tell me more iconリソース・バンドル

デフォルトでは、ビジュアル・エディタでUIコンポーネントを編集する際に、Oracle JDeveloperはページのリソース・バンドルでテキスト・リソースを自動的に作成しません。 リソース・バンドルを使用する必要がある場合は、Project Propertiesダイアログの Resource Bundleページで、「 Automatically Synchronize Bundle 」オプションを選択します。 デフォルトのバンドル・タイプは Properties Bundleで、これは PropertyResourceBundleプロパティ・ファイルまたは変換可能テキストを含むプレーン・テキスト・ファイルです。 プロパティ・ファイルにはStringオブジェクトに対する値のみを含めることができます。 ほかの種類のオブジェクトを保存する必要がある場合は、代わりに ListResourceBundleを使用します。

プロジェクト・プロパティ、リソース・バンドル

Automatically Synchronize Bundle を選択した場合、ビジュアル・エディタでテキストを入力すると、Oracle JDeveloperは次のことをおこないます。

  • Oracle JDeveloperはEL式としてエディタにテキストを表示します。 以下に例を挙げます。
  • ビジュアル・エディタ、EL式

  • プロパティ・ファイルを作成します。 以下に例を挙げます。

    # translatable keys
    REGISTRATION_FORM=Registration Form

  • アプリケーション・リソース・バンドル要素を faces-config.xmlに追加します。
                                 
    <application>
      ...
      <resource-bundle>
        <base-name>project1.Project1Bundle</base-name>
        <var>bundle</var>
      </resource-bundle>
    </application>