ダウンロード Unified Archives
Unified Archives

 

必ずOTN License Agreement for Oracle Solarisに同意のうえダウンロードしてください。
ライセンス同意する | ライセンス同意しない

Unified Archivesのダウンロード                                    

Unified Archivesは、Oracle Solarisの仮想環境と物理環境のアーカイブ要件を結合し、Oracle Solarisの仮想環境と物理環境の相互間での移動を可能にします。仮想環境には、Oracle Solaris Zones、Oracle VM for SPARC、Oracle VM for x86が含まれます。アーカイブを使用すると、バックアップを簡単に実行し、ディザスタ・リカバリに備えることができます。アーカイブは、作成元と同一のシステムとしてデプロイすることも、組織のOracle Solarisイメージの標準に合わせて作成した汎用クローンとしてデプロイすることも可能です。

Oracle Solaris 11.2 Unified Archive

Oracle Solaris 11.2 Unified Archiveは、Oracle Solaris 11.2のアーカイブであり、新しい"solaris-minimal-server"パッケージ・グループを実行しているシステムから作成されます。これはOracle Solarisの最小インストールであり、Oracle Solaris専用環境で実行されるアプリケーションに最適なプラットフォームです。

Download README
Download Oracle Solaris 11.2 Unified Archive(SPARC)(1.3GB) 
Download Oracle Solaris 11.2 Unified Archive(x86)(1.2GB) 

Oracle Solaris 11.2 OpenStack Unified Archive

このアーカイブには、単一システム内のOpenStackインスタンスが含まれます。最初の起動時に3つのOracle Solarisゾーンが作成され、約20のOpenStackサービスが有効になって最終構成に利用できるようになります。このアーカイブをインストールするには、Oracle Solaris 11.2の自動インストーラ・サービスが必要です。

Download README
Download Oracle Solaris 11.2 OpenStack Unified Archive(SPARC) (4.8 GB) 
Download Oracle Solaris 11.2 OpenStack Unified Archive(x86) (5.1 GB) 
Download Oracle Solaris 11.2 OpenStack USB boot image(SPARC) (8.6 GB) 
Download Oracle Solaris 11.2 OpenStack USB boot image(x86) (8.7 GB) 

テンプレートをダウンロードしたら、適切なMD5チェックサムと比較してダウンロードの整合性を検証します。

サポート情報

Oracle Solarisのサポート・プラン