ORACLE FUSION MIDDLEWARE - HIGH AVAILABILITY


組織やコミュニティでインターネットの活用が広がり、今日では全世界的なコラボレーションと情報共有が可能になりました。グローバル企業に限らず中小企業でも、24時間いつでもデータへのアクセスを必要とする顧客を世界中に抱えています。データ・アクセスができないことによって、収益と顧客を失う機会損失が生じ、罰則を受けるケースさえあるかもしれません。悪評が立ってしまうとそれを払拭するには時間がかかり、企業の評価を落としてしまいます。高可用性のITインフラを構築することは、流れの速い今日の経済下で成功するためには必要不可欠です。

高可用性のITインフラを設計する際には、停止時間中に考えられる全てのケースについて検証し、対処する必要があります。フォルト・トレラントでリジリエンスのあるITインフラを設計する際には、計画停止時間と計画外停止時間の両方を想定することが重要です。計画外停止時間は、コンピューター障害やデータ障害の主要な原因となります。計画停止時間は、データ変更やシステム変更によるもので、本番システムに適用される必要があります。


High Availability Collateral - Oracle WebLogic Server
 Oracle WebLogic Serverのバックアップおよびリカバリ・シナリオ: 10.3 ホワ イトペーパー (PDF)
 Enterprise Deployment Guide for Oracle SOA Suite 10.1.3.4 on Oracle WebLogic Server 9.2 (PDF)
 WebLogic Server and High Availability (flash)
 MAA (Maximum Availability Architecture) ベスト・プラクティスはこちら