Oracle ® JRockit Mission Control

Oracle logo

Oracle® JRockit Mission Control for Eclipseは、Oracle® JRockit JVM上で稼動するアプリケーションの開発、プロファイリング、および診断のサポートを目的としたEclipse IDEのプラグインのセットです。

JRockit Mission Controlには、Javaアプリケーションのメモリ・リークの監視、管理、プロファイリング、解消をおこなうツールがありますが、この種のツールに一 般的に見られるほどのパフォーマンス・オーバーヘッドはありません。 JRockit Mission Controlのパフォーマンス・オーバーヘッドが低いのは、JRockit JVMの標準的で適応性が高い動的最適化の一部として収集されるデータを使用しているためです。 JRockit Mission Control機能は必要なときにだけ、いつでも利用できますし、ツールの実行中にのみ、前述のわずかなパフォーマンス・オーバーヘッドが発生します。 このような特性があるため、JRockit Mission Controlツールは、本番環境で稼動するシステムにおける使用に非常に適しています。

現在、 バージョン4.0.0 が提供されています。 このバージョンでのみサポートされている重要な新機能が含まれています。詳しくは Release Notesを参照してください。

The update site for R27.x versions of JRockit can be found here.

おもな特長

  • JRockit JVMバージョンR28.x、JDKレベル5.0および6.0をサポートしています。
  • JRockit内部システムを活用し、最小限のオーバーヘッドでプロファイリングを実行します。
  • クラスおよびメソッドからのソースへのジャンプ・コードを提供するEclipse IDEと統合されています。
  • Eclipse 3.5が必須です。
  • すべての機能を動作させるには、EclipseをJRockit上で稼動させる必要があることに注意してください。 詳細については、 Run Eclipse on JRockit HOWTOを参照してください。

JRMC screenshot
拡大



What is new?
Version 4.0.0 が公開されました。いくつかの大きな新機能とbug fix情報があります。

Bullet New and Noteworthy
Bullet Release Notes

ダウンロードおよびインストール
JRockit Mission Controlは、開発のため無償で提供されています。 詳細については、 Oracle® JRockit Mission Controlホームページを参照するか、 こちら でJRockit Mission Controlパッケージをダウンロードしてください。

Bullet Use Update Site
Bullet Download for Offline Installation

Prerequisites
Oracle® JRockit Mission Control is a set of plug-ins for Eclipse 3.5.

Bullet Eclipse IDE

サポート
ニュースグループでは、JRockit Mission Controlの使用に関する質問を受けつけています。

Bullet Newsgroup

Copyright © 1999, 2010, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.
Oracleは米国Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の
登録商標です。 その他の名称はそれぞれの会社の商標です。
EclipseはEclipse Foundation, Inc.の登録商標です。