Oracle JSF Portlet Bridgeを使用したJSFアプリケーションのポートレット化

JSFナビゲーションの有効化 :JSFページ・オブジェクトをドラッグ・アンド・ドロップします。ADFボタンを ページ1に、ADFリンクを ページ2に追加して、2つのページ間のナビゲーションを有効にします。

JSFページのポートレット化 :Oracle JSF Portlet Bridgeを使用して、1つのページからポートレット・エントリを作成します。

JSFアプリケーションの配置 :統合WLSサーバーを使用し、JSFアプリケーションを配置してテストします。配置したアプリケーションにWSRP v2 URLが作成されます。これは、WSRPポートレット・プロデューサの登録に使用します。

WebCenterアプリケーションの作成 WebCenter Applicationテンプレートを使用して、WebCenterアプリケーションを作成します。

WSRPポートレット・プロデューサとしてのJSFアプリケーションの登録 :JSFアプリケーションの配置中およびテスト中に生成されたWSRP v2 URLを登録します。

ページへのJSFポートレットの追加 :JSFポートレットをページ上にドラッグ・アンド・ドロップして追加します。その後ページを実行して、実行中のポートレットを確認できます。

 

JSFアプリケーションの作成

tell me more iconJSFアプリケーションの作成

新規JSFアプリケーションの作成を開始するには、アプリケーション・ナビゲータで「 New Application 」をクリックしてCreate Applicationダイアログを開きます。  [ 詳細はこちら]





  1. Create Applicationダイアログを開きます(「 File」→「 New」→「 Application」)
  2. ステップ1で、 Application Nameフィールドに SimpleApplicationと入力します。これ以降は、例に従って入力します。
  3. Directoryフィールドにディレクトリを指定します。
  4. Application Templateリストから「 Fusion Web Application (ADF)」を選択します。

    tell me more iconアプリケーション・テンプレート

    アプリケーション・テンプレートを使用すると、適切なテクノロジーの組合せが事前に指定されているため、標準アプリケーションのプロジェクト構造を素早く作成できます。テンプレートから作成された新しいアプリケーションがアプリケーション・ナビゲータに表示されます。関連するテクノロジー・スコープが設定され、プロジェクト階層に分割されています。選択したアプリケーション・テンプレートによって、初期プロジェクト構造(アプリケーション内の名前付きプロジェクト・フォルダ)および追加されるアプリケーション・ライブラリが決定されます。プロジェクト・テンプレートは、関連するテクノロジーを定義します。  [ 詳細はこちら]



  5. ステップ2からステップ4まで、「 Next 」をクリックして、デフォルト値を受け入れます。
  6. ステップ5で、「 Finish 」をクリックします。

    tell me more iconIDE内

    アプリケーション・テンプレートは、対象のアプリケーションを2つのプロジェクト( ModelViewController)に分割します。アプリケーション・ナビゲータにおいて、プロジェクトは階層の最上位レベルとして表示されます。アプリケーション・ナビゲータは、次のように表示されます。 [ 詳細はこちら]



 

JSFナビゲーションの有効化

tell me more icon JSFナビゲーションの有効化

ナビゲーションは、ページで実行される特定の論理条件の結果に基づいて、2つのページ間で有効化されます。たとえば、正しい資格証明をログイン・ページで入力した場合、索引ページが表示されます。そうでない場合は、不正確なユーザー名とパスワードの入力を示すエラー・メッセージが表示されます。このステップでは、ADF FacesボタンおよびADF Facesリンクの対象となる2つのページ間のナビゲーションを有効にします。 faces-config.xmlファイルの Diagramタブでは、ナビゲーション・ケースをモデル化できます。 [ 詳細はこちら]





  1. アプリケーション・ナビゲータで、「 ViewController 」、「 Web Content 」、「 WEB-INF 」を展開します。
  2. faces-config.xml 」ファイルをダブルクリックして、 Diagramタブを開きます。
  3. コンポーネント・パレットから、「 JSF Diagram Objects 」を選択します。
  4. Componentsから、「 Component Palette > JSF Diagram Objects > Components > JSF PageJSF Page要素をドラッグし、 faces-config.xmlDiagramタブへドロップします。
  5. Diagramタブで、要素をダブルクリックし、 Create JSF Pageダイアログを表示します。
  6. File Nameフィールドに orderPage1と入力します。次に、「 Create as XML Document (*.jspx) 」を選択し、「 OK 」をクリックします。
  7. faces-config.xml 」タブをクリックし、 Diagramタブを表示します。
  8. 別のJSF Page要素をドラッグして、 orderPage2という名前のJSFページを作成します。
  9. faces-config.xml」タブをクリックし、 Diagramタブを表示します。
  10. コンポーネント・パレットで、「 Component Palette > JSF Diagram Objects > Components > JSF Navigation Case」JSF Navigation Case をクリックします。次に、「 orderPage1 」ダイアグラム、「 orderPage2 」ダイアグラムの順にクリックします。結果ラベルに goNextと入力します。
  11. コンポーネント・パレットで、「 Component Palette > JSF Diagram Objects > Components > JSF Navigation Case」JSF Navigation Case を再度クリックします。次に、「 orderPage2 」ダイアグラム、「 orderPage1 」ダイアグラムの順にクリックします。結果ラベルに goBackと入力します。

    tell me more icon orderPage1とorderPage2間のナビゲーション

    faces-config.xmlファイルに追加されたJSFページ間のナビゲーションを有効にするには、コンポーネント・パレットから「 JSF Navigation Case 」を選択します。 [ 詳細はこちら]



  12. orderPage1.jspxの設計ビューへ移動します。
  13. コンポーネント・パレットから、「 ADF Faces 」を選択します。
  14. ADF Facesから、「 Component Palette > ADF Faces > Common Components > ButtonButtonを選択し、ページ上にドロップします。
  15. Property Inspectorの Commonタブで、 Button Action下のActionフィールドから「 goNext 」を選択します。
  16. orderPage2.jspxの設計ビューへ移動します。
  17. コンポーネント・パレットから、「 ADF Faces 」を選択します。
  18. ADF Facesから、「 Component Palette > ADF Faces > Common Components > LinkLinkを選択し、ページ上にドロップします。
  19. Property Inspectorの Commonタブで、 Link Action下の「 goBack 」を選択します。
  20. File > Save AllSave Allをクリックして作業内容を保存します。

    tell me more iconIDE内

    orderPage1orderPage2間のナビゲーションを有効にすると、ナビゲーション結果をボタンまたはリンクのアクションとして使用できるようになります。  [ 詳細はこちら]



 

JSFページのポートレット化

tell me more iconJSFアプリケーションのポートレット化

Oracle JSF Portlet Bridgeを使用することにより、既存のJSFアプリケーションまたはタスク・フローをJSR 168ポートレットとして迅速に公開し、リモートで実行できるようにします(ポートレットはリモートである必要があります)。JSFアプリケーションをポートレット化すると、アプリケーション・ビューと手元のポートレット・ビューは同一になります。そのため、アプリケーションとポートレットの両方に対して1つのソースを維持するだけで済みます。JSFアプリケーションおよびタスク・フローをポートレット化することにより、ポートレットをアプリケーションから個別に格納、維持、配置する必要がなくなります。  [ 詳細はこちら]





  1. アプリケーション・ナビゲータで、「 orderPage1 」を右クリックし、「 Create Portlet Entry 」を選択します。
  2. Create Portlet Entryダイアログで、「 OK 」をクリックします。まだ存在していない場合は、アプリケーション・ナビゲータに portlet.xmlファイルが作成されます。

    tell me more iconIDE内

    ページからポートレット・エントリを作成すると、アプリケーション・ナビゲータに portlet.xmlファイルが作成されます。このファイルのSourceビューは次のように表示されます。 [ 詳細はこちら]



 

JSFアプリケーションの配置

tell me more iconJSFアプリケーションの配置

アプリケーションを迅速にテストするには、Oracle WebCenter拡張機能の一部としてパッケージ化されているデフォルト・サーバー(統合WLSサーバー)にアプリケーションを配置します。 アプリケーションをデフォルト・サーバーに配置する前に、 Runメニューから「 Start Server Instance 」を選択してサーバーを起動する必要があります。 [ 詳細はこちら]





  1. アプリケーション・ナビゲータで、「 ViewController 」を選択し、Create Deployment Profile -- WAR Fileダイアログを開きます(「 File」→「 New」→「 Deployment Profiles」→「 WAR」)。
  2. Deployment Profile Nameフィールドに SimpleApplicationと入力します。これ以降は例に従って入力し、「 OK 」をクリックします。
  3. WAR Deployment Profile Propertiesダイアログで、「 Specify Java EE Web Context Root 」を選択します。
  4. SimpleApplicationと入力し、「 OK 」をクリックします。
  5. Project Propertiesダイアログで、「 OK 」をクリックします。
  6. Runメニューから「 Start Server Instance」を選択し、デフォルト・サーバーを起動します。
  7. WSDLを取得するには、ブラウザを開いて次のフォーマットでURLを入力します。 http:// host: port/ context-root/info
    つまり、 http://localhost:7101/SimpleApplication/infoと入力します。
    テスト・ページには、後でWSRPポートレットとして登録する WSRP v2 WSDLリンクが含まれます。
    例: http://localhost:7101/SimpleApplication/portlets/wsrp2?WSDL

    tell me more iconIDE内

    Oracle WebCenterは、Remote Portlets(WSRP)バージョン1.0および2.0のWebサービスをサポートします。WebCenter Preconfigured Serverページでは、両バージョンに対応する事前構成されたサンプル・ポートレットが提供されています。この例では、 WSRP v2 WSDLリンクを使用します。WSRP 2.0 Supportは、WSRP 2.0の準備版(試作版)です。この標準は、ポートレット間通信およびポートレット・カスタマイゼーションのエクスポート/インポートをサポートしています。  [ 詳細はこちら]



 

WebCenterアプリケーションの作成

tell me more iconWebCenterアプリケーションの作成

新規WebCenterアプリケーションの作成を開始するには、アプリケーション・ナビゲータで、「 New Application 」をクリックしてCreate Applicationダイアログを開きます。  [ 詳細はこちら]





  1. Create Applicationダイアログを開きます(「 File」→「 New」→「 Application」)
  2. ステップ1で、 Application Nameフィールドに MyWebCenterAppと入力します。これ以降は、例に従って入力します。
  3. Directoryフィールドに、ディレクトリを指定します。
  4. Application Package Prefixフィールドは空白のままにします。必要に応じて、このアプリケーションで作成されるパッケージで使用する接頭辞の入力も行えます。
  5. Application Templateリストから「 WebCenter Application 」を選択します。

    tell me more iconWebCenter Applicationテンプレート

    WebCenter Applicationテンプレートには、対象のアプリケーションにOracle WebCenterの機能(例:Oracle Composer、Resource Palette、タスク・フロー、コンテンツ統合、およびWebCenter Web 2.0サービス)を組み込むために必要なテクノロジー・スコープが含まれています。また、 WebCenter Applicationテンプレートにより、アプリケーションが次の2つのプロジェクトに分割されます。  [ 詳細はこちら]



  6. ステップ2からステップ4まで、「 Next 」をクリックして、デフォルト値を受け入れます。
  7. ステップ5で、「 Finish 」をクリックします。

    tell me more iconIDE内

    WebCenter Applicationテンプレートを使用してアプリケーションとプロジェクトを作成すると、アプリケーション・ナビゲータは次のように表示されます。  [ 詳細はこちら]



 

WSRPポートレット・プロデューサとしてのJSFアプリケーションの登録

tell me more icon WSRPポートレット・プロデューサの登録

WSRPポートレット・プロデューサをアプリケーションに登録するには、プロデューサに接触し、そのポートレットにアクセスするアプリケーションに十分な情報を提供する必要があります。WSRPプロデューサ登録情報には、必要に応じてプロキシ情報、タイムアウト期間とタイムアウト・メッセージ、セッション・サポート情報、プロデューサ名、セキュリティ・ロール・マッピングなど、接続の詳細を含めることができます。 [ 詳細はこちら]





  1. アプリケーション・ナビゲータで MyWebCenterAppアプリケーションの「 ViewController 」プロジェクトを選択し、Register WSRP Portlet Producerウィザードを起動します(「 New」→「 Web Tier」→「 Portlets」→「 WSRP Producer Registration」)。
  2. ステップ1で、 Producer Registration Nameフィールドにポートレット・プロデューサ登録の名前を入力します(例: JSF2WSRPProducer)。「 Next 」をクリックします。
  3. ステップ2で、 WSDL URLフィールドにポートレット・プロデューサのURLを入力します(例: http://localhost:7101/SimpleApplication/portlets/wsrp2?WSDL)。「 Next 」をクリックします。
  4. ステップ3で、「 Finish 」をクリックします。

    tell me more iconIDE内

    登録に成功すると、新規に登録されたプロデューサ(前のいずれかのステップで作成した、ポートレット化されたJSFアプリケーション)がOracle JDeveloperのApplication Resourcesパネルに表示されます。 SimpleApplication_orderPage1_jspxを選択して、JSFページにドラッグできます。 [ 詳細はこちら]



 

ページへのJSFポートレットの追加

tell me more icon ページへのJSFポートレットの追加

このキュー・カードでは、 SimpleApplicationから作成した SimpleApplication_orderPage1_jsp JSFポートレットをWebCenterアプリケーションのJSFページに追加します。 [ 詳細はこちら]





  1. アプリケーション・ナビゲータの MyWebCenterAppアプリケーションの下で「 ViewController 」プロジェクトを選択し、Create JSF Pageダイアログを起動して(「 File」→「 New」→「 JSF」→「 JSF Page」)、JSFページを作成します。
  2. File NameフィールドにJSFページの名前(例: myPage)を入力します。
  3. Create as XML Document (*.jspx) 」を選択し、「 OK 」をクリックします。
  4. Application Resourcesで、「 WSRP Producer 」→「 JSF2WSRPProducer 」の順に開きます。
  5. SimpleApplication_orderPage1_jspx 」ポートレットをページ上にドラッグします。
  6. File > Save AllSave Allをクリックして作業内容を保存します。
  7. myPage.jspx 」を右クリックして「 Run 」を選択し、 orderPage1ポートレットを含むページをブラウザに表示します。

    tell me more iconIDE内

    ページに orderPage1 JSFポートレットを追加すると、Designビューは次のように表示されます。  [ 詳細はこちら]



 



Copyright © 1997, 2009, Oracle.All rights reserved.