Critical Patch Update - January 2012

オラクル社では四半期ごとに提供する「Critical Patch Updates」を基盤にした新しいセキュリティ・パッチ を提供しています。
「Critical Patch Updates」に関する一般的なFAQ

詳細につきましては、「説明とよくある質問・回答」をご参照ください。

影響を受けるサポート対象製品及びコンポーネント

本 Critical Patch Update で示されるセキュリティの脆弱性は、下記のカテゴリーに記載された製品へ影響を及ぼします。

■カテゴリー1:
ライフタイム・サポート・ポリシー(Oracle Lifetime Support policy)における Premier Support または Extended Support対象の製品とバージョン

  • Oracle Database 11g Release 2, versions 11.2.0.2, 11.2.0.3
  • Oracle Database 11g Release 1, version 11.1.0.7
  • Oracle Database 10g Release 2, versions 10.2.0.3, 10.2.0.4, 10.2.0.5
  • Oracle Database 10g Release 1, version 10.1.0.5
  • Oracle Fusion Middleware 11g Release 1, versions 11.1.1.3.0, 11.1.1.4.0, 11.1.1.5.0
  • Oracle Application Server 10g Release 3, version 10.1.3.5.0
  • Oracle Outside In Technology, versions 8.3.5, 8.3.7
  • Oracle WebLogic Server, versions 9.2.4, 10.0.2, 11gR1 (10.3.3, 10.3.4, 10.3.5)
  • Oracle E-Business Suite Release 12, versions 12.1.2, 12.1.3
  • Oracle E-Business Suite Release 11i, version 11.5.10.2
  • Oracle Transportation Management, versions 5.5, 6.0, 6.1, 6.2
  • Oracle PeopleSoft Enterprise CRM, version 8.9
  • Oracle PeopleSoft Enterprise HCM, versions 8.9, 9.0, 9.1
  • Oracle PeopleSoft Enterprise PeopleTools, version 8.52
  • Oracle JDEdwards, version 8.98
  • Oracle Sun Product Suite
  • Oracle VM VirtualBox, version 4.1
  • Oracle Virtual Desktop Infrastructure, version 3.2
  • Oracle MySQL Server, versions 5.0, 5.1, 5.5

対象プラットフォーム
全てのプラットフォーム

対応方法
各製品の影響に関しては、「説明とよくある質問・回答」の「Risk Matrix」をご参照下さい。
 
●対応パッチの適用
  本件は、弊社カスタマーサポートセンターより提供されている対応パッチによる問題の解決が可能です。
詳細につきましては、以下の「対応パッチの入手方法」をご参照ください。

対応パッチの入手方法
●日本オラクルとメンテナンスサポート契約のあるお客様
 
  ●日本オラクルとメンテナンスサポート契約をお持ちでないお客様
  パッチの提供はメンテナンスサポート契約のあるお客様に限らせていただいております。
メンテナンスサポート契約に関するお問い合わせは、ご購入先もしくは当社ディストリビューションセンターにお問い合わせいただきますようお願いいたします。

当社販売代理店
当社ディストリビューションセンタ

セキュリティ情報に戻る