tell me more iconIDE内

マネージドBeanとしてJavaクラスの登録ステップが完了すると、マネージドBean定義が概要エディタに次のように表示されます。

JSF構成ファイルの概要エディタ、マネージドBean

Source 」タブをクリックして、XMLソース・エディタに切り替えた場合、Oracle JDeveloperによりJSF構成ファイルに追加されたマネージドBeanコードが表示されます。

                         
<managed-bean>
<managed-bean-name>personData</managed-bean-name>
<managed-bean-class>project1.PersonInfo</managed-bean-class>
<managed-bean-scope>request</managed-bean-scope>
</managed-bean>
                      

アプリケーション・ナビゲータで、「 webdiagram iconfaces-config.xmlを選択します。 Structureウィンドウの Sourceタブで、「 bean iconmanagd-beanを展開し、作成した新規のマネージドBean定義を表示します。

アプリケーション・ナビゲータ、Structureウィンドウ