tell me more icon標準JSFコンポーネント・タグ属性

Oracle JDeveloper内で標準のJSFコンポーネントを使用しながら、プロパティ・インスペクタ内でコンポーネント・タグ属性を表示および設定できます。 大部分の標準JSFコンポーネント・タグ属性には、JSF Expression Language(EL)を使用して、値式( #{ expression} )を指定できます。 たとえば、 #{personData.username}となります。

JSFページにコンポーネントを追加すると、以下のカテゴリに分類されるコンポーネント・タグでサポートされた属性が、プロパティ・インスペクタに表示されます。

  • Common - 一般に使用される属性。Commonに含まれる属性はコンポーネントによって異なります。 このカテゴリには idおよび binding属性も含まれます。 idはコンポーネントの一意な識別子で、有効なXML名でなければなりません。id名の先頭文字に、数字やスペースを使用することはできません。 bindingは、コンポーネント・インスタンスをBeanのプロパティにバインドするEL式です。
  • Appearance - 可視パーツを制御する基本属性。 titleaccessKeyなどがあります。
  • Style - HTMLのスタイルおよびプレゼンテーションに関する属性。 backgroundbordercellpaddingcellspacingfontmarginstyleoutlineなどがあります。 対応したHTML要素に宣言するHTML 4.01仕様の属性のほとんどがサポートされています。
  • Behavior - コンポーネントの動作を制御する基本属性。 disabledreadOnlyなどのHTMLパススルー属性が含まれます。 HTML言語の国際化セクションに指定される langdirといった言語変換属性も含まれます。
  • JavaScript - HTMLイベント属性(クライアント側のスクリプトをイベントと関連づける属性)。 onclickonkeypressonmouseoverなどがあります。

コンポーネントの属性に関する説明を表示するには、プロパティ・インスペクタ内でプロパティ・フィールドをクリックします。プロパティ・インスペクタの最下部に説明が表示されます。

プロパティ・インスペクタ