tell me more iconコンポーネント・バインディング

このキュー・カードの例に合わせるため、このステップおよびキュー・カード全体を通じて指示どおりの値を入力するかオプションを選択してください。 そうすることで、記載されているとおりにキュー・カードの手順を実行できます。

JSFページを作成する際には、UIコンポーネントをプログラムで操作できるようにするために、ページ上のコンポーネントをバッキングBean内に公開するかどうかを指定できます。 指定可能なオプションは、Create JSF Pageウィザードの Page Implementationセクションに一覧表示されます。 この例では、マネージドBeanへの自動コンポーネント・バインディングを 使用しないように選択します。

Create JSF Pageダイアログ、Page Implmentationの表示

UIコンポーネントをマネージドBean内で自動的に公開するように指定すると、Oracle JDeveloperは、新規のJSFページを作成するたびに自動的にバッキングBeanを作成します。 ページ上にコンポーネントをドロップすると、Oracle JDeveloperは、各コンポーネントのBeanプロパティを挿入し、 binding属性を使用して、それらのプロパティにコンポーネント・インスタンスをバインドします。これにより、そのBeanは、コンポーネント・インスタンスを受け取ったり返したりできるようになります。

たとえば、自動コンポーネント・バインディングを使用したページ上にコマンド・ボタンをドロップすると、Oracle JDeveloperは次のプロパティ・コードをバッキングBeanのソース・ファイルに追加します。

                         
private HtmlCommandButton commandButton1;
public void setCommandButton1(HtmlCommandButton commandButton1) {
  this.commandButton1 = commandButton1;
}
public HtmlCommandButton getCommandButton1() {
  return commandButton1;
}
                      

ページ内では、次のようなコードによって、コマンド・ボタンがバッキングBean内のプロパティに自動的にバインドされます。この例では、ページ名は home.jsp、バッキングBean名は backing_homeです。

                         
<h:commandButton id="commandButton1"
                          
binding="#{backing_home.commandButton1}".../>

初期ページの作成ウィザードでコンポーネントを自動的にバインドしない場合は、ページ上にドロップしたコンポーネントを手動でバインドします。 たとえば、ページ上に入力テキスト・コンポーネントを挿入したら、プロパティ・インスペクタ内でそのコンポーネントの Bindingプロパティの末尾にある「 dropdown icon」ドロップダウン・メニューをクリックし、「 Edit 」を選択してEdit Propertyダイアログを開きます。

プロパティ・インスペクタ、プロパティのバインド、編集

Edit Propertyダイアログで、ページのマネージドBeanがまだ存在しない場合は作成できます。また、既存のマネージドBean内にプロパティを作成することもできます。