tell me more iconUIの設計

この例では、HTMLおよびJSF UIコンポーネントをJSFページに追加することでユーザー・インタフェースを設計します。 統合ツール(すなわち、コンポーネント・パレット、JSP/HTMLビジュアル・エディタ、プロパティ・インスペクタ)を組み合わせて使用することで、ページを設計します。 これらのいずれかのツールでページを変更すると、変更した内容がほかのツールにも反映されます。

ビジュアル・エディタ、コンポーネント・パレット

ビジュアル・エディタ内でページを設計する際には、エディタ・ウィンドウ下部( Designエディタ・タブおよび Sourceエディタ・タブのすぐ上)のブレッドクラム・リンクを使用して、ページ上で既存のコンポーネントまたはタグを選択します。 エディタのブレッドクラム・リンクをクリックすると、現在選択されているコンポーネントまたはタブからそのもとの親コンポーネントまたは親タグへのリンク・パスが表示されます。

エディタのブレッドクラム・リンクに表示されたコンポーネントまたはタグをクリックすると、Oracle JDeveloperは、選択したコンポーネントまたはタグをページ上に青の輪郭ボックスで表示します。 このボックスの右上には、選択したコンポーネントまたはタブのドロップダウン・メニューがあります。 このドロップダウン・メニューをクリックすると、Oracle JDeveloperは、選択したコンポーネントまたはタグ上で実行可能な操作をコンテキスト・メニューとして表示します。

Structureウィンドウには、フル機能のビジュアル・エディタも組み込まれています。 JSFコンポーネントを挿入、コピー、移動する際は、ビジュアル・エディタ内、ターゲット・ページ要素に対するStructureウィンドウ内で、ページ上の挿入ポイントを選択します。 Oracle JDeveloperは、ターゲット・コンポーネントの前、後、または内部に、挿入ポイントの場所を示すビジュアル・キューを提供します。

コンポーネントを挿入したら、コンポーネントをドロップする際に表示されるダイアログを使用し、必要に応じてコンポーネントのプロパティを設定します。プロパティの設定は、プロパティ・インスペクタを使用してあとでおこなうこともできます。

アプリケーション・ページでは、Oracle JDeveloperにより提供されたスタイルシートまたはユーザー固有のスタイルシートを使用することもできます。 スタイルシートは、ページの作成時または作成後に、ページを編集することで追加できます。 ページにスタイルシートを追加すると、ページ上のテキスト(見出しテキストなど)に、ドロップダウン・リストから選択したスタイルを設定できます。

ビジュアル・エディタ・ツールバーのスタイル・ドロップダウン・リスト