tell me more iconJavaクラスの作成

JSFアプリケーション・ファイルの初期セットを構築したあと、新しいクラスを作成してプロジェクトに追加し、簡単なBeanオブジェクトを作成できます。

Javaクラスの作成を開始するには、Create Java Classダイアログを開きます。 ダイアログを開くには、アプリケーション・ナビゲータでプロジェクトを右クリックして、「 New 」を選択します。 New Galleryで、 Categories ツリーの「 General 」と Items リストの「 Java Class 」を選択し、「 OK 」をクリックします。

New Gallery、Generalカテゴリ項目

さらに、Create Java Classダイアログでクラス名を指定します。

Create Java Classダイアログ

Oracle JDeveloperでクラスが作成されると、クラスはアクティブ・プロジェクトに追加されます。 Javaソース・エディタでクラス・ファイルの編集を直接開始できます。

Javaソース・エディタと生成されたコード

この例では、2つのプロパティを追加し、プロパティのgetterメソッドとsetterメソッドを生成します。 さらにメソッドを追加し、入力データを保存してメッセージを表示します。