォルダです。 既存のテンプレートを変更することも、新規テンプレートを作成することもできます。 この例では Generic Applicationテンプレートの使用を選択します。このテンプレートでは、Oracle JDeveloperがサポートするすべてのテクノロジーの関連オブジェクトを1つのプロジェクトから使用できます。

Oracle JDeveloperのプロジェクトを使用して、関連するファイルが論理的にグループ化されます。 プロジェクトによって、ソース・ファイル、パッケージ、クラス、イメージ、およびプログラムで必要なそのほかの要素が追跡されます。 ソース・コードのアクセス、変更、再利用を簡単にするために、複数のプロジェクトをアプリケーションに追加できます。

プロジェクトでは、コンパイルやプログラムの実行時に使用するソース・パスや出力パスなどの環境変数を管理します。 また、プロジェクトには、コンパイラ、ランタイム、デバッグに関するオプションが用意されており、プロジェクトごとにこれらのツールの動作をカスタマイズできます。

アプリケーション・ナビゲータでは、プロジェクトは階層内の最上位レベルとして表示されます。