tell me more iconアプリケーション・テンプレート

アプリケーション・テンプレートを使用すると、標準アプリケーション向けのプロジェクト構造を素早く作成できます。このプロジェクト構造には、適切なテクノロジーの組合せが事前に指定されています。 テンプレートから作成された新規アプリケーションがアプリケーション・ナビゲータに表示される際、各プロジェクトには関連するテクノロジー・スコープが設定され、プロジェクト階層に分割されます。

新規アプリケーションを作成する場合、いくつかのテンプレートから選択できます。

Create Generic Applicationダイアログ

選択したアプリケーション・テンプレートによって、初期のプロジェクト構造(アプリケーション内の名前つきプロジェクト・フォルダ)および追加されるアプリケーション・ライブラリが決定されます。 アプリケーション内のプロジェクトにより、関連するテクノロジーが定義されます。 また、使用しているテクノロジーに合った選択肢のみが使用できるように、Oracle JDeveloperで実行する処理がアプリケーション・テンプレートによりフィルタリングされます。

選択したテクノロジーを追加(または削除)するために各アプリケーション・テンプレートをカスタマイズできます。 テンプレートの変更や新規テンプレートの作成をおこなうには、メイン・メニューから「 Tools 」→「 Ma nage Templates 」を選択します。

Manage Templatesダイアログ

適切なテンプレートを使用してアプリケーションを作成したあとも、アプリケーションに使用できるテクノロジーを調整できます。

  • 新規プロジェクトをアプリケーションに追加し、設定するテクノロジーを指定できます。 これを実行するには、アプリケーション・ナビゲータでアプリケーション名を右クリックして、「 New Project 」を選択し、New Galleryでプロジェクトを作成します。 New Galleryで All Technologiesタブを選択すると、現在のプロジェクトのテクノロジー・スコープやアイテムが適用されるテクノロジーに関係なく、ギャラリから作成可能なすべてのアイテムが表示されます。
  • 既存のプロジェクトにテクノロジーを追加することもできます。 これを実行するには、アプリケーション・ナビゲータでプロジェクトを右クリックして、「 Proj ect Properties 」を選択します。 次に、Project Propertiesダイアログで、「 Technology Scope 」を選択します。 すると、 Available Technologies からどれでもプロジェクトに追加できるようになります。

既存プロジェクトにテクノロジーを追加すると、そのテクノロジーで提供されるJSPタグ・ライブラリがOracle JDeveloperによって自動的に追加されます。 そのほかのJSPタグ・ライブラリを手動で既存プロジェクトに追加することもできます。 これを実行するには、アプリケーション・ナビゲータでプロジェクトを右クリックして、「 Proj ect Properties 」を選択します。 次に、Project Propertiesダイアログで、「 JSP Tag Libraries 」を選択します。