Oracle JavaScript Extension Toolkit バージョン6.2.0のダウンロード


2019年3月


Oracle JETでは、新規のアプリケーション構造体の作成を支援するYeoman生成ツールが提供されます。Oracle JETアプリケーションをインストールおよび作成するには、ローカルマシンにNode.jsをインストールし、コンソールウィンドウで以下のコマンドを実行します。

npm install -g @oracle/ojet-cli

アプリケーションを作成したいディレクトリに移動し、以下を入力します。

ojet create <app name> --template=navdrawer

Oracle JET Web Starter Template, NavDrawerを使用してアプリケーションが作成されます。
注:npmパッケージをMacにグローバルにインストールする場合は、「sudo」コマンドの使用が必要な場合があります。


代わりに.zipファイルをダウンロードして利用する場合は、以下のファイルを使用できます。


必ずOracle JavaScript Extension Toolkit ライセンス同意書に同意のうえダウンロードしてください。
ライセンス同意する | ライセンス同意しない
  Oracle JavaScript Extension Toolkit : Base Distribution
  Web Starter Template - Basic
  Web Starter Template - NavDrawer
  Web Starter Template - NavBar
  FixItFast: Sample Application showing full single-page functionality for Oracle JavaScript Extension Toolkit
  Webpack Plugin for Oracle JET

TypeScriptを主言語として使用している場合、すべてのJET UIとフレームワークの機能で使用可能な型定義を使用できます。以下のスターター・テンプレートは、JETとTypeScriptを扱うための開始構造を提供します。スターター・テンプレートをダウンロードしたら、それを空のフォルダーに解凍(unzip)し、README.txtファイルを読んでテンプレート・プロジェクトの設定方法と実行方法を確認してください。TypeScriptでJETを操作する方法の詳細については、JET TypeScript API ドキュメントをご覧ください。

  JET TypeScript Starter Template - Web NavBar

以下のライブラリはアーカイブ目的でのみ提供されています。これらのライブラリは、適切なNPMツールまたはCordovaツールを使用してインストールする必要があります。この場所からダウンロードすると、適切なインストールが行われません。 以下のライブラリの使用方法の詳細は、Oracle GitHub pagesのページを参照してください。

  Cordova Plugin : EMM App Config
  Cordova Plugin : WKWebView File XHR
  Oracle JET Tooling : ESLint config
  Oracle JET Tooling : OJET CLI
  Oracle JET Tooling : Grunt utility library
  Oracle JET Tooling : Generator library
  Oracle JET Tooling : core library