tell me more iconIDE内

新しいアプリケーションを作成すると、Application Overviewウィンドウがデフォルトでエディタ・ウィンドウ領域に開きます。 このウィンドウには、Oracle JDeveloper内で作成されるすべてのオブジェクトがオブジェクト・タイプごとに配置されて表示されます。 新しいオブジェクトを作成したり、まだ作成していない新しいタイプのオブジェクトを参照したり、オブジェクトのコンテキスト・メニューからアクションを起動したりできます。

Application Overviewウィンドウの一部

このアプリケーションのオブジェクトを作成する際には使用しないので、任意でApplication Overviewウィンドウを閉じることができます。

新しいアプリケーションとプロジェクトの作成ステップが完了すると、アプリケーション・ナビゲータの Projectsパネルは次のように表示されます。

アプリケーション・ナビゲータ、Projectsパネル

アプリケーションで使用した Generic Applicationテンプレートによって、1つのプロジェクトが作成されています。このプロジェクトには、デフォルトのプロジェクト名または事前に入力されたプロジェクト名が指定されています。 アプリケーション・ナビゲータでは、プロジェクトは階層内の最上位レベルとして表示されます。

アプリケーション・ナビゲータのいずれのパネルも開いたり閉じたりできます。 アプリケーション・ナビゲータと構造ウィンドウの分割線をドラッグすると、開いているパネルのサイズを大きくできます。 navigator display options iconNavigator Display Optionsメニューを使用すると、開いているパネル内の項目のグループ化やソートをおこなうことができます。

Navigator Display Optionsのポップアップ・メニュー

アプリケーションを操作するには、「 application icon」Applicationメニューをクリックしてオプションを選択します。

アプリケーション・メニュー・オプション

Oracle JDeveloperでは、アプリケーションの開発中に使用しているプロジェクト(関連ファイルの集合)がアプリケーションによって追跡されます。 それぞれのプロジェクトに含まれるファイルは、たとえば多層アプリケーションにおける各層に相当する場合もあれば、複雑なアプリケーションにおける各サブシステムに相当する場合もあります。 これらのファイルはどのディレクトリに配置されていても、1つのプロジェクトに含めることができます。

Oracle JDeveloperには多種多様なファイル・タイプを識別する機能が備わっており、アプリケーション・ナビゲータでファイルをダブルクリックすると、適切なビューアまたはエディタでファイルが表示されます。 アプリケーションまたはプロジェクトを終了すると、そのアプリケーションまたはプロジェクトのファイルを表示していたすべてのエディタまたはビューアが閉じられ、メモリからファイルがアンロードされます。

注:アプリケーション・ナビゲータ内でノードがイタリック体で表示される場合、これらの要素は保存されていないことを意味します。しかし、作成したアプリケーションとプロジェクトは自動的に保存されています。 プロジェクトに含まれるファイルが選択されているか、エディタで開かれている場合、プロジェクト・ノードは太字で表示されます。