tell me more iconマネージドBeanとしてのクラスの登録

アプリケーションは、アプリケーション・ページにより表示されるテキストとメッセージを含んだファイルや、アプリケーションが使用するデータを定義するBeanなどの特定のリソースを必要とします。

アプリケーションが必要とするリソースは、JSF構成ファイル faces-config.xmlに指定されます。 アプリケーションが必要とするリソースは以下のとおりです。

  • マネージドBean
  • カスタム・メッセージ・バンドル
  • カスタム・バリデータとコンバータ

この例では、先ほど作成したJavaクラス用のJSFマネージドBeanを作成します。 マネージドBeanを作成および構成するには、JSF構成ファイルの概要エディタを使用します。 概要エディタを開くには、アプリケーション・ナビゲータで「 faces-config.xml 」をダブルクリックし、エディタ・ウィンドウでファイルを開いて、エディタの下部の「 Overview 」タブをクリックします。

JSF構成ファイルの概要エディタ

概要エディタのマネージドBeanセクションで、「 add icon」Addアイコンをクリックし、Create Managed Beanダイアログを使用することで、Oracle JDeveloperは faces-config.xmlのマネージドBeanを構成できます。

Create Managed Beanダイアログ

Create Managed Beanダイアログで、Bean名を指定して「 Browse 」をクリックし、クラス・ブラウザを使用してJavaクラス名を選択および追加します。

クラス・ブラウザ