tell me more iconコードの完成とJSFページの実行

この簡単なJSFアプリケーションを完成させるには、Javaソース・ファイル PersonInfo.javaにコードを追加します。 サンプル・コードは、以前のキュー・カードでBeanに追加したビジネス・メソッド saveInfoを呼び出します。 このメソッドは2つのパラメータをとり、さらにデータを保存するのではなく、単にデータをコンソールに書き込みます。

ファイルを編集するには、エディタ・ウィンドウの上部にある「 PersonInfo.java 」タブを選択します。

Oracle JDeveloperで実際のアプリケーションを開発する場合、有意義かつ効率的にデータを維持できる方法を検討する必要があります。 データ・モデルに対して単純なJavaBeanを使用すると不十分な状況になる場合や、さまざまなソースからデータを集計する必要が発生する場合があります。 このような場合、たとえば次に示すようにまったく異なったビジネス・サービス・テクノロジーに基づくデータソースを扱うことができます。

  • Oracle ADF Business Components(Oracle JDeveloperのStudio Editionでのみ使用可能)
  • Enterprise JavaBeans(EJB)
  • Oracle TopLink - これによりJavaクラスおよびEJBをデータベース表にマップできます。
  • Webサービス - これはバックエンド・ビジネス・サービスを作成する必要がなく、既存のビジネス・サービス(EJBコンポーネント、データベース内のストアド・プロシージャ、またはJavaなどの言語で作成されたそのほかのビジネス・サービスを含む)を公開する必要がある場合に、上記のビジネス・サービスの代替となります。

JSFとJavaBeans、Enterprise JavaBeans(EJB)、Oracle TopLink、またはモデル・レイヤーのWebサービスを使用するかどうかにかかわらず、Oracle JDeveloperの生産的なコーディングとデータ・バインディング・ツールにより、アプリケーション・バックエンドおよび安全で容易な統合コードを実装できます。

特定のビジネス・サービスを使用する場合、New Galleryを開き、提供されるウィザードとダイアログを使用して、モデル・プロジェクト内のエンティティを作成(Webサービスの場合は公開)できます。