What You See Is What You Get Element

Oracle Essbase


Oracle EssbaseはOLAP(オンライン分析処理)サーバーです。事前にパッケージ化されたアプリケーションをデプロイする環境と、カスタム分析アプリケーションや企業パフォーマンス管理アプリケーションを開発する環境を提供します。Oracle Essbaseは、Oracle BI Suite Enterprise Edition Plusと同様にOracle BI Foundationの一部です。

アプリケーションを短期間に開発できる環境でOracle Essbaseを使用すれば、ビジネス・ユーザーは、複雑なビジネス・シナリオを迅速にモデル化できるようになります。Oracle Essbaseのおもな特徴は、その高いスケーラビリティと、ユーザーがアプリケーションのデータ・リポジトリへ安全に"書き戻し"をおこなうことができる機能です。この機能は、予測、シナリオのモデル化、"what if"タイプの分析など、先進的なアプリケーションの開発に最適です。

Oracle Essbaseを使用して、組織はビジネスの次元ビューを定義し、ビジネス・ユーザーはこれまでにないレベルの自己管理性を得られます。これにより、クリティカルなビジネス上の問題に対する実用的なインサイトにアクセスおよびナビゲートし、それらを得ることが可能です。以上の機能はすべて、Oracle Essbaseの多様なエンドユーザー・ツールを使用して実現されます。ユーザーとOracle Essbaseアプリケーションとのやり取りを可能にする各種Oracleツールには、Oracle Hyperion Smart View for Office(Excel、PowerPoint、Word、Outlook)、Oracle BI Suite Enterprise Edition Plus(ダッシュボード、Answers、Hyperion Interactive Reporting、Hyperion Web Analysis、Hyperion Financial Reportingを含む)などがあります。

Oracle Essbaseによって、特殊な分析やパフォーマンス管理アプリケーションのために、適応性のあるデータ・ストレージ・メカニズムを使用できます。これにより、複雑な分析でも応答時間を1秒未満にすることが可能です。たとえば、ブロック・データ・ストレージ・オプション(BSO)によって、ドライバベースのシナリオのモデル化、予測、予測分析アプリケーションの機能が有効になります。集計データ・ストレージ・オプション(ASO)では、膨大なスパース・データ・セットが最適化され、何千ものビジネス・ユーザーが集中しても、思考スピードで高度な分析を実行できます。

Oracle Essbase 11のリリースにより、Oracle Fusion MiddlewareテクノロジーおよびOracle Database 11gとの統合が強化されました。



製品/オプション



新着情報
 

Oracle Essbase 11.1.2.4リリースのハイライト

並列操作用のスレッド・プール
このリリースより、以下の並列操作でスレッドが動的に作成されなくなりました。代わりに、新しいWORKERTHREADS構成設定を通じて、事前に作成されたスレッド・プールから一定数のスレッドが使用されます。

  • CALCPARALLELまたはFIXPARALLELによる並列計算
  • 集計ストレージ・データベースまたはブロック・ストレージ・データベースでの並列データ・ロード
  • ブロック・ストレージ・データベースでの並列エクスポート
  • 並列再構築


XMLアウトライン編集

XMLアウトライン編集では、XMLファイルを使用してデータベース・アウトラインに基本的な変更を加えることができます。この方法により、ルール・ファイルを使用したりアウトラインAPIを呼び出したりことなく、効率的にアウトラインを編集できます。
詳しくは、Oracle Essbase APIリファレンスのEssBuildDimXMLを参照してください。

ハイブリッド集計の機能拡張
このリリースでは、タイム・バランス・タグが付いたメンバーと動的時系列メンバーもハイブリッド集計モードで計算できるようになりました。
また、ハイブリッド集計モードで計算可能なメンバー計算式のリストに多数の計算関数が追加されています。

Oracle Exalytics In-Memory Machine向けの最適化
Oracle Exalytics In-Memory Machineで稼働するEssbaseサーバーの機能が拡張されました。

Smart View 11.1.2.5.400のPOVおよびピボットの機能拡張をサポート
EssbaseおよびOracle Hyperion Provider Servicesが拡張されて、Oracle Smart View for Officeの視点(POV)ツールバーとピボット動作が次のようにサポートされます。

  • 複数のメンバーをグリッドからPOVツールバーにピボットできます。
  • 複数のメンバーをPOVツールバーからグリッドにピボットできます。
  • POVツールバーに1つのディメンションを残すことができます。


新しい計算関数
@RELXRANGE—現在計算されているセルの相対位置とオフセットに基づいてディメンション間リストを生成します。

計算関数の変更
複数の関数でXrangeListパラメータがサポートされるようになりました。XrangeListは、1つ以上のディメンションのメンバーから成る範囲で、時間続きのナビゲーションを組み込む際に使用できます。
XrangeListをサポートする関数は以下のとおりです。
@COMPOUND
@COMPOUNDGROWTH
@CORRELATION
@COUNT
@DECLINE
@DISCOUNT
@GROWTH
@INTEREST
@IRR
@IRREX
@MEDIAN
@MODE
@NEXT
@NEXTS
@NPV
@PRIOR
@PRIORS
@PTD
@RANK
@RELXRANGE(新しい関数)
@SHIFT
@SHIFTMINUS
@SHIFTPLUS
@SLN
@SYD
@VARIANCE
@VARIANCEP

新しい構成設定(essbase.cfg)
WORKERTHREADS—「並列操作用のスレッド・プール」を参照してください。
CRASHDUMPLOCATION—異常終了が発生した場合に、Essbaseでコア・ダンプ・ファイルが保存される場所を設定します。
CONNECTIONTIMEOUT—EssbaseでタイムアウトになるまでSQL接続を待機する最大時間を指定します。
QUERYTIMEOUT—Oracle EssbaseでタイムアウトになるまでSQL問合せの実行を待機する最大時間を指定します。
 

MaxL文法の変更
MaxLステートメントexport dataには、エクスポートされたデータを匿名化するための文法があります。この場合、実際のデータが生成された値で置き換えられます。これによって機密データが開示される危険性がなくなります。この文法は、特定の問題を再現するためにテクニカル・サポートにモデルを提供する必要がある場合に使用できます。
 

新しいCのメインAPI関数
EssBuildDimXML—「XMLアウトライン編集」を参照してください。
 

新しいCのアウトラインAPI関数
EssOtlVerifyOutlineEx3—アウトラインを検証するための新しいAPI関数です。この関数は、メンバーの警告と計算式エラーの両方を生成する点で、EssOtlVerifyOutlineExとは異なります。
 

変更されたAPI関数および構造体
ESS_PERF_CUSTCALC_TとESS_PERF_ALLOC_Tに、dataloadOptionフィールドが追加されました。生成された計算値または割当て値を、既存の値に上書きするのではなく追加することができます。

 


Oracle Essbase 11.1.2.3.500 PSU(パッチセット)のハイライト

ブロック・ストレージ・データベースでのハイブリッド集計モード
Essbaseの新しい構成設定であるASODYNAMICAGGINBSOで、ブロック・ストレージ・データベースがハイブリッド集計モードを使用するかどうかを制御します。ブロック・ストレージ・データベースのハイブリッド集計とは、可能な限り、集計ストレージ・データベースの計算の似た効率性によって、ブロック・ストレージ・データの計算を実行するものです。

FIXPARALLELによる並列計算
並列計算は、CALCPARALLEL構成設定を使用して実行できますが、場合によっては、FIXPARALLELのコマンド・ブロックというメソッドの使用が有用なこともあります。
FIXPARALLELのコマンド・ブロックには、計算対象となるデータベースの範囲(スライス)を指定する複数のスレッド(numThreads)およびメンバー・リスト(mbrList)と、実行するコマンドを入力します。
Essbaseによって、メンバー・リストの組み合わせからタスク・リストが作成され、タスクは各スレッドに分割されます。

CALCPARALLELによる@XREFおよび@XWRITEの並列計算の有効化
以前リリースされたEssbaseでは、スクリプトに@XREFまたは@XWRITEが含まれている場合、あるいは複雑な計算式と依存関係にある場合は、並列計算は試行されませんでした。しかし、並列計算を妨げる依存関係が存在しないことが明確な場合もあります(たとえば、通貨の換算や読み取り専用の@XREF)。このような場合には、計算コマンドのSET FORCEPARALLELCALCを使って、CALCPARALLELによる並列計算を実行できます。

Exalyticsを使用したインプレース・データの書き込みの有効化
essbase.cfg内のINPLACEDATAWRITE設定では、インプレース・データの書き込みを有効または無効にします。
インプレース・データの書き込みを行うことにより、データの断片化が削減されるほか、頻繁にデータベースを再構成する必要性が軽減されます。また、頻繁にインデックスを更新する必要性も軽減されるため、パフォーマンスの向上につながります。
 

Oracle Essbase 11.1.2.3リリースのハイライト

計算スクリプトでのランタイム置換変数の使用
置換変数が許可される場合は、置換変数と同様にランタイム置換変数を計算スクリプトに含めることができます。
ディメンション作成時およびアウトライン編集時の名前の参照と挿入の最適化
新しいハッシュテーブルの実装により、ディメンション作成時およびアウトライン編集時の名前の参照と挿入のパフォーマンスが最適化されます。
ハッシュテーブルを構成するには、ESTIMATEDHASHSIZE構成設定を使用します。
共有メンバーの一意の名前
グリッド・クライアント(Oracle Hyperion Smart View for Officeなど)では、共有メンバーを修飾名とともに表示する([Parent].[Child]など)ように指定すれば、共有メンバーと基本メンバーを区別できます。重複するメンバー名を使用できるようにアウトラインを設定していない場合でも、共有メンバーを修飾名とともに表示できます。さらに、修飾メンバー名を共有メンバーのグリッド・クライアントに入力することができます。
Teradata TPT APIロード設定のカスタマイズ
Teradata TPT-APIを使用してデータをロードする場合は、TPT-APIを通じてデータをロードする際の柔軟性を高める設定をカスタマイズできます。
新しい計算関数
   @CREATEBLOCK—疎メンバー名または疎メンバーの組合せに対してブロックを作成し、作成したブロックの密値を#MISSINGに設定します。
    @INTERSECT—指定された2つのメンバー・リストにあるメンバーの交差を返します。
    @ISMBRUDA—指定されたメンバーに指定されたユーザー定義属性(UDA)が計算時に存在した場合は、TRUEを返します。
    @ISRANGENONEMPTY—指定されたメンバーに指定されたユーザー定義属性(UDA)が計算時に存在した場合は、TRUEを返します。
    @MEMBERAT—メンバー・リスト内の指定されたメンバーを返します。
    @RANGEFIRSTVAL—指定されたmbrListの範囲内で、最初の関数パラメータに指定された条件を満たす最初の値を返します。
    @RANGELASTVAL—指定されたmbrListの範囲内で、最初の関数パラメータに指定された条件を満たす最後の値を返します。
計算関数の変更
@NAME計算関数に新しいオプション引数UNIQUEが追加されました。この引数は、一意のメンバー名を返すように@NAMEに指示します。
新しい計算コマンド
SET RUNTIMESUBVARS—計算スクリプトで使用されるランタイム置換変数を宣言します。
新しい構成設定
   ENABLERTSVLOGGING—計算スクリプトで使用されるランタイム置換変数をOracle Essbaseでログに記録するかどうかを決定します。
    ESTIMATEDHASHSIZE—メモリーにロードされるメンバー名および別名の推定数を百万単位で指定します。
    UNICODEENABLE—EssbaseサーバーをUnicodeモードに設定しなくても、Oracle Essbase Administration Services、MaxL、またはAPIを使用して、EssbaseサーバーでUnicodeモード・アプリケーションを作成したり、アプリケーションをUnicodeモードに移行したりできるようにします。
MaxL文法の変更
MaxLステートメントexecute calculationに新しい文法(with runtimesubvars RTSV-LIST)が追加されました。この文法は、指定されたランタイム置換変数(キー/値ペアの文字列として指定)を使用して計算スクリプトを実行します。
 

Oracle Essbase 11.1.2.2リリースのハイライト
 

UNCパスのサポート
Windowsでは、汎用命名規則(UNC)を使用して、共有ディレクトリなどのネットワーク・リソースの場所を記述できます。構文:
\\ComputerName\SharedFolder\Resource
WindowsでEssbaseを実行している場合は、以下のEssbaseサーバー・アプリケーション・アーチファクトのネットワーク共有パスを指定できるようにUNCパスがサポートされます。
    -ARBORPATH
  -集計ストレージ・アプリケーションのテーブルスペース・パス
   -ブロック・ストレージ・アプリケーションのディスク・ボリューム・パス
新しい計算関数
@IRREX計算関数は@IRR計算関数を拡張したものです(@IRRでは0.07という最初の推測を変更できません)。
新しいessbase.cfg構成設定
SSBULKGRIDPROCESSING:非対称グリッドAPI問合せをXOLAP用に最適化します。
ブロック・ストレージ並列計算
essbase.cfgファイルでCALCTASKDIMSに値を指定することで、計算タスクの数を定義できます。
ブロック・ストレージ並列再構築
essbase.cfgでRESTRUCTURETHREADS構成設定を使用して、使用する再構築スレッドの数を定義できます。
ブロック・ストレージ並列データ・エクスポート
EXPORTTHREADS構成設定が拡張されて、ブロック・ストレージの並列データ・エクスポートがサポートされるようになりました。(EXPORTTHREADSは、PAREXPORT ESSCMDコマンドを-threadsオプションなしで実行する場合にのみ使用します。)
ブロック・ストレージ並列データ・ロード
並列データ・ロードでは、複数の並列パイプライン(サーバー側)と複数のスレッド(クライアント側)を使用して複数のデータ・ファイルを同時にロードすることで、データ・ロードを最新のサーバーの機能に対して完全に最適化できます。
ブロック・ストレージ並列データ・ロードの最適化
並列データ・ロードには、使用されるクライアント・スレッドまたはサーバー・パイプラインの数を制限する“スロットル”があります。データ・ロード要求で生成されるスレッドまたはパイプラインの数を制御するには、MaxLステートメントimport dataでmax_threads文法を使用して制限を設定します。
4GBを超えるキャッシュ・サイズ
64ビットのEssbase サーバーが拡張されて、インデックス用、データ用、データ・ファイル用のより大きなキャッシュ・サイズにスケール変更係数を設定することなく対応できるようになりました。MEMSCALINGFACTOR構成設定は推奨されなくなりました。データベースのフル機能を利用するには、最新のクライアント・ソフトウェアにアップグレードする必要があります。
集計ストレージ・データベースでの個数計算の最適化
集計ストレージ・データベースのみを対象に、データベースを1回スキャンするだけですべてのセルの個数を計算できるようにNonEmptyCount MDX関数が最適されています。
MDXで共有メンバーを別個に参照
以前のリリースでは、MDX問合せでのこのような共有メンバーの参照は、共有メンバーではなく元のメンバーの参照と見なされていました。このリリースでは、MDX問合せでMEMBER_UNIQUE_NAMEプロパティを使用して、共有メンバーの一意の名前を取得できます。
Administration ServicesでのEssbaseサーバー・ログ・レベルおよびアプリケーション・ログ・レベルの変更
Administration Servicesコンソールで、Essbaseのログ・レベルをサーバー・レベルおよびアプリケーション・レベルで変更できます。Oracle Essbase Administration Servicesオンライン・ヘルプの「ログ・レベルの変更」を参照してください。
MDXプロパティ式
特定のメンバーの固有のプロパティとカスタム・プロパティを問い合わせる以外に、問合せ軸のDIMENSION PROPERTIESセクション内でPROPERTY_EXPR関数を使用して、関連するメンバーのプロパティを問い合わせることもできます。
スロットルがアクティブなトランザクション
アプリケーションに割り当てられたサーバー・スレッドごとに、並列計算、並列データ・ロード、並列エクスポート、並列再構築などのタスク用に子スレッドが作成される場合があります。スレッド競合の問題を制御するには、essbase.cfgのMAXTOTALACTIVETRANSACTIONS設定とMAXACTIVEUPDATETRANSACTIONS設定を使用します。
Essbase APIの変更
変更されたCのメインAPI構造体
-データ構造体ESS_DBINFO_TとESS_DBSTATE_Tのフィールドが拡張されて、64ビットのlong型typedefに対応するようになりました。これは「4GBを超えるキャッシュ・サイズ」に関係します。
コンパイラのサポート
-Essbase APIプログラムを作成する場合のサポート対象コンパイラのリストが更新されました。Oracle Essbase APIリファレンスの「サポートされているコンパイラ」を参照してください。
構成設定(essbase.cfg)の変更
新しい構成設定
   MAXACTIVEUPDATETRANSACTIONS:「スロットルがアクティブなトランザクション」を参照してください。
    MAXTOTALACTIVETRANSACTIONS:「スロットルがアクティブなトランザクション」を参照してください。
    NUMBLOCKSTOEXTEND:追加のディスク領域を必要とするブロック更新に対応するために、ブロック・ストレージ・データベースのデータ・ファイルを何バイト拡張するかを決定します。
    RESTRUCTURETHREADS:データベースに対して並列再構築が可能かどうか、および使用するスレッドの数を指定します。
    XOLAPMAXINCLAUSESIZE:SQL句で使用できるINLISTアイテムの最大数を設定します(XOLAPデータベースが対象)。
非推奨の構成設定
MEMSCALINGFACTOR構成設定は推奨されなくなりました。64ビットのEssbaseサーバーが拡張されて、スケール変更係数を設定しなくてもより大きなキャッシュ・サイズに対応できるようになりました。
CALCPARALLEL構成設定の拡張
並列計算に使用できるスレッドの最大数が引き上げられました。
    ブロック・ストレージ・データベース:
       -32ビットのプラットフォームで稼働:64
       -64ビットのプラットフォームで稼働:128
   集計ストレージ・データベース(32ビットまたは64ビットのプラットフォームで稼働):128
SET CALCPARALLEL計算コマンドの拡張
並列計算に使用できるスレッドの最大数が引き上げられました。
     -32ビットのプラットフォーム:64
    -64ビットのプラットフォーム:128
新しいMDX関数
   祖先メンバーのプロパティを問い合わせるためのPROPERTY_EXPR関数(MDXプロパティ式)。
    PROPERTY_EXPR関数と併用するCurrentAxisMember。
MaxL文法の変更
集計ストレージ・データベース用のMaxLステートメントquery databaseに、データ・スライスとデータ・ビューに関する情報を表示するためのlist aggregate_storage slice_info句が新たに追加されました。
Oracle Essbase StudioからキューブをデプロイするためのMaxLステートメントdeployに、以下の新しい文法が追加されました。
-EssbaseモデルがXOLAPに対して有効になっている場合は、キューブを再デプロイする際にoutline_in_background文法を使用します。
-デプロイするモデルに1つまたは複数のリレーショナル・データ・ソースが含まれている場合は、Essbase Studioで外部データ・ソースに直接(ODBC接続を使用せずに)問い合わせる際に、use streaming build文法を使用してストリーミング・モードでデプロイできます。
MaxLステートメントimport dataに、並列データ・ロードで使用するスレッドの最大数を指定するためのusing max_threads句が新たに追加されました。
MaxLステートメントalter systemalter applicationに、エージェント・スコープおよびアプリケーション・スコープでのメッセージ・ログ・レベルを設定するためのset ... message_level句が新たに追加されました。
MaxLステートメントdisplay systemdisplay applicationに、現在のメッセージ・レベル設定を表示するためのmessage_level句が新たに追加されました。 

 

Oracle Essbase 11.1.2.1リリースのハイライト

SSLを使用したEssbaseとの通信-Essbaseは、すべてのクライアント/サーバー間およびサーバー/サーバー間通信でSecure Sockets Layer(SSL)プロトコルをサポートします。
新しいessbase.cfg構成設定
   AGENTSECUREPORT
   APSRESOLVER
   CLIENTPREFERREDMODE
   ENABLECLEARMODE
   ENABLESECUREMODE
   ENABLESWITCHTOBACKUPFILE
   ESSBASESERVERHOSTNAME
   NUMBEROFSECFILEBACKUPS
   SECFILEBACKUPINTERVAL
   SSLCIPHERSUITES
   SSOPTIMIZEDGRIDPROCESSING
   WALLETPATH
論理名を使用したEssbaseへのログイン-Essbaseクラスタ論理名は、<name>:<secure>という形式でログインに使用できます。
loginステートメントの変更-APSRESOLVER構成設定を使用している場合は、HOST-NAMEパラメータをEssbaseクラスタ論理名にすることができます。SSLを使用している場合は、:secureをHOST-NAMEパラメータに追加します(例:login essexer password on "localhost:secure";)。
Essbaseセキュリティ・バックアップ・ファイルの管理-Essbaseが保持するセキュリティ・バックアップ・ファイル(essbase_timestamp.bak)の数、セキュリティ・バックアップ・ファイルを作成する間隔、essbase.secファイルが無効な場合に起動時に最新の有効なセキュリティ・バックアップ・ファイルに切り替えるかどうかを管理できます。
セキュリティ・バックアップ・ファイルの事前アップグレード-以前のリリースからEssbase 11.1.2.1にアップグレードすると、セキュリティ・ファイルがアップグレードされる前に以前のリリースのセキュリティ・ファイルのバックアップが作成されます。この事前アップグレード・バックアップ・ファイルはそのまま保持され、その後の操作でも更新されることはありません。
新しいMaxLステートメント-'display system'ステートメントに、essbase.cfgファイルを使用してEssbase構成値セットを表示するための新しい構成文法が追加されました。
変更されたMaxL文法-alter systemステートメントの変更:'reconcile'キーワードによって、セキュリティ・ファイルと外部ディスクの間のアプリケーション情報とデータベース情報の不一致が表示されます。また、'reconcile force'キーワードによって、外部ディスクには存在しないがセキュリティ・ファイルにリストされているアプリケーションまたはデータベースがessbase.secセキュリティ・ファイルから削除されます。
新しいMDX関数
   DTS
   IsMatch
MDX問合せの実行管理-essbase.cfgのQRYGOVEXECBLK設定とQRYGOVEXECTIME設定で、実行時間の長いMDX問合せを制御することも可能になりました。


Oracle Essbase 11.1.2.0リリースのハイライト


  • EPMシステム・セキュリティの機能拡張-EssbaseがShared Services認証を行うように構成されている場合は、ユーザーがEssbaseセキュリティ・ファイルに保存されなくなります。このため、EssbaseとShared Servicesの間でセキュリティ同期を実行する必要がなくなりました。セキュリティ・フィルタは引き続きEssbaseセキュリティ・ファイルに保存されるので注意してください。
  • 集計ストレージ・データベースへの割当て-ASOキューブ内で割当てを実行できるようになりました。このために、新しいMaxLステートメント'execute allocation'が追加されています。
  • 集計ストレージ・データベースでのカスタム計算-ASOキューブでカスタム計算を実行できるようになりました。このために、新しいMaxLステートメント'execute allocation'が追加されています。
  • 計算時のブロックへの動的な書戻し-新しい関数@XWRITEを使用して、同じデータベースまたはリモート・データベースのブロックにデータを書き込むことができます。構文は@XREFとほぼ同じです。
  • 別名表の機能拡張-ブロック・ストレージ・データベースおよび集計ストレージ・データベース用に32個の別名表がサポートされます。
  • ユーザー、グループ、フィルタの名前の長さの拡大-ユーザー、グループ、フィルタの名前に256文字を使用できるようになりました。
  • ブロック・ストレージ・アウトラインからUnicodeモードの集計ストレージ・アウトラインへの変換-Unicodeの集計ストレージ・アウトラインへの変換がサポートされます。
  • IPv6のサポート-Microsoft Windows 2008およびすべてのUNIXプラットフォーム上でIPv6インターネット・プロトコルがサポートされます。
  • OCIのサポート-EAS Data Prepエディタで、ODBCに加えてOCIインタフェースを使用できるようになりました。Essbase Studioでは、OCIをローディング・インタフェースとして指定できるようになりました。
  • データ・ロード・エラーのデバッグの改善-デバックのためのデータ・ロード・エラー・メッセージが改善され、エラーの原因であるレコードがログ・ファイルに記録されるようになりました。
  • MDX問合せサイズの上限の引き上げ-問合せの上限である232を超えるMDX問合せがサポートされます。
  • おもな特殊文字を含むユーザー名-ESSLANG変数が参照するコード・ページで定義されているすべての文字をユーザー名で使用できます。たとえば、'$Hypadmin'などのユーザーを作成できるようになりました。
  • MaxL Shellによるエラー処理の改善-MaxL ShellのIfErrorコマンドで、構文エラー、ネストされたスクリプトのエラー、権限不足エラーを検出できます。MaxL ShellのExitコマンドは、ゼロ以外の引数を受け付けて、親シェルにexitステータスを返すことができます。
  • 計算スクリプトでの例外メッセージ-指定された論理条件で計算を即座に終了できます。新しい@RETURN関数を使用すれば、カスタマイズしたエラー・メッセージとエラー・レベルを使用して計算を終了できます。
  • OPMNを使用したEssbaseのフェイルオーバーのサポート-ライトバック機能を持つアクティブ-パッシブのフェイルオーバーを実行できるように、Essbaseサーバーのクラスタリングがサポートされます。アクティブ-パッシブのEssbaseフェイルオーバー・クラスタは、Oracle Process Manager and Notification Server(OPMN)のサービス・フェイルオーバー機能を使用します。
  • Java APIでのMaxLのサポート-Java APIで、MaxLステートメントの実行がサポートされます。
  • 可変属性を使用した計算-可変属性を使用するデータベースの計算を強化するために、新しい計算関数およびコマンドが追加されました。
    • @ISMBRWITHATTR
    • @ISATTRIBUTE
    • SET SCAPERSPECTIVE
  • 新しい計算関数
    • @BETWEEN
    • @EQUAL
    • @EXPAND
    • @ISATTRIBUTE
    • @ISMBRWITHATTR
    • @LIKE
    • @MBRCOMPARE
    • @MBRPARENT
    • @NOTEQUAL
    • @RETURN
    • @XWRITE
    • @WITHATTR(関数の引数で可変属性を指定できるように拡張)


Oracle Essbase 11.1.1リリースのハイライト

  • 単一環境でのOracle Essbaseキューブの作成と保守-Oracle Essbase Studioでは、データソースのモデル化、キューブ設計、および分析アプリケーションの構築に関連したタスクを、1つのインタフェースから実行できます。Oracle Essbase Studioを参照してください。
  • 新たなインストールと構成-Oracle EssbaseがEPMシステム・インストーラに統合されて、すべてのEPM製品のインストールを1つのツール内で効率的に実行できるようになりました。
  • ライフ・サイクル管理-Oracle Essbaseキューブ、アプリケーション、または個々のアーチファクトを、開発、テスト、本番の各環境間で、一貫した繰返し可能な方法で移動することができます。監査およびアプリケーションの比較もサポートされます。
  • 可変属性-1つ以上のディメンションに渡って変化する属性にデータを格納し、変化する属性に対してメジャーを計算することができます。
  • 型付きメジャー-Oracle Essbaseの分析機能が拡張されて、数値データだけでなく新たに2つのデータ型がサポートされるようになりました(テキスト・メジャーと日付メジャー)。アプリケーションでは、多次元レポートを作成する際にメジャーとしてテキストと日付を使用できます。Oracle Essbaseアプリケーションでは、テキスト・メジャーまたは日付メジャーに基づいた分析がサポートされます。
  • ブロック・ストレージ・オプション(BSO)データベースのバックアップとリストア-管理者は、より効率的にデータベースのバックアップとリストアを実行できます。
  • トランザクションのロギングと再生-データ・ロード、データ更新、計算(手続き型)スクリプトに関連したトランザクションを再生することで、バックアップされたデータベースを特定のバックアップ後の状態にリストアできます。
  • 集計ストレージ(ASO)データベースの特定領域からのデータ消去-特定の領域からデータを消去し、そのほかの領域にあるデータを保持します(履歴データなど)。
  • ブロック・ストレージ・オプション(BSO)アプリケーションの計算スクリプトと計算式での環境変数の使用-計算スクリプトやアウトライン・メンバー計算式で、ユーザー固有のシステム設定のプレースホルダとしてシステム環境変数を使用できます。
  • 新しい計算関数-このリリースで追加された計算関数は以下のとおりです。
    • @ILANCESTORS—指定されたメンバーと、そのメンバーのすべての祖先または指定された間隔までの祖先を返します。
    • @ILDESCENDANTS—指定されたメンバーと、そのメンバーのすべての子孫または指定された間隔までの子孫を返します。
    • @LANCESTORS—指定されたメンバーのすべての祖先、または指定された間隔までの祖先を返します。
    • @LDESCENDANTS—指定されたメンバーのすべての子孫、または指定された間隔までの子孫を返します。
    • @NEXTSIBLING—指定されたメンバーの次の兄弟関係(すぐ右の兄弟関係)を返します。
    • @PREVSIBLING—指定されたメンバーの前の兄弟関係(すぐ左の兄弟関係)を返します。
    • @SHIFTSIBLING—指定されたメンバー、または指定されたメンバーのn番目の兄弟関係を返します。
  • 透過的パーティションの問合せ中のグリッド拡張-透過的パーティションに対して問合せが実行された場合に強制的にグリッドを拡張します。
  • 透過的パーティション・ターゲットからのトランザクション応答時間のロギング-パフォーマンスを監視し、ユーザー・コミュニティとの品質保証契約を満たすために、トランザクション応答時間をロギングします。
  • 集計ストレージの透過的パーティション・ターゲットに対するグリッド・サイズの制限-ASOで、要求グリッドと応答グリッドの最大サイズを指定します。
  • パーティションのターゲット-ASOキューブを透過的パーティションまたは複製パーティションのターゲットにして、集計のパフォーマンスを高めることができます。
  • リレーショナル・データベースにデータをエクスポートするときのバッチ挿入-Oracle Essbaseからリレーショナル・データベースにデータをエクスポートする際に、直接INSERTがサポートされます。
  • 集計ストレージでのUnicodeのサポート
  • 問合せの取消し-Administration Servicesで、データ・ロード、MaxL、MDX、計算スクリプトなどのプロセスの実行を取り消します。
  • Smart Search管理機能の拡張-メタデータに索引を付けるためのレポート・スクリプトや計算スクリプトを選択する機能を含む、Google OneBoxおよびOracle Secure Enterprise Search(Oracle SES)の機能を詳細に構成できます。
  • MDXの機能拡張-MDXタイム・インテリジェンスおよびメンバーと階層の計算が強化されています。
  • XOLAP(リレーショナル・データベースでのOLAPの拡張)-Oracle EssbaseキューブをRDBMSから透過的かつ動的に取得することができます。ハイブリッドの集計方法を使用することで、Oracle Essbaseキューブの潜在的なサイズとスコープが大幅に拡大されます。Oracle EssbaseからRDBMSへのSQL問合せが減り、より簡素で効率的になるため、RDBMSを利用しやすくなります。
  • 並列SQLデータ・ロード-一時ロード・バッファによって最大8つのルール・ファイルがサポートされます。
  • Oracle EBS Financials 11iのソース統合とドリル・バック-Oracle EssbaseをHyperion Financial Data Quality Managementと併用する場合に、Oracle EBSへドリル・バックして預金残高を表示し、そこからさらにドリルできるようになりました。この機能により、顧客の財務データの信頼性が増します。
  • Oracle Fusion Middlewareとの統合の強化-Oracle Fusion Middlewareの主要コンポーネントが追加で導入されたため、総所有コストを最小限に抑えることができます。
    • セキュリティ:Oracle Access Manager、Oracle SSO、デスクトップKerberosのサポート、ネイティブ・プロバイダとしてのOIDとの統合
    • システム管理:システム・インストーラ、Oracleパッチ・インストーラ、ライフ・サイクル管理、Oracle Application Serverへのオート・デプロイとの統合
    • Oracle Data Integrator(ODI)のサポート

Oracle Essbaseリリース11.1の新機能


Oracle Essbase 9.3リリースのハイライト

  • 日付をファースト・クラス・オブジェクトとしてサポートします。
  • 時間ディメンション・ウィザードにより、Oracle Essbase ASOデータベース内で時間ディメンション階層の作成を自動化します。
  • 事前定義された5種類のカレンダー(グレゴリオ、製造、ISO 8601、会計、小売)を標準でサポートします。
  • 頻繁に使用される問合せに対して問合せヒントをサポートします。
  • MDXを最適化します。
    • 新しい関数による文字列処理の強化
    • タプル/クロス・ディメンションの参照を含む計算式の処理
    • セット内のタプルのランク付け
    • 日付階層の分析
  • サブセット・データの高速エクスポートをサポートします。
    • データ・スライス(動的な計算メンバーと集計を含む)を自動的に選択し、さまざまな形式でエクスポートできます(リレーショナル表への直接エクスポートを含む)。
    • この機能は計算スクリプトに対応します。
  • AIXおよびSun Solarisに対する64ビットのサポートが強化されています。
  • "参照キューブ"によって@XREFのパフォーマンスが向上します。
  • EXCLUDE/ENDEXCLUDE構成メンバーを使用して、計算スクリプトで計算しないメンバーを指定できます。
  • スクリプトでユーザー名とパスワードを暗号化する手段を提供するようにMaxLが機能拡張されています。

Hyperion Essbaseリリース9.3の新機能