tell me more iconマネージドBeanへのUIのバインド

JSFでは、UIコンポーネントまたはコンポーネント・タグ属性値をモデル・レイヤーのデータへバインドすることにより、動的データを送信および表示します。 このデータはアプリケーション内のあらゆるJavaBeanで保持することができます。 しかし、BeanをマネージドBeanとして登録することにより、Beanがページから式言語(EL)式を通じて最初にアクセスされる際に、JSFアプリケーションは実行時に自動的にBeanをオンデマンドでインスタンス化します。 したがって、Beanのプロパティ値を表示でき、ページからデータが送信される際に更新することもできます。

以前のキュー・カードで、JavaBeanはすでに作成され、マネージドBeanとして登録されています。 JavaBeanには、 usernameemailの2つのプロパティが含まれます。 Beanのプロパティはコンポーネント値またはコンポーネント・インスタンスにバインドできます。 この例では、Expression Builderを使用してBeanのプロパティをコンポーネント値にバインドします。 Expression Builderを開くには、プロパティ・インスペクタの Valueフィールドの端にあるドロップダウン・メニューをクリックしてビルダーを選択します。

プロパティ・インスペクタ

Expression Builderを使用して、Beanのプロパティに入力テキスト・コンポーネントの value属性をバインドするためのEL式を作成します。

Expression Builder

複数のコンポーネント・タグ属性をJavaBeansのメソッドにバインドできます。 この例では、Bind Action Propertyダイアログを使用して、コマンド・ボタン・コンポーネントの action属性をJavaBeanで作成する新規メソッドにバインドします。

Bind Action Propertyダイアログ