tell me more iconJSFページの作成

JavaServer Facesを使用したアプリケーションによって作成されるJSFページは、JSPページ(ファイル拡張子は .jsp)またはJSPドキュメント(ファイル拡張子は .jspx)です。

Create JSF Pageウィザードを使用してJSFページを作成し、次のいずれかの方法でJSFページを開きます。

  • New Gallery
  • JSFナビゲーション・ダイアグラマ
  • Oracle ADF Task Flowダイアグラマ

Create JSF Pageウィザードを起動するには、アプリケーション・ナビゲータでプロジェクトを右クリックして、「 New 」を選択します。 次に、New Galleryで、「 Web Tier 」カテゴリを展開して「 JSF 」を選択し、 Items リストから「 JSF Page 」を選択します。

Create JSF Pageウィザード・ダイアログ

新規のJSFページをJSPページ(拡張子は .jsp)として作成すると、JSF CoreおよびHTMLタグ・ライブラリの1つのJSP pageディレクティブと2つの taglibディレクティブを用いて、初期ページ構造が自動的に作成されます。 初期ページに含まれるそのほかの要素には、ページのレイアウト用要素、とくに <f:view></f:view>で囲まれたほかのすべての要素があります。

                         
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<%@ page contentType="text/html;charset=windows-1252"%>
<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/html" prefix="h"%>
<%@ taglib uri="http://java.sun.com/jsf/core" prefix="f"%>
<f:view>
  <html>
    <head>
      <meta http-equiv="Content-Type"
            content="text/html; charset=windows-1252"/>
      <title>Register</title>
    </head>
    <body>
      <h:form></h:form>
    </body>
  </html>>
</f:view>
                      

作成時に、ページ上のコンポーネントをバッキングBeanにバインドするかどうかと、その方法も指定します。 新しいページ用に使用するページ・テンプレートを任意で指定することもできます。